人生を加速させたい。

人生に変化を求めている20代前半の社畜です。ニッチな記事を書いていければいいと思います。

【スポンサーリンク】

小説家になろう おすすめ作品紹介! テイマー・従魔編

今回紹介する小説家になろうのオススメ作品は、テイマー・従魔のジャンルです!

テイマー物は「追放・ざまぁ」が多い印象がありますが、テイムした魔物(作品によっては生き物)がいるので明るい作品が多いです。

投稿されている作品数はあまり多くありませんが、おすすめの作品を紹介していきたいと思います。(面白い作品があれば都度追記しているため、おすすめ順にはなっていません。)

 

 

とんでもスキルで異世界放浪メシ

作者:江口 連

あらすじ

異世界召喚に巻き込まれた俺、向田剛志(むこうだ つよし)。
ステータスの鑑定で俺以外の3人の召喚者は職業欄に『異世界からやって来た勇者』となってるのに、俺だけ『巻き込まれた異世界人』となっていた。
スキルも聖剣術とか聖槍術とか聖魔法とかいろいろすごいのがそろっている。
それなのに俺のは固有スキルで『ネットスーパー』だけだった。
戦闘スキルじゃない俺はすぐさま役立たず的な扱いに。
しかも、召喚した国の王様の言い分がいかにも胡散臭い。
ネット小説を読むのを趣味にしていた俺は、諸々を総合した結果『ダメだ。これはあかんタイプの異世界召喚だ。』という結論に至った。
そして俺は召喚されたその日のうちに何やかや言いくるめて城から逃げ出したのだった。

とんでもスキルで異世界放浪メシ

私なりの小説紹介:

テイマー×料理というジャンルの小説になります。

異世界の料理を目当てにテイムされたチートな従魔たちと冴えないオッサン(料理番)のグルメ旅です!

異世界の品々に惹かれたのは従魔だけではなく、神様も!?

という感じのストーリです。

シリアスシーンは一切ないですし、サクサクでご都合主義なので読みやすい作品となっています。

レジェンド

作者:神無月 紅

あらすじ 

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世界の魔術師であり、自分達の生み出した魔術を廃れさせない為にそれを継ぐ資格のある者を探していたという。その提案に乗った玲二は、新たなる肉体と強大な魔力を持って異世界エルジィンを生きていく。

レジェンド

私なりの小説紹介:

グリフォンの従魔をテイムした主人公の王道ファンタジーの物語です。

正確には従魔ではないので、従魔が増えることはありません。

かなりの長編ファンタジーで、主人公の性格が尖っている(的には容赦がない&態度が大きい)事もあり読者を選ぶタイプの作品だと思います。

内容としては、戦闘シーンが多くを占めていますが、食べ物や恋愛要素もあります。

面白い作品なので是非読んでみてください!

神達に拾われた男

作者:Roy

日本に生まれた運の悪い男は、39でその一生を終えた。
しかし死後、三柱の神に協力する代わりに異世界で新しい人生を送ることになる。

神達に拾われた男

私なりの小説紹介:

前世で神のミスにより苦労したので、他の神により異世界転移したおっさんの話です。

従魔はスライムが主ですが、ストーリーが進むに連れてテイムする種類も増えていきます。

多才な主人公が色々なものに手を出していくストーリになりますが、主軸はスライム?になります!

冒険者をしたり、掃除をしたり、商売をしたり、料理を作ったりと大忙しです!

主人公の性格が穏やかなので、読みやすい作品になっていると思います。(最近アニメ化もされたようです。)

 エノク第二部隊の遠征ごはん

作者:江本マシメサ

あらすじ

遠征部隊に配属となった衛生兵のメルは、支給される保存食の不味さに悶絶する。
パンは酸っぱく石の如く。干し肉は無味無臭で噛み切れない。
生命の危機を覚えた衛生兵は、一人立ち上がる。
これは、エルフの少女メルが、森暮らしの知識と経験を生かし、遠征先で美味しい食事を食べようと奮闘する物語である。

エノク第二部隊の遠征ごはん

自分なりの小説紹介:

この小説は、題名から分かる通り料理がメインになりますが、従魔も多く出てきます。

物語もサクサク進んでいるので読み進めやすいと思います。

何故か、幻獣に好かれる主人公による遠征記になります!

