人生を加速させたい。

人生に変化を求めている20代前半の社畜です。ニッチな記事を書いていければいいと思います。

【スポンサーリンク】

小説家になろう 歴史・戦国ジャンルのオススメ8作品の紹介!

今回紹介するのは小説家になろうの歴史・戦国をテーマにした作品で、作品によっては史実から離れた作品もあります。

時代的には戦国時代が断トツで人気ですが、マイナーな武将に転生するという設定も多いです!

戦メインではなく、商売などをメインにした作品もあるので、興味がある作品があれば是非チェックしてみてください。

 

 

三日月が新たくなるまで俺の土地!~マイナー武将「新田政盛」に転生したので野望MAXで生きていきます~

作者:篠崎冬馬

あらすじ:

 時は戦国時代、本州最北端の戦国大名「南部」を支えた八戸氏には、分家に「新田氏」があった。新田といっても「にった」ではなく「にいだ」である。歴史シミュレーションゲームにも出てこないようなマイナー武将であるため、知らない人も多いだろう。

 青森県内でも有数の建設会社を一代で築き上げた男は、流行病によって命を落とし、気づいたら陸奥湾に面した「田名部館(現在のむつ市)」にて、新田氏の次男として生まれ変わっていた。

《知識はある。知恵もある。実現する方法も知っている。あとは己の意志のみ!》

 目指すは戦国の覇者、そして世界に冠たる「グレート・ジパング」の実現!
「飢え無い、震え無い、怯え無い」の「三無」を旗印に、男は野望を燃え上がらせる。

 これは、本州最北端の小さな国人衆に生まれ落ちた一人の男の、愛と野望のサクセス・ストーリーである。

三日月が新たくなるまで俺の土地!~マイナー武将「新田政盛」に転生したので野望MAXで生きていきます~

私なりの小説紹介:

この作品は小説家になろうの歴史ものの作品の中でも知名度の高い作品で、八戸氏の分家の「新田家」の次男として生まれた主人公が、マイナー武将から成り上がっていく作品です!

現代の知識を持っている主人公が小さな土地から歴史を大きく変えるような働きをしていきます!

内政、外交、戦と幅広い要素を含んでいる作品で、戦国時代に現代知識を持ち込んで無双を始めます!

史上とは全く違う結果になりますが、登場人物などは史実通りになっています。

 

修羅の国九州のブラック戦国大名一門にチート転生したけど、周りが詰み過ぎてて史実どおりに討ち死にすらできないかもしれない

作者:二日市とふろう

あらすじ:

修羅の国九州の戦国大名大友家の一門にチート転生しました。
けど待っていたのは、チートを吹き飛ばす国人衆達の地縁・血縁・怨念と離合集散の繰り返し。
周囲に毛利元就や鍋島直茂や島津一族や大友宗麟や長宗我部元親等のマジキチリアルチートばかりの上、三好長慶や織田信長等の時代の寵児にも目をつけられるから、どうも史実で討ち死にした場所まで行けそうもない。
それでも、惚れた女の為に仇が討てるのならばと七転八倒する、未来を知るがゆえにその先を諦めた男と、歴史の狂いで助かったのに過去に囚われたままの女が紡ぐ戦国流浪譚ここに開幕。

修羅の国九州のブラック戦国大名一門にチート転生したけど、周りが詰み過ぎてて史実どおりに討ち死にすらできないかもしれない

私なりの小説紹介:

主人公は大友家という一時は九州でも大きな勢力を誇っていた家の一門に転生しましたが、戦国時代の九州は群雄割拠のカオスな状態で、周囲を強敵に囲まれた状態で、チート転生をしても主人公は成り上がる事はできるのでしょうか・・?

史実では討ち死にする武将へと転生しているので、主人公が成り上がる事で歴史が大きく変わります。

こちらの作品も内政、外交、商売、戦と幅広い内容を含みます!

※中間セーブポイントといった感じで完結しています。

 

若武成伝 -武田に転生したと思ったら想像してたのと違う甲斐武田から枝分かれした安芸武田のさらに枝分かれの若狭武田だったので、滅亡しないように武をもって成り上がります-

作者:尾破内 鴉

あらすじ:

ある男が目を覚ますと稚児になっていた。
気が付くと戦国時代のある名家の嫡男に生まれ変わっていたのだ。

しかし、自分が想像していた名家と実際の名家が違う。
このままでは滅ぼされ、そのまま、死あるのみ。

少しでも自分の未来を良くしようと、ままならない現実と向き合いながらも奮闘する。

そんな若い少年が武を持って成り上がる伝記。
若武成伝。

若武成伝 -武田に転生したと思ったら想像してたのと違う甲斐武田から枝分かれした安芸武田のさらに枝分かれの若狭武田だったので、滅亡しないように武をもって成り上がります-

私なりの小説紹介:

この作品は今回紹介する作品の中でもあまりチート感のない作品で、政策を行うにあたって理由や効果に対してしっかり考えるパートがあるので、そのような作品が好きな方にはオススメです!

→知識チート感はありますが、理由も考えずに実施する事はありません!

主人公が万能なチートではないため、周囲の部下にもスポットライトがあたる良い作品です!!

硬派な歴史ものを読みたい方には特にオススメできる作品です!

 

首取り物語:北条・武田・上杉の草刈り場でザマァする。

作者:天のまにまに

あらすじ:

佐藤大輔テイストの戦国物を読みたい方にお勧めです。内政外交は全て戦場を書きたいがために書いています(それでいてほっこりします)。超限戦をしているので経済戦争もやっています。「ここまでやるか?」的な戦場以外での攪乱の後に戦場での激突となり首が飛びます。1人称は出てきません。ゆるキャラが苦手な方はお気を付けください。

貴方を泣かせます!
笑わせます!
吃驚させます!
頷かせます!
感動させます!

16世紀、上野国(群馬県)は南の北条、西の武田、北の上杉、3戦国大名の草刈り場であった。関東管領上杉憲政が逃げ出した後、国衆・豪族たちはあっちへ寝返りこっちに帰参してまた返り忠・・・
休む間もなく入れ替わる勢力の中で必死に生き抜いていた。
こんな中、厩橋城(前橋市)に一人の赤子が生まれる。なんか変な赤子である。やたら賢く、文字計算、交易で金儲け、技術革新に軍備増強。あれ?これ転生者?なんだかわからないが厩橋のお隣、大胡の国衆の跡取りに収まってしまった。とにかくこの草刈り場で生き残るためには、敵を倒すか日和るか。でもどうやらこの転生者(仮)はなにか重大な秘密を持っているため、日和れないらしい。
「ということで。斬首作戦だよね~♪」と、剽軽な態度で戦場を駆ける。明るい笑顔が今日も行く~♪そしてその渦がどんどん広がり・・・。なんだか歴史も改ざんしてしまっているらしい。別の世界線まで作り出してしまった転生者(仮)の物語です。
中身結構ハードな戦略戦術内政中心の物語ですが、あまりにも主人公がお茶らけているので甘々になっており多分すらすら読めます。ラノベ戦国作品の戦場の描写に物足りなさを感じていらっしゃる方にお勧めです(と思う…。かなりパロディ・オマージュが入っています。「あの作品が出ているかな?」と思われる方は覗いてみてください♪アニメ・ミリタリー・ゲーム系のネタ満載です。

首取り物語:北条・武田・上杉の草刈り場でザマァする。

私なりの小説紹介:

武田家・北条家・上杉家という大勢力に囲まれた上野国に生まれた転生者(仮)の主人公による、成り上がり作品ですが、やっている容赦のない行いに対して主人公の言動が軽いのが特徴です!

他の戦メインの歴史ジャンルの作品とは異なるコミカルな感じでハードな内容という変わった作品です!

THE・歴史ジャンルという作品を読みたい方には向きませんが、変わった作品も読んでみたいという方には是非チェックしてみていただきたい作品です!

 

淡海乃海 水面が揺れる時

作者:イスラーフィール

あらすじ:

戦国時代、近江の国人領主家に男子が生まれた。名前は竹若丸。そして二歳で父を失う。その時から竹若丸の戦国サバイバルが始まった。竹若丸は生き残れるのか? 家を大きく出来るのか?

淡海乃海 水面が揺れる時

私なりの小説紹介:

近江の国人領主の息子に転生した主人公による作品で、家をつぶさないように大きくすることができるのか!? リアル感のある歴史好きな方にもオススメできる作品です!!

幼児の頃から活躍するという歴史ジャンルにしては少し珍しい作品です。

主人公の性格は結構冷徹で、容赦せずに人を殺します。

最近、更新が途切れているのだけが残念ですが、素晴らしい作品です!

 

小物武将、木村吉清 豊臣の天下で成り上がる!

作者:田島はる

あらすじ:

【奥州動乱編】
木村吉清に転生した主人公。小田原征伐ののち、彼に与えられた領地は旧葛西大崎領だった。のちに葛西大崎一揆により改易されることを知り、吉清は一揆回避のために奔走することとなる。

【豊家斜陽編】
「明へ攻め込むぞ」そんな秀吉の号令から端を発した文禄の役。吉清に与えられた役割は、高山国(台湾)への派兵だった。瞬く間に沿岸部を制圧すると、現地の倭寇を従え、明の沿岸部で経済活動(略奪)を始めるのだった。世はまさに、大海賊時代!!

小物武将、木村吉清 豊臣の天下で成り上がる!

私なりの小説紹介:

マイナーな武将へと転生した主人公ですが、30万石もの領地を持つ大名へとなり、有能な配下を増やしたりと与えられた領地を発展させるために奔走します。

領地運営的な要素もあるので、領地運営ものが好きな方にもオススメです!

物語の中で主人公は人間的にも大名としても成長していくので、徐々に成長する姿を見ることができます!

主人公の魅力的な性格も作品のオススメできるポイントの1つです!

 

銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。

作者:Y.A

あらすじ:

 人類が宇宙に進出してから数千年、零細運輸会社足利運輸の社長足利光輝は、元軍人で姉さん女房の今日子と弟の清輝、可愛げのないアンドロイド、キヨマロと共に、購入した宇宙船カナガワのローンを返済すべく奮闘していた。
 ところが、突然仕事中にカナガワごと異次元宙流に巻き込まれてしまう。
 飛ばされた先は過去の日本であったが、それは光輝達の知る歴史とは微妙に違っていた。
 誰よりも自分達が可愛い三人は、歴史が変わってしまう事も恐れずにこの世界で自由に生きていこうと決意するのであった。

銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。

私なりの小説紹介:

宇宙船がある時代から戦国時代の日本へと降り立ってしまった主人公達ですが、自分達の活動によって歴史が変わってしまう事にも気にせずに自由に行動します!

主人公はチートでオーバーテクノロジーで、知識や技術を使った内政パートもあります。 内政チートな作品となっています。

歴史上の人物が登場しますが、史実とは異なる結果になる事も多いです。

歴史ジャンルの作品としては珍しいくらいにチートな主人公による作品です!!

 

北政所様の御化粧係〜戦国の世だって、美容オタクは趣味に生きたいのです〜

作者:笹倉のり

あらすじ:

乱世の功名が辻を駆け抜け、土佐一国二十万石の大名となった山内一豊とその妻・千代。
彼らの一人娘である与祢姫の中身と入れ替わったのは、二十一世紀を生きていたアラサー美容オタク女子(化粧品メーカー勤務・研究職)の"私"だった。
転生先は戦国最高SSSランクの約束された勝ち組大名の愛娘。
なんて幸運なんだろう。親のお金とコネで薔薇色の人生ハイパーイージーモード確定じゃん!
死ぬまで好きなことをして生きられるなんて最高すぎでしょ!?
ってことで、心置きなく趣味の美容に全力投球すると決めた"私"。
だが、悲しいことに今は戦国時代。
扱いなれた令和の時代のファンデーションもアイシャドウも、化粧水すらもない。
……まあいいや、無いなら作ればいいじゃない。
この頭の中には知識がある、親の財布とコネもある。ただで転ぶと思うなよ?
大丈夫、戦国時代だって美しくあるためできることはたくさんあるんだから!

きっとできないことはないと信じて、"私"がなりふりかまわず好き勝手した結果───

 

天下人豊臣秀吉の妻、北政所様の御化粧係に就職が決定しました。


やったね与祢ちゃん! 戦国最高クラスの極太のコネ、ゲットだぜ!


これはうっかり歴史の流れを変えちゃったり。
恋に一喜一憂しながら仕事に奔走したり。
とんでもねえ地雷女に絡まれまくったり。
戦国屈指の大イベント関ヶ原の攻略に挑んだり。
そんな感じで戦国の世の最末期を駆け抜ける、転生アラサー美容オタク系女子のお話。

北政所様の御化粧係〜戦国の世だって、美容オタクは趣味に生きたいのです〜

私なりの小説紹介:

この作品は歴史ジャンルの作品の中では珍しく、戦や内政がメインではない作品です!

美容オタクなOLだった主人公は、山内一豊の娘として生まれた所から物語が始まり、戦国時代でも美容を再現しようと奮闘していると… 豊臣秀吉の妻である北政所様の化粧役へと抜擢されます!!

歴史ジャンルの作品としては珍しいほのぼのとした作品で、恋愛要素もあります!

美容要素という小説家になろうでも珍しい作品ですので、美容が好きな方には特に読んでいただきたい作品です!!

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

小説家になろう エルフが登場するオススメ8作品の紹介!

今回紹介するのはエルフが登場するオススメの作品で、主人公がエルフの作品を中心に集めています。(1部エルフ以外が主人公で、周囲がエルフという作品もあります。)

エルフは優れた魔法・弓の使い手だというイメージが強いですが、錬金術・薬術がメインの作品もあります!

気になった作品があれば是非チェックしてみてください。

 

 

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きました

作者:らる鳥

あらすじ

 人間から架空の存在だと思っていたハイエルフに転生して百五十年
 物心付くのに三十年掛かり、ここが異世界だと理解して、それから百二十年の果実を齧ってはのんびりするだけの生活にも流石に飽きたエイサーは、遂に外の世界に旅立つ事を決意した
 一千年以上と言う寿命を持て余す、ハイエルフとしてはせっかちで、人間としてはのんびり過ぎる、曖昧な存在の物語

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きました

私なりの小説紹介:

ハイエルフに転生して150年が経過した主人公ですが、120年過ごしたスローライフにも飽きましたが、ハイエルフの寿命は1,000年以上・・・

産まれてから150年で初めて外の世界へと旅立つ事を決めた主人公の物語で、ひょうひょうとした性格で、コミュ障という訳でもないので読みやすいと思います。

※主人公はハイエルフという存在で、エルフ達からはあがめられています。

 

雑草転生 ~エルフの里で大切に育てられてます~

作者:天然水珈琲

あらすじ:

 気がつくと森の中で雑草になっていた。だけれどなぜか思考はできるし自我もある。おまけに変な知識もある。ゲームみたいなステータス画面とかレベルとかに違和感を覚えつつも、とりあえず生きるしかない。
 元は人間だった気がしなくもないが、その記憶はあまりない。
 それはさておき光が美味い。光合成気持ちイイーなどと思っていたら、植物の声が聞こえるハイエルフの少女と出会う。
 会話できるって素晴らしい。とりあえず果物とかあげたりしつつ、少女に引っこ抜かれてエルフの里へ。
 大事に大事に育てられつつも、うん? 何だかキナ臭い気配。
 どうやらエルフは迫害され、追放された種族らしい。
 だけど見た目は良いから奴隷として狙う不届きな奴等もいる。
 すでに家族のようにエルフと暮らしていた雑草は、皆を守るために奮闘する。進化する。
 これはエルフを守護する心優しき雑草、あるいはいつか至る「世界樹」のお話。

雑草転生 ~エルフの里で大切に育てられてます~

私なりの小説紹介:

雑草に転生した主人公ですが、植物と会話する事ができるハイエルフの少女に引っこ抜かれて、エルフの里につれていかれます。

エルフの里では丁重に世話をされ、家族のようにほのぼのと暮らしていきますが、実はエルフは迫害されていた種族で・・・?

※今回紹介する作品の中では最もシリアスな要素が多い作品です。

 

三大陸英雄記~現代知識による帝国再建記~

作者:桜木桜

あらすじ:

 日本という国で生まれ、育ち、死んだという前世を持っていた少年エルキュールが生まれたのは……衰退の一途を辿る帝国の皇室であった。
 この帝国、かつては超大国として世界に君臨していたが……今では財政が破綻し、軍事力の低下によって蛮族に領土を荒らされ、挙句毎年のように貢納金を周辺国から絞られるという、国としてはオワコン状態になっていた。

 しかもまともな後継者がエルキュール少年しかいない!

 「えー、逃げ出しちゃだめ?」
 「ダメです」

 斯くして十二歳という若さで即位したエルキュール少年。
 エルキュール少年は前世の知識を生かして、税制改革を行い、産業を興し、財政を立て直し、行政を再整備し、軍制を改革して……帝国の立て直しに奔走することになる、

 これは後にレムリア帝国中興の祖、三大陸の覇者『聖光帝』エルキュール一世として歴史に名を残す、若き皇帝の物語。
 
 というコンセプトの内政、戦記モノです。
 農業器具の開発やボーンチャイナの開発など、テンプレ的な内政も行いますが……
 どちらかというと、税制改革や軍制改革などが主になります。

 主人公はマキャヴェリズム的君主なので、少々癖がありますが、好きな人は好きになれると思います。

 ちなみに、一応モデルはビザンツ帝国です。
 ですので西欧、東欧、中東、北アフリカ(っぽいところ)辺りを主な舞台とします

三大陸英雄記~現代知識による帝国再建記~

私なりの小説紹介:

衰退していく帝国の皇帝として即位した主人公(日本での前世の記憶持ち)は、昔の超大国としての面影もなくなった帝国を内政・戦争で立て直し、後に名君として称えられるようになる主人公の物語です!

主人公が日本での前世を持っているので、現代知識による内政が多く出てきます。

戦争・戦闘のシーンも多く、戦記物が好きな方にもオススメできる作品です!

※都会に住んでいるのでエルフ感は少ないですが、主人公はエルフです。

 

エノク第二部隊の遠征ごはん

作者:江本マシメサ

あらすじ:

遠征部隊に配属となった衛生兵のメルは、支給される保存食の不味さに悶絶する。
パンは酸っぱく石の如く。干し肉は無味無臭で噛み切れない。
生命の危機を覚えた衛生兵は、一人立ち上がる。
これは、エルフの少女メルが、森暮らしの知識と経験を生かし、遠征先で美味しい食事を食べようと奮闘する物語である。

エノク第二部隊の遠征ごはん

私なりの小説紹介:

森の中で暮らしていた主人公は妹達の結婚資金を貯めるために、エルフとしては珍しく森から出て騎士団へと所属します。

主人公が所属した騎士団は遠征部隊ですが、魔法・弓も使えない主人公が森暮らしでの知識や料理の腕で騎士団へと貢献していきます。

可愛い主人公と個性的な遠征部隊員たちのほのぼのとした料理メインの作品で、読みやすいです!

 

特級ギルドへようこそ!〜看板娘の愛されエルフはみんなの心を和ませる〜

作者:阿井りいあ

あらすじ:

私はだあれ? ここはどこ?

気付いたら見知らぬ岩山にいた私。現代日本で社畜してたのにどういうことか身体も小さくなっていた。中身アラサー外見幼女ってどーいうこと!?
え、しかも……人間ですらない!?

混乱して彷徨った挙句、気を失った私を拾ってくれた全身黒い不審者なイケメンに連れられて、なんやかんやでギルドに置いてもらうことに。
特級ギルド? 等級があるの? というかギルドってそもそも何?

わからないことだらけだけど、せっかく好意で置いてもらうんだから少しずつ勉強してちゃんと働けるようになろう!
愉快で個性的でアクの強い仲間たちに囲まれて、今日も私はキリキリ働く!
……あわよくば私がこうなった原因なんかも探れたらいいな、なんて。

染み付いた社畜精神に幼い身体がついていけないのはご愛嬌。
エルフ幼女メグ、頑張ります!

特級ギルドへようこそ!〜看板娘の愛されエルフはみんなの心を和ませる〜

私なりの小説紹介:

日本で社畜をしていた主人公は、異世界の幼女エルフとして転移し、個性的なメンバーが所属するギルドで看板娘として働きます!

ギルドメンバーとのほのぼのとした描写がメインの作品で、読みやすい作品となっています。

主人公が異世界へと転移した原因も片手間?に探っていきます。

 

追放された治癒師、神となる~足手まといだとパーティから外された回復魔法の使い手。エルフを助けたら神様扱いされて、ハーレムができました~

作者:いえかれい

あらすじ:

「おまえ、クビな」

有力冒険者パーティの一員である、自称治癒師のキリヤは、ある日突然パーティから捨てられる。

一人になった彼は、ギルドの依頼を受けて貧しい村の怪我人を治療しに行く。
そこには、おとぎ話の存在である、幻のエルフがいた。
エルフを治療したのをきっかけに、彼の持つ力が特別なものであると判明する。

「おれが、神子ぉ?」

神の力を継ぐ者らしい彼は、絶滅寸前であるエルフの救世主として助けを求められる。

その方法は――ハーレムだった!

