人生を加速させたい。

人生に変化を求めている20代前半の社畜です。ニッチな記事を書いていければいいと思います。

【スポンサーリンク】

小説家になろう おすすめ作品紹介! クラスごと転移・集団転移編!

今回紹介する、小説家になろうのジャンルは「クラスごと異世界に転移しちゃった」系の作品になります。

このジャンルの特徴としては、登場人物が多い作品が多いことです。

意外と、クラスメイト全員で協力するストーリーとなっている作品は少ないですが、これは登場人物が多すぎると名前を覚えられないからだと思っています。(私のこと!)

 

 

異世界転移、地雷付き。

作者:いつきみずほ

あらすじ

 「やあ! 僕、邪神! でも、悪い邪神じゃないよ!」
不慮の事故で死んでしまった俺たちクラスメイトを転移させたのは、そんなことを言う邪神(仮)。
希望のスキルを作ってくれてサポートもバッチリ。これって邪神じゃ無いよな?
――そんな風に思った時もありました。
甘かった。安易にチートで無双とか考えたクラスメイトはたぶん、残念な結果が待っている。
だって、彼はチートなんて無いと最初に明言していたのだから。
自業自得なんだろうけどな。

俺? 俺は幼馴染みたちと、堅実にのんびり生きていきます。ゲームっぽい世界でも、ゲームじゃ無いんだからさ。

 異世界転移、地雷付き。

私なりの小説紹介:

修学旅行中に事故によってクラス丸ごと異世界転移に巻き込まれる話です。

邪神によって、ポイント制で種族やスキルの選択権を与えられた主人公とクラスメイト達は各々の希望するスキルや種族へとポイントを振り分けていきます。(ポイント量が人によって異なります。)

選べるスキルの中には「スキル強奪」や「取得経験値10倍」などのライトノベルでは定番のチートスキルもありますが、このスキル達実は… という地雷付きです。

異世界に転移してからは、結構な頻度でクラスメイトが死んだり、主人公たちの手で殺したりと数は減っていきます。

異世界は中世のヨーロッパな感じで、よくある剣と魔法のファンタジーって感じです。

そんな世界で、主人公たちは堅実に!をモットーに冒険者として活動していくストーリーになります。(主人公グループは少数行動です)

このジャンルで一番おすすめの作品になりますので、是非読んで見てください!

 

異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

作者:コーダ

あらすじ

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。
 呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者と呼ばれるはずだが、主人公ともう1人の少女にはギフトがなかった。なぜか周りの人の目も冷たく、兵士によって2人は追い出されてしまう。
 2人で王都を出て旅をする。行きがけの駄賃は兵士より奪ったスキルとステータス。

 この作品は異世界に召喚された主人公が、仲間(概ね配下)を集めながら、観光したり戦闘したりする物語です。

異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

私なりの小説紹介:

主人公はクラスごとどころか学校ごと異世界へと転移されてしまいます。

転移した際に女神から1人に1つギフトを与えられるはずが、主人公ともう一人の少女はギフトが与えられておらず、城から追放されてしまいます。

そのまま、二人は協力して国外を目指して冒険を始めていきます!

主人公はギフトはもらえませんでしたが、違う能力を持っているためチート能力もちです。

奴隷を買って戦力を増強しつつ、冒険を進めるストーリーになります。(話が続いていくと、それこそ軍隊みたいな数になっていきます…)

同時に召喚された同じ学校の生徒は基本的に敵として出現してきます!

ジェノサイド・リアリティー

作者:風来山

あらすじ

 F組の生徒、真城ワタルを含む一学年六クラス百六十名は、学校のワンフロアごと謎の地下迷宮へと転送された。
 初見殺しの罠が張り巡らされ、凶暴なモンスターにあふれたダンジョンは、古典的3DダンジョンRPG『ジェノサイド・リアリティー』に酷似していた。ワタルは、レトロゲームマニアであり、偶然にも『ジェノリア』の全てを熟知していた。
 難易度Sクラスのクソゲーも、ワタルにとっては何ら難しくない良ゲー。彼はこの皆殺し迷宮から脱出しようとするクラスメイトの集団から別れて、たった一人で地下の底へと降りていく。このデスゲームを楽しむために。

