人生を加速させたい。

人生に変化を求めている20代前半の社畜です。ニッチな記事を書いていければいいと思います。

【スポンサーリンク】

小説家になろう おすすめ作品紹介! テイマー・従魔編

今回紹介する小説家になろうのオススメ作品は、テイマー・従魔のジャンルです!

 このジャンルは、ほのぼの系が多いのが特徴です!

そして、常に仲間がいるので寂しい感じの展開になりにくいです!

特におすすめの作品を紹介していきたいと思います。

とんでもスキルで異世界放浪メシ

作者:江口 連

あらすじ

異世界召喚に巻き込まれた俺、向田剛志(むこうだ つよし)。
ステータスの鑑定で俺以外の3人の召喚者は職業欄に『異世界からやって来た勇者』となってるのに、俺だけ『巻き込まれた異世界人』となっていた。
スキルも聖剣術とか聖槍術とか聖魔法とかいろいろすごいのがそろっている。
それなのに俺のは固有スキルで『ネットスーパー』だけだった。
戦闘スキルじゃない俺はすぐさま役立たず的な扱いに。
しかも、召喚した国の王様の言い分がいかにも胡散臭い。
ネット小説を読むのを趣味にしていた俺は、諸々を総合した結果『ダメだ。これはあかんタイプの異世界召喚だ。』という結論に至った。
そして俺は召喚されたその日のうちに何やかや言いくるめて城から逃げ出したのだった。

とんでもスキルで異世界放浪メシ

私なりの小説紹介:

テイマー×料理というジャンルの小説になります。

異世界の料理を目当てにテイムされたチートな従魔たちと冴えないオッサン(料理番)のグルメ旅です!

異世界の品々に惹かれたのは従魔だけではなく、神様も!?

という感じのストーリです。

シリアスシーンは一切ないですし、サクサクでご都合主義なので読みやすい作品となっています。

レジェンド

作者:神無月 紅

あらすじ 

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世界の魔術師であり、自分達の生み出した魔術を廃れさせない為にそれを継ぐ資格のある者を探していたという。その提案に乗った玲二は、新たなる肉体と強大な魔力を持って異世界エルジィンを生きていく。

レジェンド

私なりの小説紹介:

グリフォンの従魔をテイムした主人公の王道ファンタジーの物語です。

正確には従魔ではないので、従魔が増えることはありません。

かなりの長編ファンタジーで、主人公の性格が尖っている(的には容赦がない&態度が大きい)事もあり読者を選ぶタイプの作品だと思います。

私は気になりませんが…

内容としては、戦闘シーンが多くを占めていますが、食べ物や恋愛要素もあります。

面白い作品なので是非読んでみてください!

神達に拾われた男

作者:Roy

日本に生まれた運の悪い男は、39でその一生を終えた。
しかし死後、三柱の神に協力する代わりに異世界で新しい人生を送ることになる。

神達に拾われた男

私なりの小説紹介:

前世で神のミスにより苦労したので、他の神により異世界転移したおっさんの話です。

従魔はスライムが主ですが、ストーリーが進むに連れてテイムする種類も増えていきます。

多才な主人公が色々なものに手を出していくストーリになりますが、主軸はスライム?になります!

冒険者をしたり、掃除をしたり、商売をしたり、料理を作ったりと大忙しです!

主人公の性格が穏やかなので、読みやすい作品になっていると思います。

転生賢者の異世界ライフ ~第二の職業を得て、異世界最強になりました~

作者:進行諸島

あらすじ

 ブラック企業に酷使された男が転生したのは、ステータスやスキルのある世界。

 その世界で彼は、冒険者になることさえ難しい不遇職『テイマー』になってしまう。

 ――しかし彼は、ひょんなことから2つめの職業『賢者』を手に入れる。
 『賢者』の力は、圧倒的なものだった。

 だが異世界に来たばかりの彼は、自分の力がどれほどのものか自覚していなかった。
 こうして彼は、自分の力を自覚しないままギルドに行って冒険者となり、各地で騒ぎを起こしながらも成り上がっていく。

転生賢者の異世界ライフ ~第二の職業を得て、異世界最強になりました~

私なりの小説紹介:

またまたスライム系テイマーファンタジーです。

この小説は、異世界転移したサラリーマンがテイマーという不遇職になったのですが、実はもう一つ職業が…

という内容で、じゃあテイマーなんて使わないじゃん!ってことにはならず、テイマーもフル活用しつつ異世界で冒険を行っていく物語になります。

主に、大量なスライムをですが…!

良かったら読んでみてください!

 エノク第二部隊の遠征ごはん

作者:江本マサメシ

あらすじ

遠征部隊に配属となった衛生兵のメルは、支給される保存食の不味さに悶絶する。
パンは酸っぱく石の如く。干し肉は無味無臭で噛み切れない。
生命の危機を覚えた衛生兵は、一人立ち上がる。
これは、エルフの少女メルが、森暮らしの知識と経験を生かし、遠征先で美味しい食事を食べようと奮闘する物語である。

エノク第二部隊の遠征ごはん

自分なりの小説紹介:

この小説は、題名から分かる通り料理がメインになりますが、従魔も多く出てきます。

物語もサクサク進んでいるので読み進めやすいと思います。

何故か、幻獣に好かれる主人公による遠征記になります!

料理がメインの物語なので、ほのぼのしているので癒されると思います!

興味があれば他のジャンルのおすすめ作品もご覧ください!

www.rotation-life.com

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

【スポンサーリンク】