主人公は、人間で唯一、エルフと子を作れる存在として、里に住むエルフたちを攻略していく。
さらに人間の街でも活躍し、いつしか神として崇められるようになっていく。
一方で、主人公が抜けたパーティは、彼の力で活躍できた事実を思い知り、どんどん落ちぶれていく。

主人公はエルフの人口問題を解決するために奮闘し、街の問題も解決していく。
人間もエルフも、まとめてハッピーだ!

追放された治癒師、神となる~足手まといだとパーティから外された回復魔法の使い手。エルフを助けたら神様扱いされて、ハーレムができました~

私なりの小説紹介:

聖職者ではないのに、治癒魔法が仕える変わった主人公が幻と言われるエルフを救った事をきっかけに自らの力を知ります。

神の力を継ぐ者である主人公は、絶滅の危険に陥っているエルフ達の救世主として助けを求められ、エルフを助けていくうちに神様のようにあがめられる存在へとなっていき、ハーレムを築いていきます。

※主人公を追放した冒険者パーティーのざまぁ描写もあります。

 

ポーション工場へと左遷された俺、スパイに拉致され砂漠エルフのお抱え錬金術師となる ~お前が消えたせいで工場が破綻寸前と言われても、大事業と美人姉妹が離してくれません~

作者:ふつうのにーちゃん

あらすじ:

宮廷魔術師のユリウスは、平然と転移魔法を連発する天才中の天才だった。
しかし戦争で濡れ衣を着せられて以来、現在はポーション工場の仕込みを手伝わされている。

そんな彼を、とあるエルフの姉妹が拉致したことで物語が動き出す。

「ククク……残念だったな、俺は錬金術師じゃない。ただの超エリート魔術師だ!」
「別に間違えてない……。これで、あの国のポーションは、ジ・エンド……」

彼女たちは言う。この国のポーションはユリウスあっての品質で、それを失った今や終わり。ユリウスこそが最も優れた錬金術師。だから拉致した。
どうかお願い、私たちを助けて、と。

かくして、砂漠の国シャンバラでの新生活が始まった。
エルフの長が嫁をくれると言うので、断り文句で選んだはずの、姉妹たちと共に。

仕込みの経験しかないというのに、ユリウスが作ったポーションはなんと試作早々に、完全回復薬エリクサーとなった。
その一方で母国では、ポーションが急激に劣化し、彼を冷遇した者たちにピンチが訪れようとしていた。

国への忠誠心は尽き果てた。オアシスと嫁が眩しくて、帰る気なんてもう起きない。

ポーション工場へと左遷された俺、スパイに拉致され砂漠エルフのお抱え錬金術師となる ~お前が消えたせいで工場が破綻寸前と言われても、大事業と美人姉妹が離してくれません~

私なりの小説紹介:

天才的な魔術師であった主人公ですが、冤罪をかけられてポーション工場での仕込みの仕事をさせられていました。 そんな不遇な状態にあった主人公ですが、エルフ姉妹に拉致された事によって物語が始まります。

王国の高品質のポーションが主人公によって作られた事を知ったエルフ姉妹に拉致された主人公は、自らを陥れた王国を見捨て、エルフ姉妹に付いていって砂漠エルフの国家へと移住してポーション作りを始めます。

本来は魔術師の主人公ですが、天才的な才能を使って、移住してそうそうにエリクサーを作ってしまいます!

一方で、主人公がいなくなった王国ではポーションの質がガタ落ちして・・・

 

万能生産スキルを駆使して国に尽くしてきた宮廷薬法師、財政赤字の責任を押し付けられてまさかのクビに!?~今更戻ってこいと言われてももう遅いです。俺はエルフの国でスローライフを満喫しますんで~

作者:Kei.ThaWest

あらすじ:

ヤンク王国宮廷薬法師グレン・レオンハート。
彼は日夜、国家の為、民の為、最前線で戦う兵士の為に新薬開発に勤しんでいた。
しかし旧態然とした閥族政治が蔓延る宮廷内において貧民出の彼は疎んじられ、財政赤字の責任を押し付けられる形で解任されてしまう。

嘆いていても仕方ない。これからは適当に薬を売り歩いて生計を立てるとしようかな。
グレンは巨乳の幼馴染や巨乳のエルフ、巨乳の白魔導師らと共に自由気ままな旅を繰り広げる。
怪しげな薬を駆使して次々と事件を解決するグレンの名声は日に日に高まってゆく。

一方、グレンを追放したヤンク王国は見る見るうちに荒廃し、没落してゆくことになるのだった。

「今更戻ってこいと言われてももう遅い。俺はエルフの国でスローライフを満喫しますんで!」

万能生産スキルを駆使して国に尽くしてきた宮廷薬法師、財政赤字の責任を押し付けられてまさかのクビに!?~今更戻ってこいと言われてももう遅いです。俺はエルフの国でスローライフを満喫しますんで~

私なりの小説紹介:

王国の宮廷薬法師として働いて主人公ですが、貧民の出だった主人公に対する当たりは強く、財政赤字の責任を押し付けられてクビになってしまいます。

クビになった主人公ですが、薬を作る能力は高いので、薬を売りながらゆっくりと旅をしながら生活していくうちに、仲間がどんどんと増えていき、旅の途中で薬を使って問題を解決する主人公の名声は高まっていきます。

主人公をクビにした王国は段々と衰退していき、主人公を連れ戻そうとしますが、エルフの国でスローライフをおくっていた主人公は取り合わず・・

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

小説家になろう 勇者が登場するオススメ7作品の紹介!

今回紹介する作品は勇者が登場するオススメ作品を紹介しています!(勇者が主人公の作品をメインに紹介しています。)

※紹介している作品のうち2作品は勇者ではない主人公が登場する作品を紹介していますが、勇者の近くで活動するので勇者成分高めな作品です。

勇者が主人公という作品は意外と少ないですが、世界によって勇者の扱いや使命も異なるので作品ごとの違いも楽しめると思います

 

 

盾の勇者の成り上がり

作者:アネコユサギ

あらすじ:

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタイトルに★と付いている話には挿絵が入っています。苦手な方はご注意ください。

盾の勇者の成り上がり

私なりの小説紹介:

アニメ化もされている勇者が主人公の中でも知名度の高い作品ですが、ダークでシリアスな内容になっているので読み人をかなり選ぶ作品だと思います。(序盤に特にダーク要素が多いですが、序盤移行もちょいちょいあります。)

不遇な盾の勇者に転生した主人公ですが、転生して数日で仲間に裏切られた事によって仲間と信用を失い、他人を信用できなくなった奴隷の少女と共に旅を始めます。

他の勇者からも著しく軽視されていますが、物語が進むにつれて自身が成長し、仲間が増えて勇者達を見返して成り上がっていきます!

※文字数が400万文字以上がある作品で、読み応えは抜群です!

 

灰色の勇者は人外道を歩み続ける

作者:六羽海千悠

あらすじ:

灰色の勇者として異世界に勇者召喚された日本人、灰羽秋。
だが彼は召喚された12人の勇者たちのなかで唯一1人だけ、スキルの選択に時間をかけすぎてしまい別の大陸へ誤転移してしまった。
誤って飛ばされた大陸は、最悪なことに魔王や勇者すらも近づかないといわれる『終焉の大陸』という名の人外魔境の地だった。

全く雑魚とは思えない屈強なゴブリンの集団。

めまぐるしく変わる生きるに相応しくない環境。

周りを取り巻く異常に高LVな魔物達。

今まで争いのない日本で生きて来た彼が生きるには、厳しすぎるその大陸で秋はスキルや能力を頼りながら、『終焉の大陸』に染まるかのように人外への道を歩みだす。


月日が経ち、最強となって終焉の大陸を出た灰羽秋の歩む道とは……。

灰色の勇者は人外道を歩み続ける

私なりの小説初回:

召喚された12人の勇者ですが、スキル選択に時間をかけた事が原因で、主人公だけは終焉の大陸という過酷な地へと転移させられてしまいます。

終焉の大陸という高レベルの魔物が当たり前のように存在する過酷な環境で生活していた主人公は最強になっていきます!(大陸から出るまでは時間がかかります。)

※主人公以外の他の勇者視点も多いのが特徴です。

 

転生悪魔の最強勇者育成計画~拾った赤子があまりにも立派に育ちおとうさん困惑してます~

作者:たまごかけキャンディー

あらすじ:

地獄の下級悪魔に転生し二千年、元は日本人だった記憶を持つ男はスローライフを満喫していた。

しかし突如として天界と地獄界の戦争が勃発。
神が悪魔王に向けて放った力の余波に巻き込まれた彼は、次元の彼方へと吹き飛ばされてしまった。

そして次元を彷徨い異世界へと辿り着いた哀れな下級悪魔は、現地で人間の子供を拾う。

「暇だし育てよう」

元は人間だった頃の懐かしさから、気まぐれで人間の子供を育てることにした下級悪魔は勘違いしていた。
実はこの子供、世界を救う伝説の勇者だったのです。

転生悪魔の最強勇者育成計画~拾った赤子があまりにも立派に育ちおとうさん困惑してます~

私なりの小説紹介:

日本人としての記憶を持つ下級悪魔は2,000年もの間、スローライフを満喫していましたが、大戦争の余波で異世界へとたどり着いた主人公が拾ったのは人間の子供で・・

拾った子供は実は勇者へとなる存在で、悪魔が勇者の子供を育てるという変わった作品です!

※拾った勇者も強いですが、主人公自体も下級悪魔ながらも最強クラスです!

 

落ちこぼれだった兄が実は最強〜史上最強の勇者は転生し、学園で無自覚に無双する〜

作者:茨木野

あらすじ:

史上最強の勇者である俺・ユージーン。
魔王を討伐した後、気づけば俺は貴族の息子・ユリウスとして転生していた。

どうやらこの世界の俺は、魔力ゼロの忌み子として、家から見捨てられていたらしい。

優秀な双子の弟と比べられ、わがまま王女な婚約者を寝取られ、学校や屋敷の人たちからは無能とさげすまれる。散々な日々を送っていたみたいだ。

しかし別人に転生した俺は、それらを全く気にせず、2度目の人生を気ままに過ごすことを決意する。

このときの俺は知らなかった。
ここが勇者のいた時代から2000年後の未来であること。
平和な世界では、魔法も剣術も、すさまじくレベルが低下していたことに。

勇者としての最高の剣術、魔法、回復術、体術を引き継いだ状態で転生した俺は、衰退した未来の世界で、自覚なく最強の力を振る。

周囲の悪評と常識をことごとく覆し、恋人や家族、そして俺を馬鹿にしていた弟からは嫉妬される。
けれどそんなこと全く気にせず、俺は今日も自由をただ謳歌するのだった。

落ちこぼれだった兄が実は最強〜史上最強の勇者は転生し、学園で無自覚に無双する〜

私なりの小説紹介:

魔王を討伐した後に貴族の息子へと転生した主人公ですが、魔力がないという事で家族からも見放されていましたが、主人公が転生した事によって扱いは一変します!

クズな弟や無能と蔑む周囲の人間を見返していき、様々な技術が衰退した2,000年後の世界で無双します!(主人公は転生時に勇者の能力を引き継いでいます。)

※婚約者だった王女へのざまぁ描写もあります。

 

最終兵器勇者~異世界で魔王を倒した後も大人しくしていたのに、いきなり処刑されそうになったので反逆します。国を捨ててスローライフの旅に出たのですが、なんか成り行きで新世界の魔王になりそうです~

作者:国広 仙戯

あらすじ:

かつて魔王を倒した勇者のアルサルは、戦技指南役として王国に仕え、平穏な日々を暮らしていたが――
「貴様、反逆を企てておるな?」「は?」
身に覚えのない罪を着せられた挙げ句「この役立たずめ! 貴様を処断する! 死をもって罪をあがなうといい!」と死刑にされそうになりました。
もちろん嫌なので普通に反逆します。
仲間も含めて【たった四人】で【何百万もの魔王軍】を蹴散らした勇者に、ただの人間がどれだけ束になっても勝てるわけないでしょ? と赤子の手をひねるよりも簡単に勝利。
とはいえ、十年間も仕えていたのに理不尽なことを言われて腹が立ったので、退職します。
え? 国外追放? や、別にいいですけど。
あ、じゃあ企業都合の解雇ということで、退職金は4倍にしてもらいますね。
え? 嫌? はははは、ふざけんなブッ殺すぞ?(威圧オーラ)
というわけで退職金をたんまり、ついでに宝物庫の金品をたくさんいただいて国を出ることにしました。
さて、暇になったことだし、昔一緒に世界を救った仲間達の顔でも見に行こうかな?
というわけで、スローライフの旅、始めます。

それにしても俺を追い出したバカ王子のやつ、
「この恩知らずめ! 貴様など国外追放だ! 周辺諸国にも根回ししてやるぞ! もはや貴様はどこの国にも安住できない!」
とか言っていたけど、他国では俺が『最終兵器』扱いで、【俺がにらみを利かせてるから攻めてこなかった】ってことわかってんのかな?
いや、わかってないんだろうなぁ、馬鹿だなぁ。
まぁ、俺がいなくなった後に周辺諸国からよってたかって攻められて、王国が滅んでも知ったことじゃないしな。
後になって「戻ってきてくれ」とか言われても、もう知らんし。

最終兵器勇者~異世界で魔王を倒した後も大人しくしていたのに、いきなり処刑されそうになったので反逆します。国を捨ててスローライフの旅に出たのですが、なんか成り行きで新世界の魔王になりそうです~

私なりの小説紹介:

魔王の討伐に成功した主人公ですが、国へ反旗を翻すという冤罪をかけられた挙句処刑されそうになったので、国の軍を蹴散らします。

その後は国外追放の上に解雇された事で、退職金代わりに宝物庫の宝を持ちだして、スローライフの気ままな旅を始めます。

主人公を追放した王国が主人公の武力によって守られていた事に気が付く頃には既に遅く・・・

 

転生勇者の気まま旅 ~伝説の最強勇者は第二の人生でさらに強くなるようです~

作者:九頭七尾

あらすじ:

 地方貴族の家で妾腹の子として生まれた少年・リオン。
 嫡母や兄から蔑まれ、不遇な日々を送っていた彼は、あるとき自分の前世が伝説の勇者であったことを思い出す。
 実家をとっとと飛び出した彼は、前世のようなストイックな勇者人生を嫌い、今度は自由気ままに生きようとする。さらに「魔王もいないし、別にこれ以上は強くなる必要がない」と考えた彼は【調教士】【料理人】【遊び人】という三つの非戦闘系のジョブを取得するのだが――
 ――気づけば強力な仲間や魔物を従え、自身も前世よりさらに強くなっていて……!?

転生勇者の気まま旅 ~伝説の最強勇者は第二の人生でさらに強くなるようです~

私なりの小説紹介:

地方貴族の妾から生まれた主人公は、他の家族に蔑まれて過ごしていましたが、前世が勇者であった事を思い出しました。

実家を飛び出した主人公は過度な戦闘力を求めずに非戦闘職3つを取得してスローライフを過ごそうとしますが、気が付くと前世の勇者よりも強くなってしまい・・?

 

どうも、勇者の父です。この度は愚息がご迷惑を掛けて、申し訳ありません。 〜幼馴染みの許嫁を捨て、そこらで好き放題やってる息子をぶん殴るために旅に出ます。今更謝ってももう遅い〜

作者:赤金武蔵

あらすじ:

 ──村から勇者が生まれた──

 クロアの息子、アルカが十五歳の頃にそんな神託を受けた。
 神託のまま、クロアはアルカを勇者として王国騎士団に預けることに。
 アルカの世話係には、幼馴染みで許嫁のサーヤがついて行くことになった。

 それから僅か三年。ぼろぼろにやつれたサーヤだけが戻ってきた。

 話を聞くに。
 勇者としての権威をチラつかせて色んな女をつまみ食いし。
 不当な額の報酬を貰い。
 何かあっても謝罪はせず。
 正義の名のもとに好き勝手しているらしい。

 それにキレた、父クロア。

 謝ったところでもう遅い。
 愚息を殴りに行く旅が、今始まる。

どうも、勇者の父です。この度は愚息がご迷惑を掛けて、申し訳ありません。 〜幼馴染みの許嫁を捨て、そこらで好き放題やってる息子をぶん殴るために旅に出ます。今更謝ってももう遅い〜

私なりの小説紹介:

この作品の主人公は勇者の父という立場ですが、勇者本人よりも強いチートです。

勇者の許嫁である幼馴染がボロボロになって帰ってきた事によって勇者の悪行を知り、鉄拳制裁を与えるために勇者を探す旅を始めます。

※勇者に制裁を与えた後も物語は続きます。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

小説家になろう 人外主人公のオススメ8作品の紹介!

今回紹介するのは人外が主人公のオススエ作品で、主人公が魔王、魔族、モンスターなど作品によって様々です。

作品によっては人間と敵対しているものもあります。

魔物が主人公の場合は進化要素がある事が多く、成長する作品が好きな方にはそのような作品もオススメです!

 

 

人狼への転生、魔王の副官

作者:漂月

あらすじ:

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。
元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔物の気持ちもよくわかる。おかげで周囲からは知勇兼備の名将だと思われているが、実際は苦労の連続だ。
やたらと暴力に訴えがちな魔物たちを従え、すぐに文句を言う人間たちも何とかして、彼は今日も魔王軍の中堅幹部として頑張る。

人狼への転生、魔王の副官

私なりの小説紹介:

人狼へ転生した前世日本人の主人公が人間を他の魔族のような恐怖ではなく、共生するような形で占領した街を支配していきます。 戦争・戦闘シーンも多いです。

魔物達は戦闘民族で脳筋が多い中では武勇と知略を兼ね備えた名称と言われる主人公ですが、人狼の血のせいか他の魔物達と一緒に暴走する事もあります!

副官は副官でも魔王軍における地位は上がっていくので、成り上がり要素もあります。

※個人的には今回紹介している作品の中でもオススメの作品ですが、人狼で人型なので人外感は薄めです。

 

転生したらドラゴンの卵だった~最強以外目指さねぇ~

作者:猫子

あらすじ:

 目が覚めたとき、そこは見知らぬ森だった。
 どうやらここは異形の魔獣が蔓延るファンタジー世界らしく、どころかゲームのように敵や自分の能力値を調べることができるようだ。
 魔獣を狩ってLvアップ、〖称号〗を掻き集めて上級ドラゴンに進化!
 頭に響く謎の声が急かす。俺に【最強を目指せ】ってな!

転生したらドラゴンの卵だった~最強以外目指さねぇ~

私なりの小説紹介:

ドラゴンの卵に転生した主人公!低すぎるステータスの歩く卵として異世界生活が始まりましたが、レベルアップによってステータスが上がり、条件を満たすと進化する事ができます!

主人公が優柔不断で不義理な事が多いので読む人をかなり選ぶ作品だと思います。(疑問を感じる選択が続いたので読み続けるのが少し辛かったです。)

卵から始まるというユニークな作品で、人外感あふれる作品です!

 

植物モンスター娘日記 〜聖女だった私が裏切られた果てにアルラウネに転生してしまったので、これからは光合成をしながら静かに植物ライフを過ごします〜

作者:水無瀬

あらすじ:

聖女として魔王を倒しに行くはずだったのに突然、後輩の聖女見習いと許婚の勇者に裏切られてしまう。殺されそうになった際に自分の前世が日本の女子高生だったと思い出したけど、特にチート能力を授かることなく花のモンスターに生きたまま食べられてしまう。なんでだよ。

そうして気がついたら植物のモンスター、アルラウネに転生していた。花冠から生えた上半身は人間の女性のものだけど、下半身は植物。どう見てもモンスターです。
裏切り者に復讐したいけど、根っこが地面に埋まっているから移動もできない。人間に見つかれば魔物として退治されちゃうし、元聖女としては魔物化してしまったことは誰にも知られたくない。だからもう植物として静かに暮らします。光合成おいしい。誰か私に水やりとかして優しくしてください。

植物モンスター娘日記 〜聖女だった私が裏切られた果てにアルラウネに転生してしまったので、これからは光合成をしながら静かに植物ライフを過ごします〜

私なりの小説紹介:

聖女だった主人公ですが、後輩と勇者に裏切られた事によって植物系のモンスターに捕食されて死んでしまいます。

気が付いたら植物系モンスターの「アルラウネ」に転生しており、植物なので移動できないという強烈なハンデを背負った状態で野生での植物サバイバル生活が始まります!

※アルラウネは上半身が人間で下半身は植物の魔物です。

次々に襲いかかってくる敵との戦闘はいつもギリギリです…(前世:聖女で地球の知識持ちなので普通のアルラウネよりは強いですが植物は植物です!)

物語の展開のテンポが早く、サクサクと読めてしまう作品です!

