人生を加速させたい。

人生に変化を求めている20代前半の社畜です。ニッチな記事を書いていければいいと思います。

【スポンサーリンク】

小説家になろうおすすめ作品紹介! ~戦記・戦争編~

今回紹介する小説家になろうのおすすめ作品のジャンルは戦記になります!

戦争のための内政部分や変化球的な要素が多いものも色々と集めてみました!

戦記というジャンルの関係上、シリアスな作品が多いので、好き嫌い別れるかと思いますが、読みやすい作品も混ぜてみましたのでぜひ読んでみてください!

 

 

ウォルテニア戦記

作者:ホー

あらすじ:

 青年が召喚された異世界は乱世だった。
 絶対王政の世界。
 選民意識に凝り固まった特権階級と世俗にまみれた宗教。
 青年は自分の正義を胸に行動を起こす。

ウォルテニア戦記

私なりの小説紹介:

戦争に勝つための駒として異世界に召喚された青年が召喚した国を無理矢理脱出して元の世界に帰る方法を探るところから物語が始まります。

世界観としては、よくある魔法と剣のファンタジー世界という感じです。

主人公は味方には優しいですが、敵には冷酷で、自身も高い戦闘力を持っており、敵将と一騎討をすることもしばしば…

戦争のシーンが多いですが、内政や外交などのシーンも描かれており、読み応えのある作品だと思います!(個人的には内政や外交シーンが好きです!)

シリアスなシーンも多いですが、引き込まれるような魅力的な作品ですので是非読んでみてください!

クロの戦記

作者:サイトウアユム

あらすじ:

 ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。
それは異世界――現代日本からやって来たことだった。
現代日本の価値観と知識を武器に目指せ! ハーレムキング! 
まずは千人の部下を率いて、一万の大軍を打ち破るべし!

なお、戦闘は第2部中盤から、それまでは内政メインでストーリーが進行します。

クロの戦記

私なりの小説紹介:

異世界の知識を持った主人公が、異世界で部下を率いて戦争を行うストーリーになっています。

序盤は内政や世界観の説明になっていますが、そこからは定期的に戦争のシーンがあるので、戦記!!という感じを楽しみたい方にはおすすめの作品になります!

日常シーンや恋愛シーンも割と多めなのが特徴だと思います!

ユグドラシルの樹の下で

作者:paiちゃん

あらすじ:

 俺の姉貴は1歳違いで隣に住んでいる。本当の兄弟じゃないけど、生まれたときから世話になってるらしい。そんな姉貴には密かな願いがあったようだ。異世界で暮したいって、そんな願いに俺は巻き込まれてしまった。さらには、異世界には危険が一杯って……なんでそんなの持って来るんだよ。っていうか、何処で手に入れた!まあ……、異世界なら仕方ないかなって俺も流されてるし。とりあえず姉貴と2人でなんとかこの世界で暮していかないと……。
 こんな決心で異世界暮らしを始める男の子の物語です。

ユグドラシルの樹の下で

私なりの小説紹介:

幼馴染のお姉さんと一緒に異世界へ転移した青年が冒険者となり異世界に大きな影響を与えていく物語になります!

冒険者としての生活が主になりますが、王族と仲良くなり戦争に参加したり世界の危機を救うために戦ったりします!

戦争時には作戦立案など深くまで関わっているので、紹介してみました。

純粋な戦記ものではないですが、小説としても面白く読みやすいので是非読んでみてください。

三大陸英雄記~現代知識による帝国再建記~

作者:桜木桜

あらすじ:

 日本という国で生まれ、育ち、死んだという前世を持っていた少年エルキュールが生まれたのは……衰退の一途を辿る帝国の皇室であった。
 この帝国、かつては超大国として世界に君臨していたが……今では財政が破綻し、軍事力の低下によって蛮族に領土を荒らされ、挙句毎年のように貢納金を周辺国から絞られるという、国としてはオワコン状態になっていた。

 しかもまともな後継者がエルキュール少年しかいない!