料理がメインの物語なので、ほのぼのしているので癒されると思います!

神竜帝国のドラゴンテイマー、無能だと追放されたので竜姫のもとでスローライフを送る〜俺がいなくなった途端に帝国全土のドラゴンたちが言うことを聞かなくなった? こっちは竜姫と楽しくやってるから今更遅い〜

作者:八茶橋らっく

あらすじ

神竜帝国の宮廷に仕えるドラゴンテイマーのレイドは帝国軍の主戦力であるドラゴンたちを一人で管理し、愛情を持って育てていた。

しかしある時レイドは皇帝からクビを宣告されてしまう。

「我が帝国のドラゴンたちは従順で誰にでも世話ができる。貴様など給料泥棒に過ぎぬ!」

「今までドラゴンたちが大人しかったのは、心を通わせる術を持つ俺が世話を続けてきたからです」

レイドは自分がいなくなればドラゴンが国防を担うこの国は大変なことになると説得するが、皇帝や宰相たちはレイドを問答無用で国外追放処分を下す。

そして国を出たレイドの元に一人の少女が現れた。

彼女は人間に変身した竜姫でかつてレイドに助けられたことがあり、恩を返したいのだと言う。

それからレイドは竜姫の手引きで秘境にある竜の王国へと連れて行かれ、そこで竜たちの世話をしながら何一つ不自由なくのんびりと暮らしていく。

一方レイドを追放した帝国では翌日、怒り狂ったドラゴンたちが暴れて宮廷を壊滅させていた……。

神竜帝国のドラゴンテイマー、無能だと追放されたので竜姫のもとでスローライフを送る〜俺がいなくなった途端に帝国全土のドラゴンたちが言うことを聞かなくなった? こっちは竜姫と楽しくやってるから今更遅い〜

自分なりの小説紹介:

最近流行りの「ざまぁ」を含む作品で、期間別のランキングでも上位にランクインしてました。

物語は分かりやすく、帝国で冷遇されていたドラゴンテイマーの主人公が経費削減のために追放されてしまいます。

その後、ドラゴン達が言うことを聞かなくなったため主人公を連れ戻そうとしますが、主人公は既に竜の国にいて… という「追放 ざまぁ系」の作品としてはテンプレの流れでストーリーが進んでいきます。

1話は短く、読み切りやすい作品なのでスキマ時間に読むこともできると思います。

宮廷テイマー、コストカットで追放されて自由を得たので未開拓領域に使い魔の楽園を作ることにする ~竜も馬も言うことを聞かなくなったから帰って来いと今更言われても……もうエルフと同盟を結んだので……~

作者:すかいふぁーむ

あらすじ

宮廷テイマーが使い魔と楽園をつくるまで

◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦
「聞こえなかったかね? 君はクビだと言ったのだよ、ユキアくん」

宮廷テイマーとして国に仕えていたユキアは、ある日突然解雇を宣告される。
さらに国家を欺き続けた濡れ衣まで着せられ国外追放処分、暗殺者に追われる事態になってしまう。

「私は代々受け継がれてきた使い魔たちのテイムを行っております。私が任を解かれれば、竜や魔獣は抑えが効かず飛び出すでしょうし、馬なども言うことを聞かなくなるかと」
「でたらめを言うな!」

説得虚しく国を追い出されるユキアは家族とともに北の未開拓領域を目指した。

「ちょっと不便かもしれないけど、色々テイムして整備していけば未開拓の森も過ごしやすくなると思うから」
「わかってますよ。兄さんならそのくらいやることは」

母と妹、従者のロビンさんとともに新天地を目指して走り出す。
そこでユキアは様々な生物をテイムして使い魔の楽園を築き上げていく。

一方ユキアを追い出した貴族たちは、ユキアの宣言どおり言うことを効かなくなった宮廷の生物たちに大損害を与えられ大目玉を食らうことになる……。

これは国を陰ながら支えていたテイマー一族が自由を得たことで世界を巻き込んでいく事態に発展する物語。

宮廷テイマー、コストカットで追放されて自由を得たので未開拓領域に使い魔の楽園を作ることにする ~竜も馬も言うことを聞かなくなったから帰って来いと今更言われても……もうエルフと同盟を結んだので……~