 

最凶ヒヨコ伝説 ~裏切られた勇者はヒヨコに生まれ変わったので鳥生を謳歌します~

作者:

あらすじ:

魔王を倒した勇者は信じていた仲間や母国に裏切られ、民衆の前で火刑に処される事となってしまう。だが、次に目を覚ましたら勇者はヒヨコに生まれ変わっていた。忌むべき記憶を引き継いで生まれ変わったヒヨコは復讐のために歩き出す!と思いきや、インテリジェンスが低い為にヒヨコライフを満喫。何故、復讐心を忘れたのか?だってピヨちゃんバカだから。生まれ変わった元勇者が、愛らしいヒヨコとなって第二の人生もとい鳥生を謳歌する。裏で蠢く王国、悪だくみをする帝国の権力者達、はた迷惑な勇者一行などをヒヨコがスローライフついでに軽くあしらって行く。良くも悪くもハタ迷惑なヒヨコのピヨストーリーが今幕を開ける。※本作は500年前に異世界から来た勇者が世界を救った世界なのでネタが酷いです。

最凶ヒヨコ伝説 ~裏切られた勇者はヒヨコに生まれ変わったので鳥生を謳歌します~

私なりの小説紹介:

ヒヨコに転生した元勇者がヒヨコとしてほのぼの過ごすという作品で、ギャグがメインの作品です。(1部シリアスなシーンもあり)

元勇者のヒヨコで、一部の能力を引き継いでいるのでチートで、目の前に現れた敵を簡単に倒していきます!

前世では信じていた仲間や国に裏切られて処刑されたのですが、鳥頭のためか復讐心も無くなり気ままなヒヨコライフに突入します!

 

齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定~やだこの生贄、人の話を聞いてくれない~

作者:榎本快晴

あらすじ:

 5000年生きたドラゴンといえば大層な響きだが、そのドラゴンはいたって人畜無害な草食のそれだった。
 しかし無駄にでかい図体と風格のせいで魔王軍の幹部と誤解され、近くの村から生贄の少女が捧げられる。

 基本的に臆病かつ気弱なドラゴンは少女を追い返そうとするが、やけに気合いの入った生贄少女はなかなか引いてくれない。
 やむをえず「じゃあお主の魂ちょっとだけ食ったから、それでもう帰って」と方便で告げたところ、思い込みの激しい少女はそれでドラゴンの眷属になったと誤解してしまう。

 そしてあろうことか、彼女は誤解のままに妙な力を発揮し始め――無力なドラゴンは何の間違いか、魔王軍に反旗を翻すことになる。

 反旗も何も、最初から部下でも何でもなかったのだけれど。

齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定~やだこの生贄、人の話を聞いてくれない~

私なりの小説紹介:

大きな身体から見かけだけは狂暴なドラゴンに見える主人公ですが、その風体を恐れた近くの村から生贄の少女が捧げられた事から物語が始まります。

草食の主人公に人間の生贄など必要なく、適当な理由をつけて生贄の少女を帰そうとしますが、すれ違いによって自らをドラゴンの眷属になったと思いこんだ生贄少女との生活が始まります!

弱い主人公(ドラゴン)とチートな生贄少女(人間)のコメディ風ファンタジー作品です! 生贄少女の忠誠心が異常に高いです!

 

勇者パーティーを当然のように追放された魔王。姥捨て山を仕方ないので最終ダンジョンにリフォームしたら、勇者から「攻略無理」と言われたけど、そこはダンジョンじゃない。トマト畑だ

作者:インド人嘘つかない

あらすじ:

「呪いにかかった司祭など役に立たん。出て行け!」

第六魔王討伐時に呪いを受けた光の司祭セロは、勇者バーバルからパーティーに相応しくないとして追放された。

いずれは賢者と目されていたセロだったが、呪いの持つ反転の効果で、光から闇へ、また賢者から愚者へと変じつつあった。そんな折に、セロの婚約者である聖女クリーンは、かつて大陸に災厄をもたらした魔王こそ愚者ロキだったとして、セロを魔王認定してしまう。

結果、追放の上に婚約破棄の挙句、姥捨て山といわれる魔族の領地に強制転送されたセロは、そこで第六魔王の娘ルーシーと出会う。親の仇にもかかわらず、ルーシーから、抗い続けて戦うことを教えられたセロは――とりあえず、壊れた魔王城のリフォームと、トマト畑の世話をすることを誓ったのだった。

もちろん、セロは知らなかった。そんなまったりした生活が、いずれは勇者や他の魔王を打ち倒して、世界に覇を唱えることになるなど……

勇者パーティーを当然のように追放された魔王。姥捨て山を仕方ないので最終ダンジョンにリフォームしたら、勇者から「攻略無理」と言われたけど、そこはダンジョンじゃない。トマト畑だ

私なりの小説紹介:

今回紹介する作品の中でも変化球的な作品で、勇者パーティーの賢者として活動していた主人公ですが、魔王討伐時に受けた呪いによって光属性が闇属性へ、賢者が愚者へと変化しつつあったタイミングで婚約者だった聖女から魔王認定した上で婚約破棄・追放されてしまいます。

追放され魔族の領地に転移させられた主人公ですが、その地で主人公が討伐した魔王の娘と出会い、壊れた魔王城をリフォームして魔王として活動していきます!

主人公には周りを強化する事に特化したパッシブスキルが発動しており、配下の能力が大きく向上します。(主人公は人間ですが、人外が多いです!)

※この世界では複数の魔王が存在しています。

 

原初たる魔が王~目が覚めたら、人外娘に捕食される寸前だった~

作者:流優

あらすじ:

 ユウハは突如、森の中で目を覚ました。何が何だかわからず、彼は辺りを見渡し――気付く。自身が、捕食される寸前だったことに。
 どうにか食われずには済んだ彼だったが、そこでようやく、捕食者の姿を視認する。
 捕食者は、圧倒的な美少女の、人外娘だった。
 その後、色々と聞いたり話したりしている内に、その少女が付いて来ることとなり――。

 大体ほのぼの。

原初たる魔が王~目が覚めたら、人外娘に捕食される寸前だった~

私なりの小説紹介:

この作品は主人公が人外ではなく、異世界転移した主人公が最初に出会った自らを捕食しようとしていた人外少女と一緒?に異世界生活をおくる作品です!

チートな人外娘と一緒に学園に通ったりとほのぼのとしており、読みやすい作品となっています!

 

お魚から人外転生の出世魚物語 ブラックバスからいつかブラックドラゴンへ!

作者:時野洋輔

あらすじ:

気が付いたら僕はブラックバスだった。
で、神様に言われた。
『ブラックドラゴンを目指してほしいんだ!』
え? ブラックドラゴンになるのに、ブラックバス?
鯉が龍になるのも難しいのに!?

しかも、ここは異世界で、魔物もいるような場所で。

はぁ、文句を言っていても始まらない。
とりあえず、まずは両生類目指して頑張るか。

お魚から人外転生の出世魚物語 ブラックバスからいつかブラックドラゴンへ!

私なりの小説紹介:

主人公が「ブラックドラゴンを目指して欲しい」と言われて異世界のブラックバスに転生してしまいました…

地球ではそこそこヒエラルキーの高いブラックバスですが、転生先は魔物もいる異世界!! 異世界でブラックバスから進化する事はできるのでしょうか…??

敵を倒してレベルが上がり、進化条件を満たす事で少しずつ強い存在へと進化することができます。

※本篇は完結済です!コミカルで読みやすい作品です!

 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

小説家になろう 空間・時空魔法のオススメ9作品を紹介!

今回紹介する作品は空間・時空魔法を使う主人公が登場するオススメの作品で、転移や収納などチートな能力を持っています!

転移や収納などと商売・流通の相性が良いので、商売絡みの作品が多いのが特徴です。

様々な作品をピックアップしているので、興味がある作品があれば是非チェックしてみてください。

 

 

迷宮宿屋~空間魔法駆使して迷宮奥地で宿屋を開きます~

作者:海華

あらすじ:

迷宮、それは魔物が溢れ出るところ。
冒険者は魔物を間引くが、残した死体を糧に魔物はさらに強くなった。
それでは意味は無いと、魔物の死体を持ち帰るようにするも……荷物持ちが大変すぎて攻略が進まない。

そんな時、光を浴びたのが『空間魔法使い』だった。

孤児院育ちのマリーロズ。初めは使えない空間魔法に絶望するもコツコツとレベルをあげて夢を見つけ、叶えていくーーー。

迷宮宿屋~空間魔法駆使して迷宮奥地で宿屋を開きます~

私なりの小説紹介:

孤児院育ちの主人公がタイトル通りに危険な迷宮で宿屋を開く物語で、ほのぼのとした温かい内容が多いです!

物語の序盤は空間魔法のレベル上げパートで、第二章から宿屋についての描写が出てきます!

1話が短いので、サクサクと読めるのが特徴です。

 

異世界ではじめる二拠点生活~空間魔法で王都と田舎をいったりきたり~

作者:錬金王

あらすじ:

社畜である二重暮人は、神的な存在に異世界に転移させられてしまう。
突如、異世界に放り出された暮人であったが、授けられた空間魔法の有用性に気付き、転移を使った商売で生活を安定させる。しかし、前世と変わらない仕事ばかりの日常に不満を覚えた。
そんな時、暮人が思いついたのは二拠点生活。
のんびりしたい時は田舎に転移して釣りをしたりまったり農業をしての自給自足。飽きれば転移で王都へ向かって仕事をしたり、友人と名店を巡ったり。転移を利用して各地で相乗効果を生みながら暮人は異世界で自分の居場所を見つける。これは一人の男の異世界二拠点生活である。

異世界ではじめる二拠点生活~空間魔法で王都と田舎をいったりきたり~

私なりの小説紹介:

社畜な主人公が異世界に転移する際に貰ったチートは「空間魔法」で、テレポート(少し制限あり)と収納能力に加えて戦闘にも使えます!

地球では社畜だった主人公が異世界ではプライベートも楽しむために、田舎でスローライフをしながら仕事のために王都へ転移して田舎と王都という2つの拠点を行き来しながら異世界生活をおくります!

最初は空間魔法を使った運び屋のような仕事をしますが、段々と仕事の規模が大きくなっていくので、商売ものが好きな方にもオススメできます!

 

勇者に全てを奪われ追放された最強の空間魔法使いが最高のギルドに入って最難関迷宮を余裕で踏破する〜ところで、実力もないのに不釣り合いな名誉を得た勇者はこれからの任務をどうするつもりなんだろうか?〜

作者:ウサギ様

あらすじ:

 人類を脅かす魔物の主【魔王】を討伐した半魔族の空間魔法使いのランドロスは、魔王との戦いで全て出し切ってしまっていたために、後からのこのことやってきた勇者シユウに突き刺され、名誉も金も仲間も全てを奪われてしまう。
 もはや死ぬしかないという状況で、ランドロスが打ち負かしたはずの魔王が最後の力を振り絞り、魔王の力をランドロスに託す。
 生き延びたランドロスは、世界最難関の迷宮に挑むギルド【迷宮鼠】に勧誘される。
 【迷宮鼠】はランドロスと同じような特殊な事情がある『追放者』ばかりで構成されるギルドだった。
 『ハッキング』という謎の技術を持つ少女、獣人の混血が進みすぎた『ワーキマイラ』、希少種族のエルフの美女、政権争いから逃げてきた他国の王女、人殺しをしたくない暗殺者の少女、そしてそれらをまとめる人間の幼い少女のギルドマスターと、一癖も二癖も十癖も千癖もある仲間達との楽しく愉快な大冒険が始まる!

 ……しかし、実力もないのに英雄扱いされてしまった勇者はこの先大丈夫なのだろうか?
 弱いのに王の前で御前試合をしたり、最前線に立たされるわけだが……?

勇者に全てを奪われ追放された最強の空間魔法使いが最高のギルドに入って最難関迷宮を余裕で踏破する〜ところで、実力もないのに不釣り合いな名誉を得た勇者はこれからの任務をどうするつもりなんだろうか?〜

私なりの小説紹介:

半魔という人間から忌み嫌われる存在でありながら魔王を討伐する勇者パーティーに参加していた主人公は、単独で魔王の討伐に成功しますが、満身創痍の状態の主人公の前に現れた勇者によって突き刺され、功績も全て奪われてしまいます。

そのまま死ぬかと思っていた主人公を助けたのは討伐したはずの魔王で、最後の力を使った魔王によって生き延びた主人公は、迷宮の最深部攻略を目指す訳アリの追放者が集まるギルドに参加して、成り上がっていきます!

※実力がないのに主人公の功績を奪った勇者のざまぁパートもあります。

 

弱小貴族家の息子、思いがけずに成り上がる。〜必死の努力の結果覚醒した時間と空間魔法に規格外の魔力量を合わせて学院生活を無双する!〜

あらすじ:

この世界には火、水、風、土、光、闇の六属性の基礎魔法が存在している。さらに光と闇の希少魔法以外の火、水、風、土の四属性には派生として熱、氷、雷、砂の四属性があった。

ルステリア王国のリヴァイス子爵家三男に生まれたレオナルドは5歳の誕生日を迎え、王国で定められた魔法適性の儀式を受けることに。

自分の魔法適正が6つの内のどれになるのか期待に胸を膨らませ、その時を待ったレオ。そうして判明したレオの属性は1つでさえ希少な……

「光と闇属性だって!?」

周りの家族たちが驚く中、レオは2つの希少魔法を使い父の背中を追いかける。

「俺、将来は父さんみたいな魔導師になる!」

そう決意を決めたレオは魔法学院入学を目指し修行をすることに。そんなこんなで修行を続け極めた先、2つの属性には世間であまり知られていない進化した属性、時間と空間魔法がある事を知る。

時間と空間魔法を習得したレオは、他の属性とは隔絶し、あまりにも強すぎるこの2つの魔法が世間に知られた時、騒ぎが起きないようにと時間と空間魔法を隠しながら日々を過ごしていく。

そんな中、遂に王国最高峰の魔法学園、アストレア魔法学院に入学を果たしたレオ。当初は何とか隠しきれていた2つの魔法も徐々に隠しきれなくなってきて……?

ある日希少な力を手にしてしまった幼き少年レオ。これは、そんな魔法の才能を持った少年が決死の行動と知らぬままひたすらに努力を重ね、その結果成長していき、学院や貴族社会を駆け上がる成り上がりストーリー!

弱小貴族家の息子、思いがけずに成り上がる。〜必死の努力の結果覚醒した時間と空間魔法に規格外の魔力量を合わせて学院生活を無双する!〜

私なりの小説紹介:

弱小貴族の家に生まれた主人公に「闇属性」、「光属性」という2つの適正がある事が分かりました。

魔法学院が舞台の作品で、闇属性と光属性の他に空間魔法、時空魔法を取得してチートに磨きがかかります。

主人公が努力しながら成長していく姿を描いており、学院生活や貴族社会で成り上がっていく様子を見ることができる作品です!!

 

出張!異世界料理店 〜 狩人兼料理人だった俺、パーティのリーダーに「俺のおやつを食ったな」と冤罪を掛けられてパーティから追放。その後、助けた美少女が働く料理店の店長に転職し人生充実してます ~

作者:絵山 イオン

あらすじ:

リベは所属してるパーティが強すぎて、本職の狩人で活躍できず、料理人として冒険していた。

ある日の夜、もふもふのお腹をすかせた小動物がリベの前に現れたのでリーダーの好物であるナッツを与えた。

しかし、朝になるとリーダーに「オレのナッツ食っただろ!!」と冤罪を掛けられてしまい、パーティから追放されてしまう。

追放されたリベは一人で町へ戻る際、魔物に襲われ怪我を負い、気を失った。

目覚めると、リベの目の前に美少女がいた。

なんとその美少女とは、ナッツを与えたもふもふの小動物であった。

リベは彼女から空間移動魔法とどこでも出店可能な料理店の存在を教えられ、その店を繁盛させるため、店長になってほしいと懇願される。

そしてリベは、ダンジョンの奥地でも食事を提供できる不思議な料理店の店長として覚醒する!

出張!異世界料理店 〜 狩人兼料理人だった俺、パーティのリーダーに「俺のおやつを食ったな」と冤罪を掛けられてパーティから追放。その後、助けた美少女が働く料理店の店長に転職し人生充実してます ~

私なりの小説紹介:

狩人兼料理人として冒険者活動を行っていた主人公ですが、盗み食いという冤罪?によって冒険者パーティーを追放されてしまい、魔物に襲われて死にかけますが、冤罪のきっかけになったモフモフの小動物(美少女)に助けられ・・

空間移動魔法によって場所を選ばずに出店可能な料理店を繁栄させるために冒険者から料理人にジョブチェンジする主人公の物語です!

1話あたりの文字数は少なめでサクサクと読むことができます。

※完結済の作品で、最後まで読むことができます。

 

普通のおっさんだけど、神さまからもらった能力で異世界を旅してくる。疲れたら転移魔法で自宅に帰る。

作者:霜月緋色

あらすじ:

普通のおっさんである近江正樹は、帰宅途中に神の気まぐれで異世界へと送られてしまう。
剣と魔法の異世界をチート能力を使いながら目的もなくぶらつき、眠くなったら魔法で日本の自宅に帰る。
これはサラリーマンを続けながら異世界を満喫する、普通のおっさんのお話。

普通のおっさんだけど、神さまからもらった能力で異世界を旅してくる。疲れたら転移魔法で自宅に帰る。

私なりの小説紹介:

突然、異世界に転移した主人公は転移魔法の能力を与えられており、異世界と地球を行き来しながら異世界を旅する物語です。

ほのぼのとした作品でスローライフ好きな方にはオススメの作品です!

※地球と異世界が混ざっているので読む方を選ぶかもしれません。

 

神様のミスで死んで勝手に色々決められて異世界にポイっとされました。これって大丈夫?

作者:でんすけ

あらすじ:

冴えないサラリーマンが神様のミスで死亡。神様に会うも話は聞かずに色々と勝手に決められて異世界にぽいっとされるお話。

「ちょ、ま、あ」

「属性魔法は6属性に魔力親和性も・・」

「え?あ?、ちょ」

「無属性の派生である時空間魔法もつけて・・」

「あの、あ」

「体も若くして・・」

「えっと、あの、ちょ・・」

「では行け!」

「は?」

と言う物語。

神様のミスで死んで勝手に色々決められて異世界にポイっとされました。これって大丈夫?

私なりの小説紹介:

神様のミスで死んで異世界に転移する事になる主人公ですが、勝手にチートな能力を付与されて異世界へと転移させられます。

主人公は時空間魔法以外にもチート能力を授けられており、冒険者としても大活躍します。 

現代知識を活かすようなシーンも多いですが、商売感はありません。

 

最弱無能のゴミ漁り、人間辞めたら最強に。〜時空間圧縮スキルと無敵の肉体で最難関ダンジョンも楽勝です〜

作者:ヨシノカゲウラ

あらすじ:

無能なゴミ漁りが人間辞めて最強に!?時間も空間も【圧縮】する最強開拓者、爆誕!

物を小さくするだけのスキル《圧縮》を持つ青年ラグナは、華々しく活躍する冒険者に憧れながらも、最底辺のゴミ漁りとして日々を過ごしていた。

そんなある日、ひょんなことからたどり着いたSランクダンジョンの最奥で、あり得ない大きさのレベルアップアイテムを見つける。

アイテムを使った直後、彼の体は一変! ダンジョンのボスすら素手で屠る無敵の肉体を手に入れ、さらにスキルは時間も空間も圧縮するものへ変化する。

手に入れた能力で冒険者ではなく、ダンジョンを見つけ出す『開拓者』になることを考えたラグナは、世界の頂点まで超速で成り上がってゆく――!!

最弱無能のゴミ漁り、人間辞めたら最強に。〜時空間圧縮スキルと無敵の肉体で最難関ダンジョンも楽勝です〜

私なりの小説紹介:

物体を小さく圧縮するだけの主人公は、ゴミ漁りをしながら毎日を必死に生きていましたが、巨大なレベルアップアイテムを見つけた事で人生が変わり始めます!

レベルアップによって肉体的にも強くなり、小さく圧縮するだけだったスキルもチートな能力に強化されます!

冒険者に憧れていた主人公ですが、チートな能力を手に入れてからは「開拓者」という未発見ダンジョンを見つけて、ダンジョン内の情報を登録する仕事をしつつ、旅をしながら仕事をしようと考えます。

最底辺の「ゴミ漁り」として蔑まれていた主人公が開拓者として成り上がっていく物語です!

 

婚約破棄から始まる迷宮都市での錬金術師生活 ~得意の古代語翻訳で裏技錬金術を駆使して平穏に暮らします~

作者:イ尹口欠

あらすじ:

王太子との婚約を破棄され、実家である侯爵家から追放されたフーレリア。しかしただでは転ばぬフーレリアは、得意の時空魔法〈ストレージ〉に家財を詰め込み、迷宮都市へと向かう。目的はダンジョンから産出される古代語の本を読むため。そうフーレリアは読書家なのでした。とはいえ霞を食って生きていけるわけでもないので、古代語の書物から得られた知識を駆使して錬金術師として食べていくことに決めたのです。この物語はフーレリアが錬金術を使って生活しつつ、読書をするだけのお話です。

婚約破棄から始まる迷宮都市での錬金術師生活 ~得意の古代語翻訳で裏技錬金術を駆使して平穏に暮らします~

私なりの小説紹介:

王太子から婚約破棄され、実家である侯爵家からも追放された元公爵令嬢の主人公ですが、生活に必要な物を時空魔法のストレージに詰め込んで迷宮都市へと向かいます。

読書家の主人公は迷宮から産出される古代語の本を目的に迷宮都市へ向かい、高い古代語の理解度を活かして古代語の書籍から得た知識で錬金術師として生活していくことを決めます!