 「えー、逃げ出しちゃだめ?」
 「ダメです」

 斯くして十二歳という若さで即位したエルキュール少年。
 エルキュール少年は前世の知識を生かして、税制改革を行い、産業を興し、財政を立て直し、行政を再整備し、軍制を改革して……帝国の立て直しに奔走することになる、

 これは後にレムリア帝国中興の祖、三大陸の覇者『聖光帝』エルキュール一世として歴史に名を残す、若き皇帝の物語。
 
 というコンセプトの内政、戦記モノです。
 農業器具の開発やボーンチャイナの開発など、テンプレ的な内政も行いますが……
 どちらかというと、税制改革や軍制改革などが主になります。

 主人公はマキャヴェリズム的君主なので、少々癖がありますが、好きな人は好きになれると思います。

 ちなみに、一応モデルはビザンツ帝国です。
 ですので西欧、東欧、中東、北アフリカ(っぽいところ)辺りを主な舞台とします。

三大陸英雄記~現代知識による帝国再建記~

私なりの小説紹介:

衰退していく帝国の皇帝となる事になってしまった主人公が内政を行なったり戦争を起こしたりと帝国の勢力を拡大していくストーリーになります。

主人公は基本的にはやる気がないですが、スイッチが入ると急に働き出します。

主人公の性格としては成果主義で目的のためには手段選ばない面があります。嘘をつくのも日常茶飯事なので、苦手な方もいるかもしれません。

戦記ものの中では読みやすい作品になっているので是非読んでみてください!

傭兵の国取り物語

作者:ドラキュラ

あらすじ: 

2年前に崩御した王の生きた証を書いてくれ、と病床に伏せる女王から頼まれた将軍補佐官ランドルフ。

女王が頼んだ王は、傭兵王と謳われた男。

5大陸を全て統一した男は傭兵だったのだ。

ランドルフは史書を書きながら、王と出会った場面を思い出した。

まるで、過去に戻ったような気になりながら・・・・・・・・・・

傭兵の国取り物語

私なりの小説紹介:

現代で傭兵をやっていた主人公が異世界で大陸を統一するまでの戦いを部下が記したものを回顧しているものになります。

主人公は異世界から近代的な武器を仕入れることができ、それを駆使して軍隊の強化を行っていきます。

物語が進んでいくとプロペラ機や戦車も出てくるようになります。

異世界×近代武器という一風変わった作品ですが、かなりの長編で面白い作品となっているので、是非読んでみてください!

火刑戦旗を掲げよ!

作者:かすがまる

あらすじ:

勇者は戦死し、1人の男が火刑に処された。窮地の王国を救い大陸に平和をもたらしたのはその男だったというのに。時が流れ辺境に1人の不思議な子が生まれる。名をマルコ。再びの戦乱に軍を率いて武名を轟かせるその在り様は、かつて炎の中に殺された男と酷似していた。

火刑戦旗を掲げよ!

私なりの小説紹介:

戦争で王国を救った男が火刑にて処刑された後に生まれ変わるストーリになります。

序盤~中盤は内政が中心になりますが、終盤に進んでいくにつれて戦記っぽくなっていきます!

個人的には好きな作品で、完結されているので読みやすいと思います!

終わり方はちょっと好みが分かれるかもしれませんが…

黒の魔王

作者:菱影代理

あらすじ:

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文芸部の部室で謎の頭痛に襲われ気絶。次に目覚めた時には……。剣と魔法、モンスターの闊歩するオーソドックスな異世界召喚モノ!

黒の魔王

私なりの小説紹介:

小説紹介は普通の異世界ファンタジーの作品に見えますが、かなりダークファンタジーです。

今回紹介している作品の中でも最もシリアスなシーンが多い作品になります。(特に主人公が成長するまでの序盤は辛いです)

物語が進んでいくと、マイルドになっていく部分はありますが、シリアスが苦手な方には向かない作品だと思いますが、興味がある方は是非読んでみてください!

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございました。

【スポンサーリンク】