私なりの小説紹介:

テイマーとして王国に仕えている主人公がコストカットのため、王国から追放されるシーンから物語は始まります。

家族と一緒に王国を追い出された主人公が、未開拓地域でチートなテイム能力を使ってエルフ達と同盟を組んで生活を行う一方、王国は主人公を追放したことにより生き物が言うことを聞かなくなり…

タイトルから分かるように「ざまぁ」要素を強く含む作品となっています。

本作品の作者である、すかいふぁーむさんはテイマー関係の作品を多く執筆されているので、作品一覧から他の作品も読んでみてください。

勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う

作者:深山鈴

動物を使役するビーストテイマーのレインは、勇者のパーティーとして戦ってきた。しかし、他に取り柄のないレインは次第に戦いについていけなくなる。「動物を使役するだけのキミは役立たず以外の何者でもない。クビだ」。ついに、レインはパーティーを追放されてしまう。これからは、世界を救うとか関係なく、自由に生きてみよう。レインは冒険者になることを決めるが……そんな時、運命の出会いをする。一方で、勇者のパーティーは気づいていなかった。今まで魔王軍と戦うことができたのは、レインの力によるものが大きいということに。これは、虐げられていたビーストテイマーが、運命の出会いを果たして、真の仲間と絆を紡ぐ物語。

勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う

私なりの小説紹介:

動物を使役して戦うビーストテイマーの主人公は、勇者パーティーの一員として活動していましたが、実力不足からパーティーを追放されてしまいます。

追放された後にソロで活動を始めますが、ソロで活動し始めてすぐに最強種の一角に出会います。

追放後は仲間を増やすパートがしばらく続き、他の「ざまぁ」作品と同じように勇者サイドの話も書かれています。

テイマー関係の作品の中では古くから連載されている作品なので非常にボリュームがあります。

迷宮帝国の作り方 ~前世の記憶に目覚めた万能錬成術士、安全なダンジョン内で村作りはじめました。……あれ、なんか人増えてない?~

作者:しゅうきち

この世界はまもなく滅亡する。

ある日、しがない錬成術士の青年ニーノは前世の記憶を取り戻し、自らの世界がとあるゲームそっくりだと気づく。
そして極悪難関な人類壊滅ルートを邁進中だという事実にも。

しかしそれを説明したところで、誰一人信じてくれるはずもない。
それでもと足掻いてみたが、あえなく失敗に終わり罪人として捕まりかけてしまう。

間一髪で王都から逃げ出したニーノは、ゲームでの初期スタート地点であった村へとたどり着く。
ニーノが目的としたものは、村のすぐ近くに隠されていたダンジョンであった。

地上が火の海に呑まれるなら、地下に住めばいい。
その発想を元に、万能に近い錬成の力を手に入れた青年は安全な拠点づくりに着手する。
滅びに向かう世界で、せめて身近な人だけでも救おうと。
だが祖国を追われた人々が次第に集まり、ただの拠点作りはニーノの思惑を超え、いつしか巨大な国造りへと変わっていく。

そんなわけで、さくっと錬成、さくさく開拓の始まりです。
※人が増えるのは話数が結構進んでからです。

迷宮帝国の作り方 ~前世の記憶に目覚めた万能錬成術士、安全なダンジョン内で村作りはじめました。……あれ、なんか人増えてない?~

私なりの小説紹介:

タイトル名からは想像しにくいですが、物語が始まってすぐに従魔士のヒロインとであるのでピックアップさせていただきました。

ゲームの中の世界に転生した主人公が滅亡する世界から逃れるために、ダンジョン内に居住しようとダンジョンを開発するストーリーとなっています。

物語の中でも、テイムに関する描写が多くテイムが重要なファクターとなっているので、テイム物が好きな方にも楽しめる作品だと思います!

 

興味があれば他のジャンルのおすすめ作品もご覧ください!

www.rotation-life.com

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

【スポンサーリンク】