錬金術として生計を立てていきますが、便利でチートな時空魔法も活躍します!

※完結済の作品です。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

小説家になろう 闇魔法のオススメ6作品の紹介!

今回紹介するのは闇魔法の主人公が登場するオススメの作品で、闇魔法はダークなイメージがありますが、主人公が闇魔法を使う場合は、追放・ざまぁの作品が多いです!(闇属性の評価・評判が低い作品が多く、見返すような作品が多いです。)

闇魔法と一言で言っても作品によって幅が異なるので、作品ごとの違いも楽しむことができます!

個人的にオススメできる作品をピックアップしているので、興味がある作品がある場合は是非チェックしてみてください。

 

 

闇属性だけど脚光を浴びてもいいですか?~数合わせの君はもういらないと光の勇者パーティーを追放された伝説の暗殺者一族の少年がワケありぼっち闇美少女たちと共に真の勇者と呼ばれるまで~一方光の勇者は没落中。

作者:ミオニチ

あらすじ:

 世界に君臨する魔王の一体を討伐し、新たな仲間を迎えた光の勇者パーティー。だがその祝いの日、暗殺者の少年ノエルは「数合わせの君はもういらない」と追放される。その理由は、闇属性だから。

 光属性超優遇社会において、闇属性の価値は最底辺。生まれながらに劣等と忌み嫌われ蔑まれ、後ろ暗く生きることを余儀なくされるほど。ノエルはそんな逆境に負けず、たゆまぬ努力で最強クラスの実力を手に入れ、勇者パーティーの一員となった。だがすべては無駄だった。光属性の新しい仲間の加入により、あっさりとお払い箱に。

 失意のノエルはやがて、同じように高い実力がありながらも理不尽な目に遭い、日の目を見ない闇属性の少女たちと出逢う。そして、助けた彼女たちとこの世界で史上初となる闇属性だけのパーティーを結成。自分たちの実力を世界に示し、表舞台で脚光を浴びるために。

やがてすべての魔王を討伐し、真の勇者とうたわれるノエルたちの伝説はいまここにはじまった。

 一方、ノエルを追放した実力不足の光の勇者パーティーには、没落と破滅の足音が確実に近づいていたのだった。

闇属性だけど脚光を浴びてもいいですか?~数合わせの君はもういらないと光の勇者パーティーを追放された伝説の暗殺者一族の少年がワケありぼっち闇美少女たちと共に真の勇者と呼ばれるまで~一方光の勇者は没落中。

私なりの小説紹介:

光属性が優遇され、闇属性が無価値な世界で努力で勇者パーティーに選ばれるほどの実力を持った主人公ですが、闇属性という理由で光の勇者のパーティーから追放されてしまいます。

追放されてしまった主人公が同じように高い実力を持ちながらも不遇な扱いをされている闇属性のメンバーを集めて闇属性オンリーのパーティーを結成します!

一方で、主人公を追放した事によって戦力不足に陥った光の勇者パーティーへのざまぁ要素もあるようです。(執筆時点ではまだありません。)

闇属性のみのパーティーというバランスの悪そうですが、闇属性要素が非常に濃い作品です!!

 

黒鳶の聖者 〜追放された回復術士は、有り余る魔力で闇魔法を極める〜

作者:まさみティー

あらすじ:

女神より職業を授かる選定式で、【聖者】という最高クラスの職業をもらったラセルは、【勇者】【聖騎士】【賢者】という職業を授かった幼なじみとともに、パーティーを組んでいた。
しかしラセルはその職業の相性の悪さが原因で、パーティーを追放されてしまう。
失意の中帰ってきた故郷で、ラセルは魔物に襲われていた美女を助ける。
ラセルにとって、この新たな出会いがもたらすものは——
「あなた、女神を信じてる?」
——宗教勧誘だった。

黒鳶の聖者 〜追放された回復術士は、有り余る魔力で闇魔法を極める〜

私なりの小説紹介:

主人公は「聖者」という上位職を貰い、同じように上位職を貰った地元の幼馴染と共にパーティーを組んでいましたが、主人公は必要とされずに追放されてしまいます。

失意のままに地元に帰ってきた主人公の前に現れた1人の美女との出会いで主人公は人生は大きく変わります!

※闇属性は追放されてから出会い、訓練を始めていきます。(持て余していた魔力量で闇属性を使う事で主人公が最強に・・?)

主人公を追放した幼馴染の勇者パーティーへのざまぁもありますが、ざまぁは非常にゆっくりです!

 

闇の悪役令嬢は愛されすぎる

作者:葵川真衣

あらすじ:

【本編完結済】公爵令嬢クリスティンは、ある日恐ろしい事実に気づく。
自分が、前世プレイしていた乙女ゲームの悪役令嬢に、転生を果たしてしまっていることに。
この先、婚約者の王太子からは婚約破棄され、更に惨殺の可能性もある。
クリスティンは気絶し、寝込む。──が、このままではいけない。
恐怖の未来にクリスティンは立ち向かう!

刺客を放たれても助かるよう、まず虚弱体質を治そう! 
と決意した途端、倒れる。憎きこの身体……。

護身術の稽古をはじめるが……。果たして惨劇は回避できるのだろうか……!?

悪役令嬢奮闘ラブコメディ。

闇の悪役令嬢は愛されすぎる

私なりの小説紹介:

公爵令嬢の主人公はある日、前世の記憶が戻った事によって乙女ゲームの世界に転生されていた事に気が付き、しかも転生先が惨殺されてしまう悪徳令嬢である事に恐怖します。

主人公は「星」という非常に貴重な魔力を持っている反面、魂が汚されやすく虚弱体質になってしまう「闇」の魔力も持っています。惨殺ENDを回避するため奮闘するのですが、悪徳令嬢の主人公が何故か周囲から愛されて…?

恋愛要素の強い作品で、恋愛物が好きな方には特にオススメです!

 

厨二病お嬢さま? 〜悪役令嬢は魔王に進化(?)しました。前世が魔王で闇属性に目覚めたそうです〜

作者:稲荷竜

あらすじ:

十四歳の誕生日パーティの日、貴族令嬢アンジェリーナは前世の記憶を思い出した。
『魔王』……魔法を極め魔族を統べた原初の王こそが、自分の前世なのだ。
記憶を取り戻したアンジェリーナは魔王であることを隠したりはせずに生きていくのだが……

「最近、アンジェリーナ様、発言が、その、『アレ』では?」
「なんていうか、こう、特徴的であらせられる、というか……」

はあ? 我は二千年の太古より目覚めし魔の中の魔、魔王であるぞ? 深淵なる闇を司りし我との邂逅という栄誉に浴しながらそなたらの応対、あまりに不遜ではないか?

魔王であると言っても信じてもらえない。
思春期特有の痛い発言だと思われる。

戯れにすべてを闇に呑ませしことも能うるが、我とて世を乱すこと本意ならず。光の中に生まれし者どもよ! 我が平和を愛する者たる幸運に感謝せよ!
輪転する時の中に刻まれしかすかな波紋。光満ちる世界に一条の闇が刻まれし瞬間より、運命の歯車は巡り、新たなる可能性が誕生する!
開闢! これより始まるは『人生』ではない! 我という存在が再び生まれ世界を変える『神話』である!

厨二病お嬢さま? 〜悪役令嬢は魔王に進化(?)しました。前世が魔王で闇属性に目覚めたそうです〜

私なりの小説紹介:

前世の魔王としての記憶を取り戻した上位貴族令嬢が周囲から見ると厨二にしか見えない言動で周囲を掻きまわしていきます!

前世は魔王ですが、世界を滅ぼそうとするような邪悪で狂暴な魔王ではありません。

コメディ寄りな作品で、異世界で厨二病発言というミスマッチさが逆に面白いです!

 

漆黒の猫貴族

作者:オヤジ

あらすじ:

猫好きな28歳サラリーマンである幸村秀一は帰宅直後、最近拾った黒猫の世話をする。そして何気なく猫にクロエと名付けを行ったところ白い光に包まれる。目を開けるとそこは自宅マンションではなく……神々の空間であった。そこで、地球の女神アマテラスと異世界メネシスの女神エステルから世話をしていた黒猫が実は異世界の闇の神獣であり、名付けてしまったことで契約者となってしまったことを聞かされる。8つの属性の神獣がバランスを取っていた異世界メネシスは闇の神獣を欠いたことで、不安定となっており、再び安定させるために、神獣の契約者として異世界へ転生してほしいと女神に頼まれた彼はクロエと離れたくないという想いから転生を承諾する。そして、辺境貴族の次男ルーク・ロッソへと転生した彼は、クロエとの契約によって得た、世界でただ一人の魔法である漆黒魔法(闇系上位魔法)を武器に異世界を生きていく。しかし、いつも黒猫を肩に乗せて歩く彼の姿を見て、いつしか「猫貴族」と呼ばれるようになっていく。そんな猫好きな彼と一匹の黒猫の物語。※処女作で王道ファンタジーに挑戦してみました。チートではありますがハーレムにはしない予定です。

漆黒の猫貴族

私なりの小説紹介:

地球で黒猫を拾った事をきっかけに異世界に転生する事になった主人公が、黒猫と一緒に異世界で生活する作品です!

※タイトルの猫貴族は主人公が猫の獣人という訳ではなく、黒猫と一緒に行動している事が由来になっています。

転生なので誕生時点から徐々に成長していく過程を見ることができます!(主人公は異世界で唯一の漆黒魔法の使い手です。)

 

影使いの最強暗殺者〜勇者パーティを追放されたあと、人里離れた森で魔物狩りしてたら、なぜか村人達の守り神になっていた〜

作者:茨木野

あらすじ:

勇者パーティに所属する、暗殺者の少年【ヒカゲ】、17歳。

彼は影を自在に操るスキルを持っていた。
影で縛って敵を動けなくしてから毒針を刺したり、影に潜って闇討ちしたりして、敵を倒すのが彼の戦闘スタイルだ。

しかしその戦い方を潔くないと仲間の勇者から非難され、ヒカゲはパーティから追放される。
人と関わりたくなくなったヒカゲは、【奈落の森】と呼ばれる魔物の巣窟にひきこもり、暇つぶしに影の能力を使って、ひたすらに魔物を討伐していた。

そんなある日、ヒカゲは奈落の森の中で暮らす村人たちを偶然助ける。

人の住まぬ魔窟と思われた森だが、そこには王女や元性奴隷など、訳ありの女たちが寄り合って暮らす村があった。

どうやらヒカゲは、村周辺の魔物を狩っていた守り神だと、そこの村人たちから認識されていたらしい。

しかもただの一般人だったはずのヒカゲは、奈落の魔物を倒しまくった結果、人類最強の強さを手に入れいていた。

最強の力、影を使った暗殺術を駆使し、彼は今日もか弱き乙女たちばかりが暮らす村の人たちを、魔物や悪人たちの手から守るのだった。

影使いの最強暗殺者〜勇者パーティを追放されたあと、人里離れた森で魔物狩りしてたら、なぜか村人達の守り神になっていた〜

私なりの小説紹介:

影を操るというスキルを使う暗殺者として勇者パーティーの一員として活動していましたが、戦い方が卑怯だとパーティーから追放されてしまい、他人との関わりを絶って魔物の巣窟で魔物をひたすら討伐して生活していました。

魔物があふれる森に住む訳アリの人々が集まる村を見つけてからは、村を守るための守り神として村人を守るようになる温かい物語です!

※1年以上更新されていないので、完結は難しそうです。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

小説家になろうの雷属性が登場するオススメ6作品の紹介!

今回紹介する作品は雷属性の魔法を使う主人公が登場する作品です!

雷属性と聞けばチートな感じがしますが、意外と雷属性メインの主人公は少ないです。(土や火、回復などが多いです。)

雷属性を使う主人公が登場する作品を集めてオススメ作品を紹介しているので、興味がある作品があればチェックしてみてください。

 

 

雷帝と呼ばれた最強冒険者、魔術学院に入学して一切の遠慮なく無双する

作者:五月蒼(ぬるま湯)

あらすじ:

生まれたときから最強であることが確定している存在がいる。
生まれ持った才は周りの努力を無に帰し、努力する天才は他の追随を許さない。

仮面をつけた正体不明のS級冒険者。史上最年少でS級に至り、雷魔術を自在に操り、雷鳴と共に現れるその姿から付いた二つ名は"雷帝"。冒険者界隈では最強の魔術師と名高い冒険者だ。
その正体は、魔女と共に森に住む少年――ノア・アクライト。
ノアは幼い頃、森の魔女シェーラに拾われた。
ノアの尋常じゃない魔術の才能に目を付けたシェーラは、ノアに魔術の英才教育を施す。
そうして十五歳の時、史上最年少でS級冒険者へと至った。
冒険者"ヴァン"という偽名と、防護魔術の掛かった仮面をつけて活動し、その地位は揺るがぬものとなっていた。
そんなノアが最年少でS級冒険者に昇格した日、シェーラはノアに言った。

「次の課題よ。冒険者で正体を隠して力を付けるフェーズは終了。次は魔術学院で存分に暴れてらっしゃい」

こうして、シェーラの課題を達成するため、S級冒険者"雷帝"ヴァンことノア・アクライトは、王都のエリート魔術学院――レグラス魔術学院へと入学することになった。
それは他の魔術学院生にとって幸か不幸か……。

貴族からの差別も軽く跳ね除け、上級生からの圧にもどこ吹く風、しまいには悪の組織も軽く潰していく。
これは、雷系最強の魔術師であるノアが、その力を遺憾なく発揮し、魔術学院で様々な伝説を成し遂げていく物語である。
加減と油断を知らない最強魔術師は、その圧倒的な力で無双するのだった。

雷帝と呼ばれた最強冒険者、魔術学院に入学して一切の遠慮なく無双する

私なりの小説紹介:

史上最年少でS級冒険者に到達した主人公は雷魔法が得意な事から「雷帝」という二つ名で呼ばれており、冒険者最強とも言われるほどの実力でした。

これまでは仮面をつけて正体を隠しながらの活動でしたが、仮面を外してエリートが集まる魔術学院へと入学する事になり・・

チートな魔法の才能を持つ主人公が様々な問題を乗り越えながら学園生活を送っていく作品です。(主人公最強なので年齢など関係なしに立ちふさがる相手を倒してしまいます。)

主人公の学園生活が物語の中心となっています。

 

転生冷徹公爵の異世界人生~助けてほしいだと?なら見返りは?~

作者:朝沖 拓内

あらすじ:

 『生ぬるい感情など要らない、必要なのは知識と正しい判断力だけだ』

 助けを求められれば何かしらを要求し、敵対者が現れれば討ち滅ぼす。そんな当たり前なことを人は無情だという。果たして何かおかしいことがあるだろうか。

 前世では家族には冷遇されて最後には友人に殺されてしまった主人公は生きているうちに魂が歪になってしまい輪廻の輪に入ることができなかった。そのことで神と思われる超常の存在から違う世界で転生することを教えられる。その際に自分の対価に見合ったユニークスキルをもらい転生を果たした。

 そんな彼はある事件をきっかけに“破滅公”と呼ばれ恐れられる。転生した公爵家で今度はどのような人生を歩んでいくのか。

転生冷徹公爵の異世界人生~助けてほしいだと?なら見返りは?~

私なりの小説紹介:

かなり冷めた性格な転生者の主人公で、雷魔法と魔道具作成というチートな能力を与えられています。

公爵という家柄に生まれた主人公が戦闘だけではなく、内政や外交といった幅広い要素にも絡んでいきます!

雷魔法に関係なく、転生ファンタジーとして面白い作品で、他の作品とは一味違う性格の主人公で個人的には非常にオススメしたい作品です!

主人公の性格が冷めており、シリアスな部分もあるので読む人は選ぶかもしれません。

 

魔法も使えん『ゴミ』は失せろ!と追放された彼は、唯一無二の雷魔法を発現させて、他の訳あり追放者たちとギルドを作る~集まった奴らはどいつもこいつも実はとんでもない才能を秘めていました~

作者:うまっくす

あらすじ:

王国最強の冒険者ギルド【豪傑達の砦】に所属し、【神童】の異名を持つ天才冒険者ローグ=ウォースパイト。ある日、ダンジョンで受けた呪いによって、自分の身につけた魔法をすべて失ってしまった彼は、実力主義のギルドマスターにより容赦なくギルドからの追放を宣告された。
時を同じくして、モンスターを操れないサモナーのアイリス、生産系スキルしかないガンマンのリザ、アホ侍のキヨメ、彼女たち三人も問題を起こし、それぞれのギルドを追放されてしまう。
追放された悔しさから固有魔法を発現させたローグは、実はとんでもない才能を秘めたアイリス、リザ、キヨメたちと共にチートレベルのギルドを立ち上げて王国最強の冒険者ギルドを目指す。

魔法も使えん『ゴミ』は失せろ!と追放された彼は、唯一無二の雷魔法を発現させて、他の訳あり追放者たちとギルドを作る~集まった奴らはどいつもこいつも実はとんでもない才能を秘めていました~

私なりの小説紹介:

ゴミ扱いされて追放された主人公は、問題を起こしてギルドを追放された冒険者たちを集めてギルドを立ち上げ、王国で最強の冒険者ギルドを目指すというストーリーです!

主人公はゴミ扱いされてギルドを追放されましたが、ダンジョン探索中に受けた呪いによって魔法を使うことができなくなったことが原因ですが、物語中で主人公は覚醒して・・?

ざまぁ&成り上がり要素のある作品で、追放者達が集まったギルドは王国内に名前を轟かせていくようになります!

冒険者としての活動がメインで、戦闘シーン多めです。

 

紫電の射手 ~勇者パーティで無能扱いされて追放。しかし雷に打たれて紫電の力を手にし、美少女達と最強パーティ結成 もう勇者パーティには戻りません~

作者:秋水

あらすじ:

「なぁ、イグナール……ここまで来て申し訳ないんだが、お前はここに残れ」

 最強の魔法使いの両親から生まれたイグナールは、将来性を見込まれ勇者にスカウトされて魔王討伐パーティに加入。
 二年間の厳しい修行を経たのにも関わらず、イグナールは己の属性を持たない『無属性』のまま。つまり、魔法の使えない無能だった。
 そのため魔界へと旅立つ前日、勇者に足手まとい認定されてパーティを追放。

 悔しさと己の情けなさに涙を流し、雷雲立ち込める豪雨の平原へと駆ける。

 そして運悪く、天から降り注ぐ雷に打たれ瀕死になるも、パーティに同行していた幼馴染の助けによって一命をとりとめる。

 目覚めたイグナールにはなんと、前例のない『紫に輝く雷属性』を帯びていた。

 そこに現れる謎のメイドがほのめかす、雷属性と魔王との戦いの因果。

 強くなるため、自身に宿った力の謎を究明する旅が今始まる。

紫電の射手 ~勇者パーティで無能扱いされて追放。しかし雷に打たれて紫電の力を手にし、美少女達と最強パーティ結成 もう勇者パーティには戻りません~

私なりの小説紹介:

ハイスペックな両親から将来性を買われて勇者パーティーに加わっていた主人公ですが、2年もの修行でも成果を出す事ができず、役に立たないと判断されて勇者パーティーから追放される事に・・

しかし、雷に打たれた事によって雷属性を得た主人公が、勇者パーティーには戻らずに自分で見つけた仲間と共に自らに宿った雷属性の力の謎を究明するための旅に出ます!

※最初は役立たずとしてパーティーから追放されるほどですが、のちのち主人公が最強クラスになります。

 

ナナイロ雷術師の英雄譚―すべてを失った俺、雷魔術を極めて最強へと至る

作者:日之影ソラ

あらすじ:

魔術の才能が全てを決める世界で、名門貴族エメロード家の次男として生まれたリンテンス。
類まれなる才能をもち、神童と呼ばれていた彼は、いずれ魔術師の頂点である聖域者(パラディン)になることを夢見ていた。周囲からの期待も厚く、何もかも順調だったある日、突然悲劇は起こる。
一筋の雷がリンテンスに落ち、十一種の属性が扱えた魔術が、雷属性一つしか使えなくなってしまった。名門の生まれで一属性しか使えない魔術師などゴミ同然。家族は手の平を返すように彼を見捨て、離れた別荘へと追いやる。
神童から出来損ないになったリンテンスは、一人ぼっちで絶望の淵にいた。自死すら考えた彼を救ったのは、聖域者の称号を持つアルフォース。アルフォースに才能を見出されたリンテンスは、彼の弟子となり、自分を見捨てた家族や周囲を見返すために再び立ち上がる。

これから始まるのは、一度全てを失った少年が努力と秘めたる力で成り上がり、最強の聖域者となる物語。
そして彼は、彼の元に集った仲間たちと共に、世界の存亡をかけた戦いに身を投じていく。

ナナイロ雷術師の英雄譚―すべてを失った俺、雷魔術を極めて最強へと至る

私なりの小説紹介:

魔法の名門貴族に生まれた主人公は優れた才能から将来を期待されていましたが、事故によって使える属性が雷属性のみになってしまい、これまで期待していた家族すらも主人公を見放し家から追い出してしまいます。

絶望していた主人公の前に現れた一人の魔術師によって、主人公の未来は大きく変わり、自らに残った雷属性を磨き上げて表舞台へと舞い戻ります!