ジェノサイド・リアリティー

私なりの小説紹介:

この作品は、学年ごとゲームの世界に転移されるお話になっています。

主人公は転移させられたゲームについて深い知識を持っており、その知識を駆使してゲームの世界を楽しもうとします。

そのため、基本的に単独行動を好みますが、他の学生に対しても多少の気遣いはあるようです。

学生がゲームの世界に連れてこられているので、様々な事件が起こっていきます…

同じ学年の学生は良く死にますし、割とシリアスな作品になっています。

 クラス丸ごと異世界召喚~無人島から始まる異世界冒険譚~

作者:久遠

あらすじ

修学旅行の直前に、軍事利用目的でクラス丸ごと異世界へと召喚されてしまった小鳥遊 博雅(たかなし ひろまさ)。

しかし、召喚を実行した阿呆達の手違い(ミス?)によって無人島に召喚されてしまう。

しかし、そんな状況にも拘わらず、小鳥遊と同じように、祖父達から古流武術を叩き込まれた幼馴染み二人と共に、三人はこう宣う。


「「「大丈夫!慣れてるから!」」」


これは、そんな三人が、無理矢理召喚された異世界【ソフィア】の地にて大冒険……もとい大暴れすることになる、そんな物語である……多分。

注※クラス召喚成分が薄目の作品となっております。
お気をつけ下さい。

クラス丸ごと異世界召喚~無人島から始まる異世界冒険譚~

私なりの小説紹介:

クラスごと無人島に転移した主人公ですが、クラスメイト全員と協力して…ということではなく、幼馴染と少数のクラスメイトのメンバーでサバイバル生活を始めます。

主人公と幼馴染はリアルチートみたいな感じで最初から戦闘力高めです。

主人公達は無人島から脱出して、異世界を冒険する物語になります。

主人公達のリアルチート組が冷酷な面もあるので、少し取っ掛かりにくい部分もあります…

俺だけ帰れるクラス転移

作者:アネコユサギ

あらすじ

ある日、クラスメイト達と共に異世界に召喚された羽橋幸成。深い森の中にあった石碑に書かれていた彼の能力は物を移動させる『転移』。彼と同じく様々な能力に目覚めたクラスメイト達。そうして突然始まった異世界サバイバル。極限状態の中……彼は気付いた。自分だけが日本に帰れる事に。

俺だけ帰れるクラス転移

私なりの小説紹介:

小説家になろうでもトップクラスの知名度を誇る「盾の勇者の成り上がり」の作者でもある、アネコユサギさんの作品になります。

書く作品の特徴としてはシリアス成分強めなことです。

この作品は、盾の勇者の成り上がりほどシリアスではありませんが、1クラス異世界に転移させられているので、問題も多く、それなりにシリアスです。

序盤は特に人が死ぬシーンも多いです。(この作者の方が書く作品は死ぬキャラクターの情報を読者に植え付けるので、死ぬシーンは辛いものがあります…)

主人公は異世界と日本を行き来できることに気が付き、クラスメイトをフォローしていきます。

今回紹介する作品の中で、最も多人数のクラスメイトと協力していくストーリーになっています。

ありふれた職業で世界最強

作者:厨二好き/白米良

あらすじ

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればただの鍛治職だった。最弱の彼は、クラスメイトにより奈落の底に落とされる。必死に生き足掻き、気がつけば世界最強・・・というありがちストーリー。最強物を書きたくて書きました。テンプレを多分に含みます//本編完結しました

ありふれた職業で異世界最強

私なりの小説紹介:

作品名からして厨二感あふれる作品となっています。

クラスごと異世界へと転移してきた主人公は、異世界の一般人のような能力しか得ることができず、クラスメイトの手によってダンジョンの底まで突き落とされてしまいます。

そこから、死ぬ気で地上へと這い上がった主人公はチートな能力を得ていました!

という感じのストーリーになります。

基本的にクラスメイトと絡むことはありません。(たまに遭遇することはありますが。)

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございました。

【スポンサーリンク】