執筆時点で1年以上更新されていない作品ですが、雷属性の要素が強く、オススメできる作品となっています。

最初からチート級に強いわけではないので、物語の中で成長して成り上がっていく姿を見ることができます!

 

追放されたギルド職員、隣国の騎士団にスカウトされる 〜無能と蔑まれた男は世界最強の雷魔法使い『雷帝』でした〜

作者:原子牛

あらすじ:

「お前みたいな無能はクビだ!」
ギルド職員のゼクスはある日突然、ギルド上層部の独断によって大手冒険者ギルドをクビにされてしまう。周囲に迷惑をかけまいと静かにギルドを去るゼクス。しかしギルド上層部は誰も知らなかった。実はゼクスの正体が最強の魔法使い『雷帝』であること、その力を生かして人手の足りない冒険者を手伝うフリーマンとして日々活躍、冒険者や同僚の職員から絶大な支持を受けていたことを。
無職になったゼクスはこれまでの誰かの為に生きる人生から一転、自分の為に生きようと決心。悠々自適な一人旅に出る。隣国にやってきたゼクスは、山で一人の少女を救ったことで世界最強と名高い騎士団にスカウトされる。そうして騎士団に入団したゼクスは数々の事件を解決し、瞬く間にその名を世界に轟かせていくことになる。
一方でギルドはゼクスがいなくなったことで経営が傾きだし、さらにはかつてゼクスを慕っていた者たちがギルドを抜け始めたことで徐々に下降の一途を辿ることとなる。

追放されたギルド職員、隣国の騎士団にスカウトされる 〜無能と蔑まれた男は世界最強の雷魔法使い『雷帝』でした〜

私なりの小説紹介:

無能扱いされてギルドからクビ宣告を受けたギルド職員の主人公ですが、実は主人公は最強の魔術師『雷帝』で、彼をクビにしたギルドは彼を慕っていた職員や冒険者から愛想を尽かされて段々と没落していきます…

追放された主人公は騎士団へとスカウトされ、騎士団ですぐに頭角を現して名前を知られるようになります。

更新が1年以上ないので次の更新はあまり望めませんが、まだ話数も少ないながらも1時期はランキング上位にも顔を出していた評価の高い作品です。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

小説家になろう異世界×ミステリー(推理・探偵etc)のオススメ7作品紹介!

今回紹介する小説家になろうのジャンルは「異世界×ミステリー」で、ファンタジー世界のミステリー作品を中心にピックアップしています。

作数自体があまり多くないジャンルですが、魔法など普通のミステリーにはない要素があるので新鮮に感じる作品も多いです!

それぞれの作品に個性があるので、気になる作品がある場合は是非チェックしてみてください。

 

 

異世界の名探偵

作者:片里鴎(カタザト)

あらすじ:

ミステリマニアである冴えない探偵は死んだ。しかし、その記憶を持ったまま、剣と魔法、そしてモンスターとダンジョン、王道のファンタジーの世界に平民ヴァンとして転生する。ヴァンはずば抜けた魔術の才能、そして前の世界からの知識や感覚で、平民でありながら成り上がっていく。だが、そのヴァンの前で、不可解な殺人事件が起きる。果たして、ヴァンはミステリの知識を活かして事件を解決できるのか。ファンタジーミステリ。

新シーズン最終話。閉鎖された空間で起きた殺人事件。問題は、その被害者が不老不死の超越者であるドラゴンイーターであること、そして全てを予言する『予言機』がありながら、その殺人が予言されていなかったことだった。果たして、何故予言されなかった殺人で超越者は殺されたのか。

異世界の名探偵

私なりの小説紹介:

前世のミステリーマニアとしての記憶を持ったままファンタジー世界に転生した主人公は前世の知識と生まれ持った魔法の才能によって成り上がっていきますが、そんな順調な異世界生活を送る主人公の前である事件が発生します・・

前世:ミステリーマニアの主人公が異世界で起こる事件に対して捜査をして解決していくという内容になっており、紹介している作品の中でもミステリーらしい作品です!

異世界×ミステリーの作品では個人的に最もオススメの作品です!

 

異世界刑事

作者:project P.D.

あらすじ:

警視庁捜査一課の前川和司と春日弘也の刑事2人がエレベーターから降りた先に待っていたのはファンタジーの世界、要するに異世界だった。
異世界の街アカッシスを舞台に戦士・魔法使い・デミヒューマンのみならず、モンスターまでもが巻き起こす様々な殺人事件・誘拐事件をギルドのクエストという形で請け負い、持ち前の捜査力で次々と解決していくファンタジーミステリー系刑事ドラマ。

異世界刑事

私なりの小説紹介:

異世界に警視庁捜査一課の2人の刑事が転移し、魔法と剣の世界で地球の頃と同じように事件を捜査して解決していくという作品となっています!

地球とは異なる様々な種族がいる世界で、日本の刑事生活で培った捜査スキルを活かしながら事件を解決していきます!

異世界らしさがあり、文字数も多くボリュームもあるので、個人的にはイチオシの作品です!

 

推理令嬢シャーロットの事件簿~謎解きは婚約破棄のあとで~

作者:あけちともあき

あらすじ:

ジャネット・ワトサップ辺境伯令嬢は、突如として婚約破棄を宣言される。
王国が開いた舞踏会の場、相手は第一王子、コイニキール。
突然の事に混乱する彼女の目に飛び込んできたのは、ものすごい目つきで王子を睨む一人の令嬢だった……!

明晰な頭脳、鋭い洞察力、磨き抜かれた観察力。
偏屈で、ひねくれ者で、へそまがり。
しかしエルフェンバイン王国一の名探偵。

推理令嬢と呼ばれる、シャーロット・ラムズ侯爵令嬢との、それが出会い。

王宮の常識上ありえない婚約破棄がなぜ成されたのか?「エルフェンバインの醜聞事件」

戦地から戻った英雄の乱心の謎を探る、「ヒーローの研究事件」

密室殺人の謎を解く、「マーダーラーの紐事件」

二人の令嬢が、エルフェンバイン王国で巻き起こる難事件を次々に解決していく。
快刀乱麻の推理劇、幕開けである。

(割となんちゃって推理です!!)

推理令嬢シャーロットの事件簿~謎解きは婚約破棄のあとで~

私なりの小説紹介:

辺境伯爵令嬢と公爵令嬢という高貴な身分にある2人の令嬢によるミステリー作品で、王国で起こる様々な事件を解決していきます!

1つの事件について5話程度で解決していくので、読みやすくサクサクと物語が進んでいく印象があります! 

ざっくりした部分もあり、コミカルなシーンもあるので、とにかく読みやすく話の展開も早いので読みやすくオススメです!

 

色欲の錬金術師 アイテムが全て美少女化して錬成されるんですけど!?〜錬金術で裏切者共に復讐するはずが…仕方ないのでアイテムさんたちと街の便利屋始めます〜

作者:アーミー

あらすじ:

俺の名前は“マグナス・ペンドライト” 
訳あってこの度、偉大なる錬金術師“賢人マクスウェル”から錬金術工房を受け継ぐ事となった。
……まぁ“マクスウェル”は俺のじいちゃんで、継ぎ手の居ない工房を貰い受けただけなんだけど。

じいちゃんは生前王宮に仕え、数々の功績を残した立派な錬金術師。――けれど、禁忌とされる“人体錬成”を研究したと無実の罪を着せられ王宮を追放されたのだった。
そんなじいちゃんの無念を晴らすため、若き錬金術師の復讐劇が今始まる! 始まる……はずが――

受け継いだ錬成釜は、作ったアイテムが擬人化(主に美少女)されて出てくるトンデモ仕様だった。

な、何だこれは!?
え、何?じいちゃんが酔っ払った勢いで作った?前国王と一緒に?……やりやがったなあのエロジジイ!!
気づいた時にはもう遅い。
うっかり錬成した深紅の少女"ティンク"を養うハメになってしまった俺は、お客さんの困り事を"アイテムさん”の力を借りて解決する「錬金術の便利屋」を開く事にしたのだった。

“ロングソードさん”と一緒にゴロツキ退治をしてみたり、“万能薬さん”と病人の診察を引き受けたり。
時には“惚れ薬さん”と恋愛相談に乗り――探偵の真似事やお化け退治まで!

賑やかな便利屋生活が始まる!
――てか、ティンク。お前も働けよ!

色欲の錬金術師 アイテムが全て美少女化して錬成されるんですけど!?〜錬金術で裏切者共に復讐するはずが…仕方ないのでアイテムさんたちと街の便利屋始めます〜

私なりの小説紹介:

探偵=便利屋業というイメージがある方も多いと思いますが、この作品の主人公も便利屋として生計を立てています!

作ったアイテムが美少女化するという錬金術師が錬金術師らしい依頼から探偵のような依頼まで幅広く何でも依頼をこなしていく物語です!

探偵の仕事以外の方が多いので、探偵要素は薄めです。

 

【星の魔術大綱】

作者:宝鈴

あらすじ:

20歳の若きアルバ【ショーン・ターナー】は、田舎町サウザスで退屈な日々を送っていた。
しかしある日、町長が失踪し、駅でショッキングな姿で発見されてしまう。
それは10年前、謎の少女・紅葉が発見された事件と酷似していた。
ショーンは魔術大全書【星の魔術大綱】を片手に、紅葉とともに事件を解決をしに奔走する──

【星の魔術大綱】

私なりの小説紹介:

タイトルからは魔法メインの作品に見えますが、ミステリー要素も多い作品です! 物語の進行がゆっくりなのでせっかちさんには向かない作品だと思います。

ちょっと独特な異世界で少し人を選ぶかもしれません。

 

勘当されたので探偵屋はじめます!~実は亡国の女王だなんて内緒です~

作者:永瀬さらさ

あらすじ:

 求婚にきた王子様が異母妹を選んでしまい、女性でありながら継承権を持っている伯爵令嬢オクタヴィアは相続の邪魔だと追い出されてしまう。
 だがすべては祖母の計画通り。新しい婿さがし、何よりも探偵になるためオクタヴィアは王都へと出発する。
 ところが途中で出会ったイケメン侯爵からは助手にしろとつきまとわれるし、遺産を持ち逃げしたのではないかと疑って家族が追いかけてくる。しかも怪盗に目をつけられ、あげく唇を奪われてしまう!
 婿さがし中なのに許せない暴挙。絶対に両足を折って責任を取らせると息巻くが、相手は逃げ回るばかりで――

「今後の参考までに聞きたいんだけれど、ろくでもない男をつかまえてしまったらどうするんだい?」
「つかまえたあと捨てればいい」

 だが、オクタヴィアにも秘密があって――お互いに秘密を抱えたふたり、先につかまるのはどっちだ!?
 推理は物理な道具チート令嬢探偵VS骨折はしたくない怪盗の、追いかけっこラブコメ事件簿。

勘当されたので探偵屋はじめます!~実は亡国の女王だなんて内緒です~

私なりの小説紹介:

タイトルからは想像しにくいですが、恋愛ものの作品で、勘当された事をきっかけに探偵を目指す主人公がチートな道具頼りの脳筋推理を繰り広げます!

本格的なミステリーが好きな方にはオススメできませんが、コミカルな内容で読みやすいです!(ミステリー感はあまりありませんが…)

 

おまけ:

薬屋のひとりごと

作者:日向夏

あらすじ:

薬草を取りに出かけたら、後宮の女官狩りに遭いました。

花街で薬師をやっていた猫猫は、そんなわけで雅なる場所で下女などやっている。現状に不満を抱きつつも、奉公が明けるまでおとなしくしていようと思うのだが、彼女の好奇心と知識はそうはさせない。

ふとした事件を解決したことから帝の寵妃や宦官に目をつけられることになる。

早く市井に戻りたい、猫猫はきょうも洗濯籠を片手にため息をつくのだった。

薬屋のひとりごと

私なりの小説紹介:

ファンタジー世界という訳ではありませんが、薬の知識がある主人公が後宮などで起こる事件を推理するシーンが多いオススメの作品です!

物語自体が面白くオススメの作品ですので、興味がある方は是非読んでみてください!

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

小説家になろうのギルド運営・従業員サイドのオススメ6作品を紹介!

今回紹介する作品はギルドを運営する側の作品で、ファンタジーと言えば冒険者、冒険者と言えば冒険者ギルドというほど多くの作品で出てくる組織です。

荒れくれ者の冒険者をまとめて運営する側の様子を見ることができ、組織の運営を見るのが好きな方にはオススメのジャンルです!(ギルドマスター、受付嬢など)

作品によって特色があるので、興味がある作品があれば読んでみてください。

 

 

朝起きたらギルドが崩壊してたんですけど? ~未経験者歓迎!アットホームな職場です!幹部候補生募集!詳しくはご連絡下さい~

作者:三倍酢

あらすじ:

ある朝、ギルドが崩壊していた
ギルド戦での敗北から3日、アドラーは自分以外の団員が辞めたと知る
成り行きで団長に就任したアドラーは、ギルド再建を団の守り神から頼まれた
かつての超名門団は、今や潰れかけのソロギルド
しかし新しい団長は、大陸最高の転生冒険者だった
アドラーの固有スキルは『指揮下の能力を3倍増』という強力無比なもの

やって来るのは居場所のない混血エルフや竜の姫に紳士のオーク
変わり者ばかりが集まるギルドは、やがて大陸最強の戦闘集団になる
二つの大陸が出会う時代、小さな冒険者ギルドが歴史を変える

朝起きたらギルドが崩壊してたんですけど? ~未経験者歓迎!アットホームな職場です!幹部候補生募集!詳しくはご連絡下さい~

私なりの小説紹介:

前団長に大量の借金を押し付けられるようにしてギルドの団長となった主人公。

主人公は転生者で指揮下の能力を3倍増加させるという聞くだけでチートな能力を持っていますが、前団長がいた頃は微量の効果しか発揮しませんでした。

かつての名門ギルドを1から建て直す作品で、個性豊かな仲間を集めて最強のギルドへと成長していく物語です。

スキルから後方支援職のように思えますが、主人公単体でも強いです。

 

俺は冒険者ギルドの悪徳ギルドマスター~無駄な人材を適材適所に追放してるだけなのに、なぜかめちゃくちゃ感謝されている件「なに?今更ギルドに戻ってきたいだと?まだ早い、君はそこで頑張れるはずだ」

作者:茨木野

あらすじ:

主人公アクトには、人の持つ隠された才能を見抜き、育てる才能があった。

しかしそれに気づかない無知なギルドマスターによって追放されてしまう。

数年後、アクトは自分のギルド【天与の原石】を作り、ギルドマスターの地位についていた。

彼はギルド構成員たちを次から次へと追放していく。

「鍛冶スキルなど冒険者ギルドに不要だ。出ていけ。鍛冶師ギルドの副支部長のポストを用意しておいたから、そこでせいぜい頑張るんだな」

「ありがとうございます! この御恩は忘れません!」

「(なんでこいつ感謝してるんだ?)」

【天与の原石】は、自分の秘めた才能に気づかず、理不尽に追放されてしまった弱者たちを集めたギルドだった。

アクトは彼らを育成し、弱者でなくなった彼らにふさわしい職場を用意してから、追放していたのだ。

しかしやっぱり新しい職場よりも、アクトのギルドのほうが良いといって、出て行った者たちが次から次へと戻ってこようとする。

「今更帰ってきたいだと? まだ早い。おまえ達はまだそこで頑張れる」

アクトは元ギルドメンバーたちを時に励まし、時に彼らの新生活を邪魔するくそ上司たちに制裁を与えて行く。

弱者を救済し、さらにアフターケアも抜群のアクトのギルドは、より大きく成長していくのだった。

俺は冒険者ギルドの悪徳ギルドマスター~無駄な人材を適材適所に追放してるだけなのに、なぜかめちゃくちゃ感謝されている件「なに?今更ギルドに戻ってきたいだと?まだ早い、君はそこで頑張れるはずだ」

私なりの小説紹介:

主人公はギルドを運営するギルドマスターという立場で、他人の素質を見抜気育てる力を持っていました。

素質を持った原石達をギルドに入れて、実力を持ったせて更に力を発揮できる職場へと追放していくという変わった作品です。

追放というタイトルですが、流行りのざまぁではなく、ステップさせるための優しい追放です。

人材育成やギルドの運営の要素のある作品が好きな方にはオススメです、

 

転生した受付嬢のギルド日誌

作者:Seica

あらすじ:

ここはダンジョンが近く、スタンピードが頻繁な町。その町に住むシャーロットは冒険者ギルドで働く受付嬢だ。
前世の記憶を持つ彼女は、ギルドで起こる問題にその記憶を活用しつつ、誰にも破れない障壁魔法と鑑定スキルを駆使して日々業務をこなしている。

前の上司の不祥事を解決した、獣人族のギルドマスター。
王都の本部から来た、笑い上戸でエルフのサブマスター。
後輩なのに年上で、とっても美人な鱗人族の人妻受付嬢。
追放されたのち戻ってきてくれた妖精族の査定担当。
お酒大好き、魔物大好きなドワーフの解体リーダー。

皆の力も借り、召喚勇者が興したこの国でシャーロットは楽しく暮らす。
にぎやかなこのギルドには、魔王、騎士、放蕩王子、学園の生徒たちもやってきて、さらに慌しいこととなるのだった。

転生した受付嬢のギルド日誌

私なりの小説紹介:

ギルドで受付嬢をしている全盛地球人の主人公による、冒険者ギルドの日常系作品です。

受付嬢として働きながらも自身も高ランクの冒険者で、多くのスキルと前世の知識もあります!

個性豊かな冒険者達と受付嬢の日常を見ることができる面白い作品です!

 

ようこそ『追放者ギルド』へ ~無能なSランクパーティがどんどん有能な冒険者を追放するので、最弱を集めて最強ギルドを創ります~

作者:メソポ・たみあ

あらすじ:

 追放ブーム。世の中ではそんな言葉が流行っている。

 〈ステータス・スカウター〉という能力を数値化&視覚化してくれる便利アイテムが登場したことで、世間では高ランクのパーティがステータスの低い仲間を追放することが流行となっていた。

 ギルドマスター育成学校を卒業したアイゼンはステータス偏重主義の世間に疑問を抱いており、尚且つ【鑑定眼】という〝隠しスキルを見抜くスキル〟を持っていた彼は、無能と称され追放された冒険者たちが実は特殊な隠し能力を持つ有能ばかりであることに気付く。

 そこでアイゼンは追放された者で新興ギルドの起ち上げを決め、追放された冒険者を次々と雇用。
 あっという間にギルドは大きくなり始める。

「使えない無能はクビだ!」
「あ、じゃあウチが貰いますね」

「ステータスが低い奴なんていらねぇんだよ!」
「この子を捨てるとか、お前ら正気か……?」

 アイゼンの新興ギルドには数値で測れない有能な者たちが集い、やがてギルドの名を世界に轟かせていく。

 逆に、メンバーを引き抜かれたSランクパーティやステータスの数値しか見れない者たちは転落と失墜の道を辿り、本当の無能は誰なのか思い知ることになる……

「パーティが潰れそう? そんなの、大事な仲間を追放する方が悪いんだよ」

ようこそ『追放者ギルド』へ ~無能なSランクパーティがどんどん有能な冒険者を追放するので、最弱を集めて最強ギルドを創ります~

私なりの小説紹介:

ステータス・スカウターというステータスを便利に見ることができる道具が流通した事によって冒険者たちの間ではステータスの低いメンバーを追放する動きが盛んになっていました。

主人公もそんな追放ブームによって追放された冒険者の一人でしたが、彼には隠しスキルを見ることができる特殊な目を持っていました。

ステータスが低いものほど強力な隠しスキルを持っていることから、ステータスが低い=無能という図式に疑問を持っていた主人公がギルドを追放された冒険者で構成されるギルドを立ち上げて名を上げて行く物語です!

ギルドを1から立ち上げ、周囲からの評価の低い冒険者が活躍するという成り上がり要素もあり、ギルドに加入する冒険者を追放したパーティーのざまぁ描写もあります。

 

冒険者ギルドのチート経営改革 魔神に育てられた事務青年、無自覚支援で大繁盛

作者:ハーーナ殿下

あらすじ:

 山奥出身の青年フィンは大手冒険者ギルド事務員だったが、無能な上司と同僚に「この役立たずめ!」と追放されてしまう。フィンは自分の力不足を嘆きつつ、生活のために廃業寸前の弱小ギルドに再就職。
 しかし元職場の誰も知らなかった。実はフィンが魔神に育てられた《天帝級》の支援魔術師で、元ギルドを密かに繁盛させていたことを。その有能さを知る高ランク冒険者は、彼の元に集い始める。「うちは弱小なので初級クエストしか発注できませんよ?」と言いながらも受け入れ、口コミで顧客はどんどん増えて栄えていく。
 これは世話焼きな青年が、訳あり冒険者や困っているお姫様、貴族を助けて認められ、規格外の支援魔術でギルドを運営。一方で追放した無能な大手ギルドは衰退していく物語である。

冒険者ギルドのチート経営改革 魔神に育てられた事務青年、無自覚支援で大繁盛

私なりの小説紹介:

大手冒険者ギルドを役立たずとしてクビになった主人公ですが、実は主人公がチートな支援魔術でギルドを支えていたことを誰も知りませんでした…

クビになった主人公はチートな支援魔術を武器にギルドの経営を改革していきますが、主人公をクビにしたギルドは主人公の支援魔術が無くなった事によって没落していきます…

クビにしたギルドへのざまぁ要素あり、主人公最強要素もあります!

 

追放されたチート付与魔術師は気ままなセカンドライフを謳歌する。俺は武器だけじゃなく、あらゆるものに『強化ポイント』を付与できるし、いつでも効果を解除できるけど、残った人たち大丈夫?

作者:六志麻あさ

あらすじ:

あらゆる武器や防具などに『強化ポイント』を与え、強化できる──付与魔術師レインはある日、所属していた冒険者ギルドを突然クビになった。

「ギルド中の武器や防具は全部強化された。おかげでこのギルドは大陸最強になった。もうお前は必要ないんだ」

今まで仲間だと思っていた彼らは、自分のことを便利な道具としか思っていなかった──。
失意のレインはこれまでギルド員の武器や防具に与えていた『強化ポイント』をすべて回収する。

「これからは自分たちの実力だけで戦ってくれ」

ギルドの冒険者たちは武器や防具が弱体化したことに気づかず、今まで通りの活躍ができなくなる。
一方のレインは今まで他者のために使っていた『強化ポイント』を、今度は自分一人のために使用し、最強の武器や防具を次々に作っていく。

「手始めは──『銅の剣+10000』だな。これ、聖剣より強いような気が……」

かくして、追放されたチート付与魔術師は史上最強の武器防具使いとして、気ままな生活と超絶無双を始めるのだった──。

追放されたチート付与魔術師は気ままなセカンドライフを謳歌する。俺は武器だけじゃなく、あらゆるものに『強化ポイント』を付与できるし、いつでも効果を解除できるけど、残った人たち大丈夫?

私なりの小説紹介:

所属していた冒険者ギルドで武器や防具を強化する付与術師として働いていた主人公ですが、すべての武器・防具が強化されたことによって用済みとばかりにギルドから追放されてしまいます。

主人公が強化した武器・防具を解除できることも知らずに…

ざまぁ要素の強い作品で、主人公を追放して武器・防具の強化がなくなった追放サイドの没落描写もあります!

ギルド追放後はこれまでギルドメンバーの強化に使っていた力を自分のためだけに使った、チートに目覚めていきます!(同じギルドのメンバーには強化値を振り分ける事もあります。)

1話1話が短く、ライトな内容なのでサクサク読める作品です。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

小説家になろう 騎士・騎士団・剣術のオススメ9作品の紹介!

今回紹介する作品は主人公が騎士や剣術を使う作品です!

ファンタジーと言えば「魔法と剣」の世界をイメージされる方が多いと思いますが、主人公が騎士をする作品は意外と少ないです…

そんな中から騎士や剣が出てくるオススメの作品を紹介していきます!

 

 

大ハズレだと追放された転生重騎士はゲーム知識で無双する

作者:猫子

あらすじ:

「役立たずめ……剣聖の息子でありながら、こんな大ハズレを引こうとは!」
 十五歳の〈加護の儀〉。剣聖の血筋であるエルマは、典型的なハズレクラスである重騎士を発現し、次期当主の座を奪われて追放されてしまう。重騎士は偏ったステータスに、使い所のないスキル。挙げ句に臆病で怠惰な者が得るクラスだとまでいわれていた。
 だが、エルマは知っていた。この世界は彼が遊び尽くしたゲームの世界であり――重騎士こそが、最強のクラスであることを。エルマは生前の知識をフル活用し、この世界の効率的な攻略を始めるのだった。

大ハズレだと追放された転生重騎士はゲーム知識で無双する

私なりの小説紹介:

ゲームの世界へと転移した主人公が、ハズレ職である「重騎士」を引いた事によって家から追放されてしまいます。

本来であればハズレ職の上に追放されてしまいピンチな状況ですが、ゲームの世界で「重騎士」が最強の職だと知っており、ゲームの知識を活かして異世界でも無双していきます!

異世界でハズレと言われる職についた主人公が成長し、周りの人々を見返す爽快さもある作品です!

「重騎士」だけではなく、レベル上げもゲームの知識を活かして簡単にレベリングしていきます!(主人公が重騎士という作品も珍しいです!)

 

煤まみれの騎士

作者:美浜ヨシヒコ

あらすじ:

男爵家の長男、ロルフは、知勇ともに大いに優れた少年だった。その将来を疑う者はおらず、婚約者のエミリーや妹のフェリシアからも慕われていた。
当人も努力を怠らず、貴族家の嫡男でありながら騎士として叙任されることを夢見て真摯に文武を修めていた。
だがロルフは、十五歳の時に授かるはずの魔力を授からなかった。それは異例で、女神に棄てられたことを示していた。その日から、ロルフには侮蔑の視線が向けられることになった。
逆に婚約者のエミリーは最大級の魔力を授かり、即座に騎士に叙任された。彼女はロルフが優れた人間であると信じ続けたが、周囲は違った。
ロルフは男爵家を廃嫡され、婚約を破棄され、従卒としてエミリーに仕えることになった。さらに彼は騎士団で"煤まみれ"と呼ばれ、下男のような扱いを受けた。
しかしそれでもロルフは境遇を悲観せず、自分を信じて剣を振り続けた。その結果どのような未来が待ち受けるか、彼には知る由も無い。
ロルフは様々な出会いを経て、守るべきもののために、想像もしていない戦いへ身を投じていくことになるのだった。

煤まみれの騎士

私なりの小説紹介:

将来を期待された主人公ですが、15歳の時に魔力が無い事が判明した事によって周囲から見放されてしまいますが、諦めずに剣を振る主人公の作品です。

今回紹介している作品の中では最もシリアスな作品で、主人公は騎士団でも下使いのような扱いを受けてしまいます。

少し暗いですがストーリーは非常に面白いオススメできる作品です!

 

片田舎のおっさん、剣聖になる ~ただの田舎の剣術師範だったのに、大成した弟子たちが俺を放ってくれない件~

作者:佐賀崎しげる

私なりの小説紹介:

【一言で分かるあらすじ】
自身の強さに無自覚なおっさんが、元弟子たちになんやかんや持ち上げられて活躍しちゃってだんだんと名声と評価を得ていくお話。

【ちゃんとしたあらすじ】
ベリル・ガーデナントは、レベリス王国の片田舎に道場を構えるしがない剣術師範である。
自分の強さに気持ちの折り合いを付け、のんびりと田舎生活を過ごしていた。
だが、元弟子の一人であるアリューシアが突如訪ねて来て、ベリルを騎士団付きの特別指南役に推薦したと伝えられてから生活は一変する。
騎士団長、最上位冒険者、魔法師団のエースなどなど、とんでもない大物に大成した元弟子たちと久々の再会を果たすわ、実家である道場からは追い出されるわ、指南役以上の依頼が次々に舞い込んでくるわで激動の日々。
そして、こんな自分を慕ってくる元弟子たちに嬉しく感じながらも、大して強くもない自分とは不釣り合いだと謙遜を重ねるベリル。
しかし本人が気付いていないだけで、ベリルは類い稀な才能の持ち主であった。

自分の力に無自覚なベリルは、彼の力を知っている弟子たちに囲まれながら、徐々にその力を世界に知らしめていく。特に自覚のないまま。

片田舎のおっさん、剣聖になる ~ただの田舎の剣術師範だったのに、大成した弟子たちが俺を放ってくれない件~

私なりの小説紹介:

この作品は騎士団とはあまり関係ありませんが、本人に強者としての自覚がない道場の剣術師範が弟子達によって表世界に連れ出されて名を上げていく作品です!

道場を卒業した弟子達がそれぞれの道で出生しており、騎士団の指南役など大役を次々と依頼されるようになります! 弟子達の働きもあり、無名な地方の道場の師範だった主人公が世界へと名前が知られていきます!

剣術にスポットライトを当てた作品ですが、剣術の細かい描写はあまりなく、ほのぼのとした内容のストーリーが多く読みやすいと思います。

弟子が女性が多い事もありハーレム?気味ですが、本人にはあまり自覚がありません。

 

学園騎士のレベルアップ! 〜 レベル1000超えの転生者、落ちこぼれクラスに入学。そして、

作者:三上康明

あらすじ:

13歳になったソーンマルクス——愛称「ソーマ」は、かねてより憧れていた騎士養成学校《ロイヤルスクール》に通えることになった。入学式で行われるのは学生の天稟《アビリティ》(神の与えた才能)とスキルレベルの判定、それによるクラス分けだ。

王族も通う貴族のための「白騎《ホワイト》」
実力至上主義「蒼竜《ブルー》」
少女中心の「緋剣《スカーレット》」
美男美女の「黄槍《イエロー》」
地味ながら堅実な「碧盾《エメラルド》」
どれにも当てはまらない——つまり問題児の「黒鋼《ブラック》」
という6クラスが用意されている。

実はソーマには「日本」という国で暮らしていた、前世の記憶がある。ソーマは技能レベルを数値で確認できる希有な能力「試行錯誤《トライアル・アンド・エラー》」があり、技能レベルを上げまくっていた。
平民でも実力があれば入れるトップクラス「蒼竜」は、合計技能レベル「200」を越えていれば確実。
ソーマが念には念を入れて、上げまくったレベルはなんと、「1,012」。

今年のロイヤルスクールは沸いていた。3大公爵家の1つ「ラーゲンベルク」による技能レベル「300」超えを筆頭に、「200」台が10人と大豊作。すでに「栄光の世代」とまで囁かれていた。
そしてソーマの判定の番となる。

「次、学力試験首席、ソーンマルクス=レック——」

それはソーマの誤算だった。判定機は「4ケタ」のレベルを確認できない仕様だったのだ。
ソーマはレベルを上げすぎたせいで誤判定され、問題児クラス「黒鋼」へと放り込まれることになった。

だがそこでへこたれるソーマではない。天稟「試行錯誤」を武器に貴族偏重の学園の意識をどんどん変えていく——。

学園騎士のレベルアップ! 〜 レベル1000超えの転生者、落ちこぼれクラスに入学。そして、

私なりの小説紹介:

前世の記憶がある主人公が技能レベルが1,000超えと化け物のようなレベルにレベルを上げた騎士養成学校を受験しますが、レベルの読み取りが3桁までしか読み取れず、落ちこぼれクラスへと振り分けられてしまいます… 

個性的なキャラクター達との学園生活が面白い作品です!(騎士養成の学校ですが、騎士要素は薄めです。)

※貴族の権力が強い世界観なので、苦手な方にはオススメしません。

 

灰色のアッシュ ~騎士団をクビになった男、隣国に移住して灰色の人生をひっくり返す~

作者:とうもろこし

あらすじ:

帝国騎士団に所属していたアッシュは順風満帆な人生を送っていたが、婚約者から婚約解消を言い渡される。
しかし、それだけでは済まなかった。
彼は元婚約者である貴族のお嬢様に赤ちゃんプレイを強要したと偽りの噂を流され、それを理由に騎士団をクビになってしまう。
順風満帆だった人生は一気に灰色へ。
全てが嫌になった彼は外国へ旅立とうと決意した。
向かった先はダンジョンを利用して急成長を続けるローズベル王国。
王国西部にある第二ダンジョン都市でダンジョン内の魔物を狩る者――ダンジョン狩人として新たな人生をスタートさせる。
様々な問題や事件に直面するも、帝国騎士団時代に鍛え上げた実力で解決していき、アッシュは徐々にローズベル王国で名声を獲得していく。

これは婚約解消と追放の両方を受けた憐れな男が、ダンジョン狩人として活躍しながら名声を築き上げていくストーリーである。

灰色のアッシュ ~騎士団をクビになった男、隣国に移住して灰色の人生をひっくり返す~

私なりの小説紹介:

貴族と平民に絶対的な差がある帝国で魔物を狩る騎士団に所属していましたが、騎士団をクビにされた上に、上司の貴族にありもしない噂を流された事によって帝国を離れて、隣国の王国へと生活の場を移す事にします。

優秀な騎士団として、王国でも名前が知られていた主人公はダンジョンで魔物を狩る狩人としてすぐに活躍します! 騎士団から抜けて狩人として活動を始めた主人公ですが、すぐに頭角を現して王国の騎士団と一緒にダンジョンに潜る事もあって騎士団要素も多い作品です!

帝国では評価されなかった魔物を狩る力ですが、王国では重要視されており、1度はどん底に落ちた主人公が隣国で人生を逆転する物語です!

※ダンジョンを攻略する描写がメインで、主人公は優秀ですがチートまではいかないバランスが取れた内容です!

 

ブラックな騎士団の奴隷がホワイトな冒険者ギルドに引き抜かれてSランクになりました

作者:寺王

あらすじ:

 成果がすべて上に搾取される騎士団で奴隷のように働いていた俺だったが、ギルドマスターを名乗る可愛らしい幼女からスカウトを受ける。
 冗談半分で了承したつもりが巨額の前金を見せられ、俺は騎士団の脱退を決める。ギルドに行くとSランクの称号まで用意されていた。

――これは生まれて一度も良いことがなかった男のサクセスストーリー

ブラックな騎士団の奴隷がホワイトな冒険者ギルドに引き抜かれてSランクになりました

私なりの小説紹介:

ブラックな労働環境である騎士団で半強制的に働かされていた主人公ですが、冒険者ギルドのギルドマスターからヘッドハンティングされた事によって人生が大きく変わり始めます!

チートな能力を持つ主人公を働かせて功績を全て横取りしていた騎士団から脱退して、自由でホワイトな冒険者ギルドに所属して世界に名前が知られていくようにもなります。

 

王国の最終兵器、劣等生として騎士学院へ

作者:猫子

あらすじ:

 騎士とは血筋と才能の世界であると、それが常識だった。教会孤児であったアインは王都の騎士学院に入学こそできたものの、最底辺の〈Eクラス〉、通称〈劣等クラス〉への組み分けであった。大貴族の優等生達に馬鹿にされながら、アインは〈劣等クラス〉の学友達と共に、一流の騎士となるべく学院生活を送る。
 ……しかし、学院長にだけは知らされていた。アイン――〈名も無き一号〉。彼は教会暗部が非道な実験の果てに造り上げた王国の最終兵器、裏の騎士団である〈幻龍騎士〉の一員であった。調整役の学院長が頭を悩ませる傍ら、アインは〈劣等クラス〉を率いて他のクラスを圧倒していく。

王国の最終兵器、劣等生として騎士学院へ

私なりの小説紹介:

王国の最終兵器である主人公が騎士学院に通うという内容で、クラス分けでは最底辺のクラスに組み分けられました。

しかし、王国の最終兵器とまで言われる主人公の実力は学生の枠に収まる訳もなく・・・

血統と才能が全てだと考えられている世界で、主人公が最底辺クラスのメンバーを率いて他の優秀とされるクラスを圧倒していく、集団ざまぁ?要素ありの作品となっています。

 

伝説の竜装騎士は田舎で普通に暮らしたい ~SSSランク依頼の下請け辞めます!~

作者:タック

あらすじ:

「はぁ、国を救いすぎて疲れた……」

不老不死、最強無敵、竜五千匹を従える竜装騎士が辺境の田舎に移り住んだ。
そこは田舎すぎて誰も『竜装騎士』や『伝説装備』を見たことがなかったので、ちょっと派手好きな頭のかわいそうな人と勘違いされるのであった。
今日も呪いで脱げない伝説装備を着込み、相棒のバハムート十三世と共にのんびり暮らそうと必死になる……!

伝説の竜装騎士は田舎で普通に暮らしたい ~SSSランク依頼の下請け辞めます!~

私なりの小説紹介:

強すぎる主人公が国を救う事に疲れ、スローライフを目指して田舎へと移住します。

スローライフをした主人公ですが、なんだかんだ事件に巻き込まれて・・・

最初から主人公と仲間が強すぎるので読む人を選ぶかもしれません。

竜騎士というTHE・ファンタジーな感じな作品で、ドラゴン好きな方にはオススメ!

 

騎士団の金庫番 ~元経理OLの私、騎士団のお財布を握ることになりました~

作者:飛野猶

あらすじ:

異世界転移した経理OLは、通りがかりの騎士団に拾われる。王都まで同行させてもらうだけのはずだったのに、騎士団は色々な問題を抱えている様子。これはもしかして、経理部一筋で培った知識の出番ですか!?
会計知識でお悩み解決して団員たちに感謝されつつ、イケメン騎士と良い雰囲気になったり、年下従騎士とお料理したり、女騎士とポプリを作ったり。騎士団遠征ライフ、ほんわか満喫中。

騎士団の金庫番 ~元経理OLの私、騎士団のお財布を握ることになりました~

私なりの小説紹介:

この作品はこれまで紹介した作品とは大きく異なり、主人公が騎士ではなく、騎士団の金庫を管理する金庫番です!

異世界に転移した元OLが現代知識を使って騎士団の問題を解決したりとほのぼのした内容の作品となっています!

お金の管理や日常のほのぼのが好きな方にはオススメの作品です!

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

小説家になろう 異世界と地球を行き来できるオススメ7作品の紹介!

今回紹介する作品は異世界と地球(日本)を行き来できるという作品で、異世界と地球での価値の差を活かした異世界間貿易?の要素がある場合が多いです。

世界によっては制約のある場合もありますが、異世界で現代の商品があれば?というような商売要素も楽しむことができる作品が多いです!!

作品によって行き来や持ち込みの制限、世界観などが異なるので気になる作品を探してみてください。

 

 

宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する

作者:すずの木くろ

あらすじ:

試しに買ってみた宝くじで40億円の高額当選を引き当てた一良。
どこからか金の臭いを嗅ぎつけたハイエナ共から逃げるため、一良は先祖代々から伝わる古い屋敷に避難する。
一良が避難先である屋敷の中を調べていると、とある一室が異世界と行き来できる空間であることを発見する。
文化レベルや技術レベルがかなり低いとみられる異世界に、主人公は時に品物を、時に技術を持ち込み、その世界で自分の価値を見出そうとする。

宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する

私なりの小説紹介:

宝くじで構成される大金を得た主人公ですが、お金を目当てに近寄ってくる人々に辟易とし、先祖代々伝わる管理されていない屋敷でほとぼりが冷めるまで生活しようと決めます。

しかし、その屋敷のとある1室が異世界と繋がっており…

異世界と屋敷(日本)を行き来して日本の製品を次々と異世界へと持ち込み、問題を解決していきます。

現地の人と協力して領地を開発していくので、内政要素もあります!

異世界と日本を行き来することができる作品としてはかなり有名なので、ぜひ1度読んで頂きたいです。(個人的には今回紹介している作品の中で最もオススメです!)

 

ネトオク男の楽しい異世界貿易紀行

作者:星崎崑

あらすじ:

最終学歴高卒で親元パラサイトの青年綾馳次郎はネットオークションで生活する物欲溢れるネオニート(収入があるニート)。出品するお宝探して蔵から見つけた古い鏡は異世界と行き来できる魔法の鏡だった!! 異世界のお宝を買うために相互貿易でお金を貯めて、物欲満たして幸せ一杯の異世界ライフ! になる予定。物欲だけじゃなく、チートとか奴隷とかもありマス。男の欲望とか多めなので苦手な方はスルーしてネ。

ネトオク男の楽しい異世界貿易紀行

私なりの小説紹介:

ネットオークションで生計を立てていた主人公が、出品するための品物を探している時に見つけた鏡が異世界へと繋がる鏡だった事から物語が動き始めます。

これまでとは違い異世界⇔地球を行き来して値段差があるものを持ち込み・持ち出して商売していきます!

欲しいものを手に入れるために2つの世界を行き来してお金を稼ぎます!

※ところどころ2ちゃんねるのような掲示板の描写が入ります。

 

異世界転売屋の煩悩 ~ 異世界に行き来できる僕は、転売で面白い様に儲かるから美少女を囲ってみました ~

作者:天野優志

あらすじ:

異世界と日本の間の狭間の部屋で目覚めた。
どちらの世界へも行き放題。

当然、両方の世界で転売しようと思う着くよね。

何が売れて何が売れないのか。
体当たりで経験しながら、マスターしていく。

物品の価値観の違いは想定内だったけど、もうひとつの価値観の違いには驚いた。

それは、『美少女』。
日本ではアイドルと呼ばれる近寄りがたい存在になる美少女が異世界では全く価値がなかった。

水は高い所から低い所へと流れる。
価値観は低い所から高い所へと移動する。

価値観の違いを元に交易を初めてみたら、それは夢のような世界へとつながっていたんだ。

異世界転売屋の煩悩 ~ 異世界に行き来できる僕は、転売で面白い様に儲かるから美少女を囲ってみました ~

私なりの小説紹介:

日本と異世界を行き来することができるようになった主人公が日本から商品を持ち込み、異世界で販売してお金を稼ぐという作品です。

何が異世界では価値があるのか考えて異世界で売るものを決めるので、その商売目線でのフローが個人的に好きです。

日本ではアイドル級の美少女が異世界の価値観では価値が低いので、異世界の美少女も囲っていきます。

 

就活していたら神様に頼まれて異世界で建国することになった件について

作者:一里茂孤星

あらすじ:

社畜としてブラック企業で働いていた小鳥遊光一は身体を壊し退職した。
快復したので就活していたら求人サイトから面白そうなメールが届いた。
『都市開発シミュレーションゲームのテストプレイをしませんか?』
面接に行ったら異世界の神様から建国を依頼される。

これは普通のおっさんが20歳に若返り、神様からチートを貰い地球と行き来しながら建国する物語。
ただの元社畜SEに異世界で建国することはできるのか!?

色々とあっても最後はハッピーエンドを目指しています。
中世の世界を魔法とチートで近未来の世界にしていく。そんな物語です。
地球でも活動しますが現実世界の地球とは違う世界線です。実在しない国、事件等が登場します。
ハーレムです。恋人100人出来るかな?(ぉぃ

就活していたら神様に頼まれて異世界で建国することになった件について

私なりの小説紹介:

神様から異世界での建国を依頼され承諾した主人公が地球と異世界を行き来しながら、新しく建国していく物語です。

建国自体は早い段階で行われ、どんどん領地を広げたりお嫁さんを増やしたりします!

地球と異世界の行き来要素よりも建国要素が強い作品ですが、日本から持ち込んだ製品が多く出てきます

 

《異世界産物記》コロナ禍でバイトが無くなった! 〜スーパーの半額セールのパンを異世界で転売していた僕が、いつしか『大賢者』と呼ばれていた件について〜

作者:ミコガミヒデカズ

あらすじ:

コロナ禍が顕在化してきた令和二年四月…。勤めていたバイト先に余裕が無くなり待機状態になる僕、『竹下元太(たけしたげんた)』。

大学もしばらくは登校できる状況にはないし、これから先の生活費も心配。だから、スーパーで半額値引きされたパンやお惣菜などをたくさん買い込み、なるべく質素に家で一人大人しく過ごそうと考えていた。
しかし、帰宅した部屋の一部が見慣れない屋外の風景とつながっているのを発見。他にやる事もないので行ってみると、中世のような町に辿り着く。

元太はその町で家を火事で失った老婆と出会う。互いに助け合いながら冒険者ギルドで半額で買ったパンを売り始める。
これは異世界と日本、二つの世界の産物を通して心優しい青年が紡ぐ地味だけど、人を大切にする日常の物語。

いつしか町の人は口々に言う…、彼こそ『大賢者』と。

《異世界産物記》コロナ禍でバイトが無くなった! 〜スーパーの半額セールのパンを異世界で転売していた僕が、いつしか『大賢者』と呼ばれていた件について〜

私なりの小説紹介:

コロナによってアルバイトのシフトがなくなった主人公が半額になった惣菜やパンを買い集めてお金を使わずに生活しようとしていたところ、部屋が異世界へと繋がっていることに気が付きます。

人とのつながりを大事にしながら、地球から食料などを持ち込んで困っている人を助けます!

このジャンルの他の作品と比べて商売感があまりなく、ほのぼのした人情もののストーリーが多く読みやすい作品となっています。

 

俺だけ帰れるクラス転移

作者:アネコユサギ

あらすじ:

ある日、クラスメイト達と共に異世界に召喚された羽橋幸成。深い森の中にあった石碑に書かれていた彼の能力は物を移動させる『転移』。彼と同じく様々な能力に目覚めたクラスメイト達。そうして突然始まった異世界サバイバル。極限状態の中……彼は気付いた。自分だけが日本に帰れる事に。

俺だけ帰れるクラス転移

私なりの小説紹介:

小説家になろうでも有名な「盾の勇者の成り上がり」を執筆している有名な作者の方の作品で、盾の勇者よりはダーク感はありませんが、シリアスシーンもあります。

クラスごと異世界に転移し、突然異世界でのサバイバル生活が始まったのですが、途中から自分だけが日本に戻れることに気が付き…

世界を行き来と集団転移を組み合わせた珍しい作品です。

 

祖母の家の倉庫が異世界に通じているので異世界間貿易を行うことにしました。

作者:劉季邦

あらすじ:

偶然祖母の倉庫の奥に異世界へと通じるドアを見つけてしまった、祖母は他界しており、詳しい事情を教えてくれる人は居ない、自分の目と足で調べていくしかない、中々信じられない機会を無駄にしない為に異世界と現代を行き来奔走しながら、お互いの世界で必要なものを融通し合い、貿易生活をしていく

祖母の家の倉庫が異世界に通じているので異世界間貿易を行うことにしました。

私なりの小説紹介:

祖母の家の倉庫から異世界へと繋がる扉を見つけた主人公が異世界と地球を行き来して、世界間貿易を行いながらお金を設けていく作品となっています。

現代製品でのチートな品質で異世界でも成り上がっていく作品となっています。

※ここ1年くらいは更新されていません。

 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

小説家になろうでゾンビが出てくるオススメ8作品の紹介!

今回紹介する小説家になろうのジャンルは、「ゾンビ」です!

ゾンビと言えばバイオハザードを思い浮かべる方が多いと思いますが、小説家になろうでも街中にゾンビが溢れかえるという作品が多いです!(主人公自身がアンデッドやネクロマンサーの作品もあります!)

ゾンビ作品は敵はゾンビだけではなく、生き残った人間同士の争いも多く、人間ドラマのような作品もあります。

異世界でのゾンビ作品も紹介しているので、気になる作品があれば是非チェックしてみてください。

 

 

幻想世界でチートサバイバル~俺は主人公じゃありません

作者:ひろーかそ

あらすじ:

仕事の休憩中に突然の大地震によって地下に閉じ込められた俺こと久我大和(くがやまと)。

俺はそこで不思議な球体を発見する。カウントダウンが表示される球体に嫌な予感が拭えずそれを破壊した直後、頭の中に不思議なアナウンスが流れた。

その影響で力を手に入れた俺は、崩壊した終末世界ともいえる現実に恐怖で震えつつも現代社会のストレスから解放されたことに気持ちが軽くなるのを感じる。

崩れたビル、誰もいない街、襲いかかるゾンビ、崩壊した世界に一人放り出された俺は手に入れた力を使って生き延びることを決意する。

これは社会から弾かれないように普通の人に馴染むように生きてきたただの〝一般人〟が時に無双し、時にヘタレる、そんな崩壊した日本でのお話

幻想世界でチートサバイバル~俺は主人公じゃありません

私なりの小説紹介:

崩壊した世界で一般人だった主人公が無双していく物語です。

ファンタジーのRPGのようなステータスのある世界で、ゾンビを倒しながら生活していきます。

2021年から執筆が開始された作品ですが、ボリュームもあり、評価も高い作品です!

シリアスなシーンもあります。

 

異世界還りのおっさんは終末世界で無双する

作者:羽々音色

あらすじ:

異世界転移した主人公・柳木薊(ヤナギアザミ)は、物理特化ユニーククラス『サムライ』として勇者パーティーの一員となり、旅の末魔王討伐を果たす。
そして日本へと帰還したが、そこはゾンビ溢れる終末世界と化していた。

異世界還りのおっさんは終末世界で無双する

私なりの小説紹介:

異世界で魔王を討伐した勇者パーティーの前衛として活躍した主人公が日本へと帰還しましたが、日本はゾンビであふれていて…

日本でも異世界で身につけたチートな力を使えるので、チートな能力でゾンビだらけの日本で無双していきます。

作中にはシリアスなシーンもあります。

 

無職マンのゾンビサバイバル生活。

作者:秋津

あらすじ:

とある地方都市に住む主人公。
彼はいろいろあった結果無職になり、実家に身を寄せていた。
持ち前の能天気さと外面のよさにより、無職を満喫していたが、家族が海外旅行に出かけた後、ふと気が付いたら町はゾンビまみれになっていた!

ゾンビ化の原因を探る。
治療法を見つけて世界を救う。

そんな壮大な目標とは無縁の、30代無職マンのサバイバル生活。
煙草と食料とそれなりに便利な生活のため、彼は今日も町の片隅をさまようのだ!
え?生存者?
・・・気が向いたら助けまぁす!

無職マンのゾンビサバイバル生活。

私なりの小説紹介:

無職な主人公が、ゾンビだらけになった都市を探索しつつサバイバル生活を過ごしていく物語です。

ゾンビになった理由を探して世界を救おうとしますが、主人公は聖人ではないので人助けも気まぐれです。

ギャグテイストが多いですが、シリアスなシーンもあります。

 

異世界帰り・オブ・ザ・デッド 帰ってきた現代で始まるゾンビパニックを異世界の能力で生き残れ!

作者:時をかけたい少女

あらすじ:

2024年6月24日
高校で国語の授業を受けていた谷々は何者かによって数名のクラスメートと共に異世界へと飛ばされた。

谷々達はそこで『アビリタ』と呼ばれる異世界の能力を手に入れ、現地の人間の指示により世界の終わりへと立ち向かわされる。

しかし、谷々の授かった能力は他のクラスメート達に比べて極端に弱く、異世界で生き延びるだけで精一杯だった。

そして1年後、どこかの勇者によって魔王は倒され谷々達は無事現実世界へと帰ることになる。


しかし、ようやく帰ることができた現実はゾンビのパンデミックにより凄惨な終わりを迎えていく。

異世界で手に入れた能力を駆使し、残酷な死と隣り合わせの世界で「ゾンビ」や「狂った人間」たちとの生き残りをかけた戦いが始まる。

その先に辿り着くのはこの騒動の真相か、無為の死か。

生存率0.1%の世界で謎に挑む異世界帰りゾンビサバイバル!

異世界帰り・オブ・ザ・デッド 帰ってきた現代で始まるゾンビパニックを異世界の能力で生き残れ!

私なりの小説紹介:

数名で異世界に召喚された主人公は、魔王を倒して地球へと帰還しました。

帰還時に異世界で取得した能力を一部引き継いだ状態で帰還した主人公達がゾンビや崩壊した世界で狂った人達と戦います!

この作品もシリアスなシーンがあります。(考察するパートも多いです。)

 

装甲車をキャンピングカーに改造して旅に出たら、異世界に召喚されました

作者:オオネ サクヤ

あらすじ:

 宝くじで10億円が当たった和斗は、長年の夢だった装甲車を海外から輸入し、キャンピングカーに改造してのんびり旅に出る。が、トンネルを抜けた先にはゾンビの群れがいた。想定外の事態の中、キャンピングカーのドアを叩いたのは美少女=リムリアだった。
「ゾンビをやっつけて!」
 というリムリアの頼みで、ゾンビをひき殺したところ。パラパパッパッパパーー! どこかで聞いたファンファーレが鳴り響き、レベルアップした……のはキャンピングカーだった。
「でもまあ、このステータスがアップしていくキャンピングカーに乗ってたら危険はないか」
 そう安心する和斗にリムリアが頼み込む。
「このゾンビ発生を解決する為に力を貸して!」
 こうして敵を倒す事によってドンドン強くなっていくキャンピングカーに乗って、和斗の旅が始まる。

装甲車をキャンピングカーに改造して旅に出たら、異世界に召喚されました

私なりの小説紹介:

宝くじで大金を当てた主人公が装甲車をキャンピングカー仕様にして購入していたのを受け取り、旅に出てすぐにゾンビが蔓延る異世界へと召喚されてしまいます。

地球へと戻るために召喚者である少女とともにゾンビを倒していきながら、黒幕の討伐を目指します。

キャンピングカーはゾンビを倒すと経験値を得てレベルが上がり、スキルポイントで武器を購入したり、強化することもできます。

他のゾンビ作品にはない独特な物語ですが、読む人は選びそうです。(個人的にはもっと苦労して強くなって欲しいのと物語の展開が早すぎる感じはしました。)

 

じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。

作者:万怒羅豪羅

あらすじ:

「お前は勇者に相応しくない」

勇者として異世界に召喚された俺は、即行で処刑されることになった。

理由は、俺が「死霊術師/ネクロマンサー」だから……

冗談じゃない!この能力を使って、誰にも負けない第三勢力を作ってやる!!

====================

仲間は全員アンデッド!ゾンビの少女、幽霊シスター、首なし騎士……
勇者失格のネクロマンサーが、この世のはみ出し者である死霊たちと、
世界の覇権を目指す異世界アンデッドファンタジーです。
アンデッドが登場する都合、死亡などの残酷な描写を含みます。ご了承ください。

じゃあ俺、死霊術《ネクロマンス》で世界の第三勢力になるわ。

私なりの小説紹介:

異世界に召喚されたまでは良かったものの、死霊術師だった事から処刑されそうになってしまいます…

協力者?によって脱走する事に成功した主人公が死霊達と共に第3勢力として名乗りを上げるために力をつけるストーリーとなっています。

主人公は死霊術師という事で処刑されそうになりましたが、勇者のチートな力を持っています

仲間もゆっくりですが、増えていき、少しずつ成長して増えていく主人公の陣営を見ることができます!

 

うわっ…俺達(アンデッド)って弱点多すぎ…?

作者:夏川優希

ダンジョンで命を落とした俺は気が付くと幽霊になっていた。
俺の肉体はアンデッドに貪り食われて無惨な姿になっているし、ダンジョンから出ることも叶わない。
しかし俺を殺したはずのアンデッドたちは意外にも愉快な奴ばかりで、なんとなくダンジョン暮らしにも馴染んでしまった。
今日も俺たちは冒険者と殺し合いをする傍ら、食レポにチャレンジしたり健康診断を受けたり料理を作ってみたりと楽しい日常を繰り広げる!
だいたい一話完結。

うわっ…俺達(アンデッド)って弱点多すぎ…?

私なりの小説紹介:

冒険者をしていた主人公はダンジョン内で死亡し、実態を持たない幽閉のようなアンデット「レイス」へと生まれ変わりました。

ダンジョンから出ることができない主人公ですが、ダンジョン内のアンデット達と一緒に挑んでくる冒険者を倒して、食料をゲットしていきます!

アンデット達は弱点が多いですが、様々な策を立てて格上の冒険者を狩っていきます!

主人公がゾンビ(レイス)という変わった作品で、内容はコミカルなアンデッド達の日常ものが多いです!

 

世紀末ゾンビ世界でスローライフ

作者:しおじろう

あらすじ:

時は世紀末、地球は宇宙人の侵略を受け
壊滅状態となった。
地球外からもたらされたのは破壊のみならず、
ゾンビウイルスが 蔓延した。

1人のおとぼけハク青年は、それでも
のんびり性格は変わらない、疲れようが
疲れまいが、のほほん生活

いつか貴方の生きるバイブルになるかも
知れない貴重なサバイバル術!

世紀末ゾンビ世界でスローライフ

私なりの小説紹介:

宇宙人の侵略によって崩壊した世界が物語の舞台で、宇宙人は既に撤退しており、置き土産のゾンビウイルスによってゾンビだらけになっています。

主人公が崩壊した世界でサバイバルするのがメインで、人助けをすることもあります!

主人公はかなりマイペースで、ゾンビだらけの世界でもどこかほのぼのとした雰囲気もあります。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

小説家になろう 文字数が多い長編のオススメ10作品を紹介!

今回紹介する作品は小説家になろうの中でも文字数が多い作品達で、長編の作品を一気に読みたい!という方にオススメです!

様々なジャンルの作品を紹介しているので、興味がある作品があれば是非チェックしてみてください。

 

 

レジェンド

作者:神無月 紅

あらすじ:

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世界の魔術師であり、自分達の生み出した魔術を廃れさせない為にそれを継ぐ資格のある者を探していたという。その提案に乗った玲二は、新たなる肉体と強大な魔力を持って異世界エルジィンを生きていく。

レジェンド

私なりの小説紹介:

今回紹介する作品の中でも特に文字数が多い作品で、10巻以上も書籍化されている有名な作品です!

強大な力とチートな道具、チートな相棒(グリフォン)と共に魔物を倒してパワーアップしていく物語で、主人公が敵には容赦しないタイプの性格なので苦手な方はいるかもしれません。

作品の内容的にはファンタジー世界にチートな能力を持って転生したという感じですが、意外と?硬派な内容となっています。

一応、恋愛要素もあります。あと料理要素も意外と多め

 

マギクラフト・マイスター

作者:秋ぎつね

あらすじ:

 世界でただ一人のマギクラフト・マイスター。その後継者に選ばれた主人公。現代地球から異世界に召喚された主人公が趣味の工作工芸に明け暮れる話、の筈なのですがやはり異世界に付きもののあれこれもついて回ると思います。
 普通は性能や装備での劣勢を主人公が技術や技能や精神力やらで跳ね返すのですが、本作ではむしろ性能や装備が相手より上回っています。
 魔法は神秘の力というよりも、物理法則を支配する超物理的な力という扱いをします。
 ですので精霊とか妖精などは多分出ません。

マギクラフト・マイスター

私なりの小説紹介:

偉大なマギクラフト・マイスターの後継ぎとして地球から召喚された主人公は、手に入れた力を使って異世界で自由にマイペースに生活します。

ゴーレムや武器・防具など戦いに使うものからその他の日常で使う魔道具まで、異世界の魔法技術と現代知識を組み合わせて様々なものを生産していきます!(主人公は知識から資源まで現在の水準を大きく上回っております、現在の常識が抜けています。)

主人公が温和な性格をしているので、読みやすい作品だと思います。(物語の中心はゴーレムの作成です。)

 

必勝ダンジョン運営方法 相手に合わせる理由がない

作者:多趣味な平民

あらすじ:

剣と魔法の世界に転生したオッサン。
廃れた世界で彼は現代知識を使って魔道具を作り出し、スローライフを送ることを決意する。
これはエルフや精霊、獣人達と知り合いながら成長していく少年の物語。

必勝ダンジョン運営方法 相手に合わせる理由がない

私なりの小説紹介:

異世界へと転生した主人公は、現代知識を使ってスローライフを目指して活動していきます!

仲間と共にダンジョンを運営する主人公がダンジョンを守るためには手段を選ばずに搦め手を多く使って防衛する作品です。 

ハーレム要素があり、登場人物も多い賑やかな作品となっています。

 

中堅(中年)サラリーマンのまったり異世界産業革命

作者:ゼロ竹

あらすじ:

武雄(35)は気が付いたら魔法あり、魔物ありの中世的な世界に居た。
右も左もわからないまま、人と出会い、人と話し、生活を向上させていく。
ご厄介になっている先の孫娘と婚約していたり、食文化を広げたり、知り合いは大物だったり、仲間を探しに行き大物を引き当てたりしていきます。

中年男性が異世界で基本のんびりと過ごしていきます。
波乱万丈ではない、ちょっと刺激の強い日常を書いていけたらと思います。

中堅(中年)サラリーマンのまったり異世界産業革命

私なりの小説紹介:

異世界に転移した主人公は、地球よりも文明が発達していない異世界で、現代知識を使って国すらも変えていきます!

活動の拠点ははじめに出会った伯爵が収める伯爵領ですが、能力の高さと豊富な知識から国の中心部からも頼りにされます。

内政、商売、料理が好きな方にはオススメで、文字数もかなり多いので読み応えのある作品です!

 

異世界料理道

作者:EDA

あらすじ:

 津留見明日太(つるみあすた)は17歳の高校2年生。父親の経営する大衆食堂『つるみ屋』で働く見習い料理人だった。ある日、『つるみ屋』は火災に見舞われ、父親の魂とも言える三徳包丁を救うべく火の海に飛び込んだ明日太は、そこで絶命してしまう。
 そして気づけば、そこは見知らぬ密林の真っ只中。イノシシにそっくりの野獣ギバに襲われ、『森辺の民』を名乗るアイ=ファという少女に救われた明日太は、そこが異世界だということを知る。

異世界料理道

私なりの小説紹介:

地球で家事に巻き込まれて死んだ主人公が異世界の森の中に転移するところから物語が始まります。

森の中ではギバという名前のイノシシの肉を多く食べて生活していました。 このイノシシ肉は臭みがあり硬い事から町の人々には不評でしたが、地球で料理人の修行をしていた主人公がこの問題を解決していきます!料理以外ではチートな能力はありませんが、異世界で現代知識の料理を作っていきます!

ヒューマンドラマ系の作品で、人と人との繋がりを感じる作品です!(20巻以上も書籍化されています!)

 

男なら一国一城の主を目指さなきゃね

作者:三度笠

あらすじ:

 列車事故で死亡した主人公(45歳サラリーマン)は異世界に生まれたばかりの赤ん坊として転生した。なぜか特殊なスキルも持っていた。自身の才能について検証を行い、そのアドバンテージを生かすため、二度目の人生において主人公は覚悟を決める

男なら一国一城の主を目指さなきゃね

私なりの小説紹介:

タイトルの通り、異世界へと転生した主人公がチートなスキルと前世での知識を活かして1国1城の主を目指すという物語です。

他のファンタジー作品と比べると細かい描写が多いのが特徴で、異世界で現代製品を作るシーンも多いです!

異世界ファンタジーの中でも硬派な感じの作品で、物語の進行はゆっくりですが、個人的には好きな作品です!

 

異世界迷宮の最深部を目指そう

作者:割内@タリサ

あらすじ:

「異世界に迷い込んだ少年は見覚えのない暗い回廊で目を覚まし、魔物にも人間にも殺されかける。その後、彼は元の世界に帰還する為、迷宮の『最深部』を目指すことになる。世界に優遇された全てを利用し、才能ある仲間たちと共に、少年は『最深部』に向かって進み続ける。――そして、迷宮にて待つ『理を盗むもの』たちの『試練』を乗り越えたとき、『貴方』が理無き世界の真実に辿りつく」

異世界迷宮の最深部を目指そう

私なりの小説紹介:

2012年から公開されている作品で、2021年に完結している長編の作品です!

異世界の迷宮に迷い込んだ主人公が地球を期間するために迷宮の最新部を目指すというストーリーで、主人公の能力は一般人よりも高く、同じように能力の高い仲間を集めて迷宮を攻略していきます。(能力至上主義的な所があります。)

今回紹介している作品の中ではシリアスな要素が多い作品となっていますが、小説家になろうでは古くから人気のある作品なので興味がある方はチェックしてみてください。

 

異世界ライフの楽しみ方

作者:呑兵衛和尚

あらすじ:

 いつもと同じ日常。
 ラノベ好きの調理師水無瀬真央(みなせ・まお)と整骨院を経営しているボディービルダーの三三矢善(さみや・ぜん)の二人は、ある日突然真っ白な世界にやって来た。
 創造神のいう事には、真央と善は選ばれた存在であり、1000年に一度訪れる『魂の修練』というものを行うために選ばれたらしい。
 だが、ここで創造神にも手違いというか凡ミスが発生。
 本来ならば『魂の修練』を行うのは選ばれし一人のみ。にも拘わらず、何故か二人も同時に選んでしまったという。
 それはそれでしかたがない。
 ならばその魂の修練とやらをやって見せましょう。
 それでどんなチート能力をくれるんで?
 そう問いかけて帰ってきた答えがこれである。

 二人がやっているMMORPGのキャラクターと同じアバター、同じデータで世界を旅してみろと。
 それはそれで楽しそうであるか、そのあとのおまけがとんでもない一言である。

 でも、もともとは一人分だった加護なので、二つに分けてあるのでうまくやってくれと。
 神様との交渉の結果、それほど強くないチートスキルを俺たちは授かった。
 それでもまあ、ネットゲームで使っていた自分のキャラクターのデータを神様はちゃんと読み取ってくれたらしいし、それを異世界でも使えるようにしてくれたらしいので結果オーライとしておこう。
 ということで、真央と善は神様から与えられた【魂の修練】というものを終わらせなくてはならない。
 終わったら元の世界、元の時間に帰れるということだが。
 それだけを告げて神様はスッと消えてしまった。

「神様、【魂の修練】って一体何?」
 そう聞きたかったが、俺達の転生は開始された。
 しかも一緒に落ちた相棒は、まったく別の場所に落ちてしまったらしい。
 おいおい、これからどうなるんだ俺達。

異世界ライフの楽しみ方

私なりの小説紹介:

1人しか呼ばれないはずの「魂の修練」に2人で呼ばれた主人公達は、1人分のチートを2人で分け合って地球に変える事を目標に魂の修練を行います。(2人で分けてもチートです!)

ほのぼのとした内容も多いので、異世界をまったり楽しみたい方にはオススメです!

長い作品ですが、章の移り変わりが早いのが特徴です!

 

異世界詐欺師のなんちゃって経営術

作者:宮地拓海

あらすじ;

 日本にその名を轟かせた大詐欺師・オオバヤシロ。
 悪運尽きて燃え尽きた彼が転生したのは――『嘘が吐けない巨大な都市』だった。

 嘘を嫌う『精霊神』により嘘吐きは【カエル】にされてしまう世界で、ヤシロは詐欺師として培った口先の上手さで成り上がっていく!


 異世界に転生した主人公が、『現代の知識』と『屁理屈』を武器に、巨乳美女を助けたり、極貧食堂を立て直したり、最底辺地区の生活環境を改善したりする物語。

異世界詐欺師のなんちゃって経営術

私なりの小説紹介:

日本では「大詐欺師」として有名な主人公が、嘘をつくとカエルにされてしまう異世界へと転生されてしまいます。

嘘をつくことはできませんが、詐欺で養った口の上手さは異世界でも健在で、現代知識と口の上手さ(屁理屈)を活かして異世界で生活していきます。

タイトルから与えられるイメージよりはほのぼのとした作品ですが、読む人を選ぶかもしれません。(意外と人助けをしたりもします。)

小説家になろうでは珍しいコンサルティングの要素があるのが個人的にオススメポイントです!

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

Amazonが運営する月額制読み放題サービス「Kindle Unlimited」の紹介!

今回はAmazonが運営している月額980円で対象の電子書籍が読み放題になるサービス「kindle unlimited」を紹介していきます。

kindle unlimitedは初回は30日間無料で試すことができるので、実際に試してみる事ができるのも特徴です! 

読み放題の対象書籍数も他のサービスよりも多く、ジャンルも多様です!

そんなkindle unlimitedについて詳しく紹介していきます。

 

 

kindle unlimitedの基本情報について

kindle unlimitedの読み放題対象冊数と月額料金は下の表の通りになっています。

対象冊数 約200万冊(和書12万冊以上)
月額料金 980円(税込)

グローバル企業であるAmazonらしく、英語の書籍の方が多く読み放題の対象となっていますが、和書だけでも12万冊以上が読み放題の対象となっています。

読み放題の対象冊数は国内のサービスでも最も充実しています。

読み放題の対象となる書籍は定期的に入れ替わるものもあり、いつでも同じ書籍が読める訳ではありませんが、逆に新しい書籍が追加される事もあります。

ビジネス書、技術書、図鑑、コミック、ライトノベル、小説、雑誌など様々なジャンルの作品が読み放題の対象となっています。

kindle unlmitedに加入する事で時間や場所を選ばずに様々なデバイスで簡単に読む事ができるのがメリットで、紙の書籍と比べて通勤中でも読みやすいです!

Prime Readingとの違いは??

Amazon Prime会員が利用できるPrime Readingという似た名前のサービスがありますが、完全に別物のサービスです。

Prime Readingは1,000冊以上の書籍・雑誌が読み放題の対象となっていますが、kindle unlimitedは200万冊以上の書籍・雑誌が読み放題と圧倒的にkindle unlimitedの方が読み放題の対象は多いです。

Prime Readingで読める書籍・雑誌は少ないですが、Amazon Prime会員の多くの特典の1つとして考えると十分な特典です!(Prime ReadingはAmazon Prime会員の付属サービスなので、Prime Reading単体での契約はできません。)

Amazon Prime会員についての記事も書いているので興味がある方は是非チェックしてみてください。

www.rotation-life.com

kindle unlimitedのメリット

kindle unlimitedの主なメリットは以下になります。

・対象冊数は200万冊以上(和書は12万冊以上)と他の類似サービスよりも多い

・月額980円と書籍約1冊分とたくさん読む方にとってはコスパ良し

・初回は30日間の無料体験が可能

・DLする事でオフラインでも読書可能

・月額料金よりも高価な本も読める!

・幅広いジャンルの書籍の取り扱い

※無料体験は自ら解約しない限りは自動継続で課金されます。

kindle unlimitedは月額が約1,000円と月額制の読み放題サービスとしては高めの料金設定ですが、書籍1冊分くらいの料金で和書だけで12万冊以上という多くの書籍が読み放題になるので、本を多く読む方にはコストパフォーマンスが高いサービスです!!

とにかく対象の作品が多いので、様々なジャンルを取り扱っているのが最大の特徴で、こんなのも?という書籍も多く対象となっています!(個人的には技術書が意外と充実しているのがポイントが高いです。)

特に初回は30日間無料体験ができるので、気軽に登録して試すことができるのがオススメポイントです!

Amazon会員の方は簡単に登録することができるので、試した事が無い方は是非試してみてください!!

 

ここまではメリットを書いていきましたが、これからはkindle unlimitedのデメリットも見ていきます。

kindle unlimitedのデメリット

kindle unlimitedのデメリットは主に以下のようになります。

・意外と対象の書籍が少ない

・ラノベ・コミックなど連載書籍は1巻や2巻など序盤のみ読み放題の対象となる事もあり

・購入した場合とは違い、解約後に読み返す事が不可

電子書籍のサービスなので、「紙の書籍が良い!!」という方には向かないサービスとなっています。

和書だけで約12万冊と数多くの書籍が対象作品となっていますが、意外と読みたい作品が対象になっていない事も多いです。(特に新刊は対象となる事は少ないです。)

ラノベ・コミックなどは初めの数巻だけが読み放題になる事が多く、最後まで読み放題になっている作品は少ないです。

このようにデメリットもありますが、初回は30日間は無料で試すことができるので、是非試してみて使用感や向き不向きを確認してみてください!

まとめ

初回30日間は無料で体験することができるので、とりあえず登録して試してみていただきたいサービスです!

画面が大きいタブレットなどの方が読みやすいですが、スマートフォンでも問題なく利用することができ、場所を選ばずに読むことができます!

様々なジャンルの本を読みたい方や1ヵ月に多くの本を読む方には特にオススメのサービスですので、是非試してみてください!

kindle unlimitedへの登録はコチラから

 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

小説家になろう 2021年末時点では少しマイナー?な未書籍化のオススメ作品の紹介! あまり知られていなくても面白い!!

今回紹介するのは2021年末時点で書籍化されていない・発表されていない少しマイナー?目な作品たちです!

書籍化されている作品に面白い作品が多いのは小説家になろうを長く読んでいる方はご存じだとは思いますが、書籍化されていなくても面白い作品は多くあります!!

個人的に凄く好きな未書籍化を紹介していきます!(それなりにボリュームのある作品をピックアップしています!)

2022年にはここで紹介した作品が多く書籍化されると嬉しいです!

※紹介時点で総合評価10,000pt以下、未書籍化の作品が対象です!

ジャンルが偏っている・・? 私の好みです!

 

 

異世界で始める飲食巡り~誰でも使える魔法の作り方~

作者:正岡千之

あらすじ:

 中小企業の飲食店で店長をしていた桐原 瑞希は通勤途中に変わった白い猫に出会う。
 ブラックな職場から一転、魔法が使える異世界に。
 一人の若者と、一匹の妹?
 兄妹二人は異世界トーラスで今日も仲良く料理を作る中、様々な騒動に巻き込まれる。
 瑞希はどんな料理を作るのか、妹はどんな料理を食べるのか、二人は食を楽しみ生きていく。

◇◇◇

「お主はわしが何者か知りたいのか?」

「お前に変わりないんだったら何でも良いさ」

◇◇◇

「わしからすればそっちの方がよっぽど魔法より不思議じゃよ」

「なら俺も魔法使いかもな!」

◇◇◇

 料理をしたり、食事をしたり、たまに戦闘もあります。

異世界で始める飲食巡り~誰でも使える魔法の作り方~

私なりの小説紹介:

タイトル通りに料理がメインの作品で、現代の食を異世界へ持ち込んで再現したり、現代知識を使って問題を解決する事もあります。

料理人としてだけではなく、冒険者として活動して戦闘したり、食材の新しい使い方を教えたりと料理以外の面でも面白い作品となっています!

2021年末時点で100万文字を超えており、ボリュームがあります!

ほのぼのとした作品で非常に読みやすい作品ですので、是非チェックしてみてください!

 

【マイルド】異世界 きまぐれぶらり旅~奴隷ハーレムを添えて~

作者:砂糖

あらすじ:

元気にニートしていた羊平は、暇つぶしでハッキングをしていると怪しげなファイルを発見する。
そして気付けば異世界への転移をすることになったのだった。
特に目的もなく転移に同意したのだったが、とある目標が出来て…。

「そうだ、奴隷ハーレム作ろう」

煩悩まみれの男が異世界でフラフラする物語。

・向いている方
少しずつ成長していくのが好きな人
地味めな戦闘描写が好きな方
ステータスやスキルは強さの要素の1つにすぎないというのが好きな方
テンプレよりは少しハードな異世界が好きな方
仲間がぽんぽん増えすぎないで欲しい方
根無し草に憧れる方(?)

※注意※
山なし落ちなしでダラダラ続いていきます。物語の完結を目指してません。
物語の進行はひじょーーーにゆったりです。成長もゆっくり。俺tueeee成分は控えめ。
最初は金に追われています。力を付けると段々気まぐれに旅しはじめます。
ラブラブだけど一応奴隷とかではなく、金で買うガチの奴隷です。

【マイルド】異世界 きまぐれぶらり旅~奴隷ハーレムを添えて~

私なりの小説紹介:

異世界に転移した主人公が奴隷ハーレムを目指しながら異世界で冒険者として活動する作品で、チート持ちではないので試行錯誤しながら冒険者として活動するのが好きな方には非常にオススメです!

奴隷ハーレムを目指してはいますが、まったりと物語が進むので奴隷が増えるペースもゆっくりです!

こちらの作品も100万文字を超えており、ボリュームのある作品となっています!

 

【真】ご都合主義で生きてます。世界を変えるなら冒険よりも商売で。-ストレージは最強の創生魔法。果報は寝て待つ-

作者:Germi

あらすじ:

魔法は5属性、無限収納のストレージ。
自分の望んだものを創れる『創生魔法』が使える者が現れたら。

35歳でこの世を去った佐藤は、異世界の女神により転移を誘われる。
そして女神が授けたのは、想像した事を実現できる創生魔法だった。

安定した収入を得るために創生魔法を使い生産チートを目指す。
いずれは働かず、寝て暮らせる生活を目指して!

冒険者?いいえ無理です。
生産系に走ります。

【真】ご都合主義で生きてます。世界を変えるなら冒険よりも商売で。-ストレージは最強の創生魔法。果報は寝て待つ-

あらすじ:

この作品はチートなスキルを持つ主人公で、容量無制限の収納魔法や材料があれば何でも作れる想像魔法を使って異世界で生計を立てていきます。

チートな生産スキルを使った商売がメインですが、冒険者として活動する事もあります!(料理要素も多いです!)

とてつもないチート能力持ちですが、主人公は無自覚系チートです。

異世界にはない現代の画期的な品々を想像してお金を稼いでいきます!(食料・家具・アイデアと色々出てきます)

 

テンプレな異世界を楽しんでね♪~~元おっさんの異世界生活~~

作者:永倉伊織

あらすじ:

神の力によって異世界に転生した長倉真八(39歳)、転生した世界は彼のよく知る「異世界小説」のような世界だった。


転生した彼の身体は20歳の若者に、精神は何故か39歳のおっさんのままだった、こうして元おっさんとして第2の人生を歩む事になった彼は

異世界小説でよくある展開、いわゆるテンプレな出来事に巻き込まれながらも、出逢いや別れ、時には仲間とゆる~い冒険の旅に出たり、授かった能力を使いつつも普通に生きていこうとする、おっさんの物語である。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本作は主人公が異世界で「生活」していくのがメインのお話しなので、派手な出来事は起こりません。

魔法はあっても、その魔法を使って魔物の首をスパッ!とかも今の所予定にありません。そもそも魔物と戦うのだろうか?

物語の進みが遅めなので、1章はチュートリアル的な説明や確認するお話が多く、1話あたりの文字数も少なめです。

テンプレな異世界を楽しんでね♪~~元おっさんの異世界生活~~

私なりの小説紹介:

この作品は冒険者としてファンタジー世界を冒険するようなワクワクする作品ではないですが、日本の製品を取り寄せる事ができる主人公が商会を立ちあげて商売を中心に物語が進んでいく面白い作品です!

チートなスキルを持ちながら何処か抜けている主人公が周囲の人々に支えながら現代知識・製品を使った商売を行います。

たまに異世界らしい冒険もありますが、戦闘シーンはほとんどありません。

特に料理・酒・美容品の登場シーンが多いので、気になる方は是非チェックしてみてください。

 

【異世界ショップ】無双 ~廃絶直前の貴族からの成り上がり~

作者:クロン

あらすじ:

転生したら貴族の長男だった。
ラッキーと思いきや、未開地の領地で貧乏生活。
下手すれば飢死するレベル……毎日食べることすら危ういほどだ。
幸いにも転生特典で地球の物を手に入れる力を得ているので、何とかするしかない!

「大変です! 魔物が大暴れしています! 兵士では歯が立ちません!」
「兵士の武器の質を向上させる!」
「まだ勝てません!」
「ならば兵士に薬物投与するしか」
「いけません! 他の案を!」

くっ、貴族には制約が多すぎる!
貴族の制約に縛られ悪戦苦闘しつつ、領地を開発していくのだ!

「薬物投与は貴族関係なく、人道的にどうかと思います」
「勝てば正義。死ななきゃ安い」

これは地球の物を駆使して、領内を発展させる物語である。

【異世界ショップ】無双 ~廃絶直前の貴族からの成り上がり~

私なりの小説紹介:

この作品の主人公は餓死しそうなくらいの貧乏領地を継承する事になりますが、「異世界ショップ」という現代の商品を取り寄せる能力を使って領地を立て直そうと試みます!(主人公は転生者で前世は日本人です。)

食料から武器まで様々な物を取り寄せる事ができます!

問題はスキルで解決!という感じで、異世界で現代の製品が活躍するのを楽しむことができます!

 

異世界ネットショップマスター

作者:グランクリュ

あらすじ:

異世界でスキルのネットショップを使って、チートしていく喫茶店マスターの物語です。
異世界物ですが戦う事は基本ありません。
魔法はありますが、主人公は得意では無いです。
異世界でもコーラとハンバーグは人気です。
ネットショップとアイテムボックスを使い、仲間達と異世界で商売をしていきます。

異世界ネットショップマスター

私なりの小説紹介:

この作品は現代の商品を現地のお金を使って購入する事ができる能力を持って転移した主人公がのんびりと異世界で商売をする物語です。

チートなスキル持ちですが、大金を稼ごうとせずに好きなように商売しているのが特徴です!

料理・お菓子・酒・美容品など様々な商品が登場する作品です。

 

異世界シルクロード(Silk Lord)

作者:秋ぎつね

あらすじ:

絹(シルク)研究会所属の村田アキラは、神隠しに遭って異世界へ転移してしまう。
その世界で彼は、研究会で培った知識を人々のために役立てようと決意。
彼の取った行動とは……?
楽しく読んで理科系・工芸系知識もいろいろ身に付くラノベを目指して。
注:昆虫苦手な人にはお勧めできません……。

異世界シルクロード(Silk Lord)

私なりの小説紹介:

この作品は「シルクロード」というタイトルの通り、絹がメインになる作品ですが、魔法が発達した世界で科学の力で再現した道具も開発していきます。

異世界で絹産業を興していく途中で現代でも使われているような様々な道具が出てくる面白い作品です!

ただ、絹を作るための蚕(かいこ)が出てくるので虫が苦手な方はキツイかも…?

 

いつの間にか異世界にいたけど超絶性能なアイテムボックスがあるからなんとかいける気がする

作者:朝倉牧師

あらすじ:

 会社帰りにコンビニに寄り、弁当買ってさあようやく家に着いたぞと思ったこの俺、鞍井門(くらいど)颯真(そうま)は、何の因果かいきなり異世界に飛ばされちまった。
 お約束の説明キャラなんて出て来やしねえ。そのおかげで俺はなんでこんな目に遭ってるのかすらわからないときた。理不尽すぎるぜ。
 そうだよ、ネットで頼んでた今日到着予定の酒や玩具!! 手を伸ばしてた宅配ボックスにあったはずなんだ!! と思わず叫んだら変な板が目の前に現れた。
 アイテムボックス? 収納ボックス? ネットショップ? なんだこれ?
 とりあえず、これを使えばなんとかなるか?
 そう思った俺に突き付けられた衝撃の事実。転・売・禁・止!!
 まあ、それでもいろいろやりようはあるみたいだ。俺はこのアイテムボックスを使ってこの世界で生きていくしかないな。

いつの間にか異世界にいたけど超絶性能なアイテムボックスがあるからなんとかいける気がする

私なりの小説紹介:

日本のネット通販から現代製品を取り寄せる事ができるスキルとアイテムボックスを持って異世界へ転生した主人公が異世界で好き勝手に活動する物語です!

一応、スキルで購入した製品はそのまま転売できないという制限がありますが、抜け道が色々とあります。

 

31日間無料で利用できる動画サービス「U-NEXT」では、小説家になろうからアニメ化された作品もほとんど全て見ることができます!

無料で31日間は利用できるので、興味がある方は是非登録してみてください。(解約しないと自動継続されるので注意が必要です。)

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

【スポンサーリンク】