人生を加速させたい。

人生に変化を求めている20代前半の社畜です。ニッチな記事を書いていければいいと思います。

【スポンサーリンク】

小説家になろう 異世界学園・ファンタジー学園のオススメ作品!

今回紹介する作品は異世界・ファンタジーの学園をテーマor学園の描写多い作品です。 学園ものは人数が多いのが特徴で、恋愛ものの作品も多いです。

多くの作品で魔法と剣の世界で、主人公が学生ではなく、教師をする作品もピックアップしています。

成長時期の学生達を描いているので、成長する姿を見るのが好きな方や学園生活の日常が好きな方にもオススメです。

 

 

甘く優しい世界で生きるには

作者:深/深木

あらすじ:

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼馴染】、【第三王女の婚約者】という大層な肩書きを持って生まれた主人公、ドイル・フォン・アギニス(十五歳)。彼は、肩書きに見合うハイレベルなスペックを持って生まれた。そして、そんな人生勝ち組な主人公は両親に溺愛されて育った結果、王道悪役な貴族の馬鹿息子街道をまっしぐら!
 そんな、王道では当馬役にされがちなポジションである主人公は、一週間高熱にうなされた結果、あざとく計算高かった記憶を思い出す。
 そして、決意する。
己が失いかけている肩書きを取り戻し、こんな(馬鹿息子)でも愛してくれた人々の為に、真っ当な道を歩ける人間になろうと。

これはありがちな設定を盛り込んだ転生ファンタジーです。
 限界以上まで下げられたハードルの中、チートな主人公が仲違いした周囲の人々と和解していきます。
 また、最初から最後まで主人公ご都合主義でまいります。
 時間がありましたら、覗いてみていただけると幸いです。

甘く優しい世界で生きるには

私なりの小説紹介:

勇者と聖女の間に生まれ、第3王女の婚約者という主人公は両親が溺愛して育てた事もあり、権力を笠を着たTHE・悪徳貴族と育ってしまいました。

そんな主人公でしたが、1週間も高熱にうなされている際に前世の地球での記憶を取り戻します。 前世での記憶を取り戻した主人公はこれまでの行動を改め、更生しようとする物語です。

主人公は道を外れてしまいましたが、元々ハイスペックで努力の方向を変えるだけで急激に強くなります。

タイトルにあるように「やさしい」世界なのでストレスもなく読みやすいです。

 

ティアムーン帝国物語 ~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~

作者:餅月望

あらすじ:

「なぜ、こんなことに……?」
大国ティアムーン帝国の皇女、ミーア・ルーナ・ティアムーンは断頭台(ギロチン)の上でつぶやく。
彼女を取り囲む観衆の顔には、例外なく怒りの色があった。
重税に耐えかねた民衆の革命、その手にかかって、ミーアは断頭台で処刑されてしまう。
けれど次に目が覚めた時、彼女はベッドの上に寝ていた。
八年も前、まだ子どもだった頃の姿で……。
一瞬、夢か? と安心しかけるミーアだったのだが、その枕元には彼女自身が綴った血染めの日記帳が転がっていた。
 豪奢な皇女の部屋に、ミーアのあられもない悲鳴が響いた。

 これは、やり直しの物語。
 それほど悪辣ではなかったけれど、他人の痛みにも空腹にも思いを致すことができなくて……それを知った時にはすべてが手遅れだった姫殿下。過去の自分へと逆行転生した彼女は、血染めの日記帳と自らの記憶をもとに、西へ東へ奔走する。
 斜陽の帝国の未来を救うため?
 内戦により命を落とす多くの兵士のため?
 民衆を飢饉から救うため?

 否、彼女の目的はただ一つ。
「すべてはギロチンの運命を回避するために!」

ティアムーン帝国物語 ~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~

私なりの小説紹介:

帝国の第1皇女である主人公ですが、度重なる重税に耐えかねた民衆と一部貴族に革命を起こされ、ギロチンで処刑されてしまいます。

ギロチンで処刑されたはずが、目が覚めると処刑から約10年前に戻っており、処刑された時にも手に持っていた日記帳を見ると処刑される前の記録も書かれていました。 ギロチンの未来を避けるために主人公が奔走する物語です。(主人公の行動によって未来が変わると日記帳の中身が変わります。)

ギロチンに処刑されない事が第1目標で活動しますが、元の性格は処刑前から大きくは変わっていませんが、処刑前の苦しい牢獄生活で人の優しさも感じられるようになり行動も変わっています。

周囲が主人公の意図しないように汲み取り、すれ違いで周囲からの評価はバク上がりします。

ジャンルは異世界(恋愛)で学園生活を通して恋愛要素もあります。

 

魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~

作者:

あらすじ:

人も、精霊も、神々すら滅ぼして、魔王と恐れられた男がいた。
不可能を知らぬ魔王アノスは荒んだ世界に飽き、転生の魔法を使った。

二千年後。目覚めた彼を待っていたのは、魔王を育てるデルゾゲード魔王学院である。そこでアノスが目にしたのは、平和に慣れ、弱くなりすぎた子孫たち。そして驚くほど低次元な魔法術式だった。

その上、正真正銘、魔王の始祖である彼が、なぜか不適合者の烙印を押されることになってしまい……!?

魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~

私なりの小説紹介:

強すぎて現生に飽きた主人公(魔王)は転生の魔法を使い、目が覚めると2,000年後の世界でした。

そんな魔王が魔王を育てるための学園に入学しますが、魔王の子孫達は驚くほど弱くなり、魔法の技術も魔王が生きていた頃よりも著しく落ちていました。

そして、魔王の生まれ変わりであるはずの主人公が不適合者と判断され・・??

※前世が魔王で人との距離がイマイチ分かりませんが、無差別に暴れるような事はせず意外と優しい?です。

 

学園騎士のレベルアップ! 〜 レベル1000超えの転生者、落ちこぼれクラスに入学。そして、

作者:三上康明

あらすじ:

13歳になったソーンマルクス——愛称「ソーマ」は、かねてより憧れていた騎士養成学校《ロイヤルスクール》に通えることになった。入学式で行われるのは学生の天稟《アビリティ》(神の与えた才能)とスキルレベルの判定、それによるクラス分けだ。

王族も通う貴族のための「白騎《ホワイト》」
実力至上主義「蒼竜《ブルー》」
少女中心の「緋剣《スカーレット》」
美男美女の「黄槍《イエロー》」
地味ながら堅実な「碧盾《エメラルド》」
どれにも当てはまらない——つまり問題児の「黒鋼《ブラック》」
という6クラスが用意されている。

実はソーマには「日本」という国で暮らしていた、前世の記憶がある。ソーマは技能レベルを数値で確認できる希有な能力「試行錯誤《トライアル・アンド・エラー》」があり、技能レベルを上げまくっていた。
平民でも実力があれば入れるトップクラス「蒼竜」は、合計技能レベル「200」を越えていれば確実。
ソーマが念には念を入れて、上げまくったレベルはなんと、「1,012」。

今年のロイヤルスクールは沸いていた。3大公爵家の1つ「ラーゲンベルク」による技能レベル「300」超えを筆頭に、「200」台が10人と大豊作。すでに「栄光の世代」とまで囁かれていた。
そしてソーマの判定の番となる。

「次、学力試験首席、ソーンマルクス=レック——」

それはソーマの誤算だった。判定機は「4ケタ」のレベルを確認できない仕様だったのだ。
ソーマはレベルを上げすぎたせいで誤判定され、問題児クラス「黒鋼」へと放り込まれることになった。

だがそこでへこたれるソーマではない。天稟「試行錯誤」を武器に貴族偏重の学園の意識をどんどん変えていく——。

学園騎士のレベルアップ! 〜 レベル1000超えの転生者、落ちこぼれクラスに入学。そして、

私なりの小説紹介:

1,000レベル超えまでレベルを上げた主人公ですが、クラス分けの際にレベル判定が4桁を認識できなかったため、低レベルと判断され、問題児の集まるクラスへと編入されてしまいます。

それにもめげず、貴族が優遇されている学園の意識を変えるために学園生活を送ります。

文字通りレベルの桁が違うので主人公最強系の作品です。

 

ゲーム世界転生〈ダン活〉~戦闘訓練なんかしていられるか、俺はレベルを上げるぞ!~

作者:ニシキギ・カエデ

あらすじ:

 ゲーム〈ダン活〉を実に8000時間以上プレイしていた灰なゲーマーだった主人公は、ある日〈ダン活〉のセーブデータが吹っ飛んで消えてしまい、ヤバい顔してぶっ倒れ、そのままショック死してしまう。
 しかし、気がついたら画面上でしか見た事が無かった〈ダン活〉の世界、〈名も無き始まりの村〉に突っ立っていた。

 主人公ゼフィルスがゲーム知識を生かし、夢にまで見たリアル〈ダン活〉を楽しくプレイしていくお話です。
 話の中では〈ダン活〉がどういうゲームなのか、詳しい設定を披露しながら主人公ゼフィルスが最強に成り上がるまでを描いていきます。
【強ジョブお宝超ゲット!ゲーム知識生かして成り上がれ!】

ゲーム世界転生〈ダン活〉~戦闘訓練なんかしていられるか、俺はレベルを上げるぞ!~

私なりの小説紹介:

やり込んでいたゲームのセーブデータが消え、気を失い倒れた事で死んでしまった主人公は、そのゲームの世界の中に転移していました。

主人公がやり込んだゲームの知識を使って、好きだったゲームの中で成り上がっていく物語となっています。

ゲーム知識で知られていない事も多く知っているので、ある意味で知識チートです。

通常のハイファンタジーの作品とは違って隠しクエストや宝物の場所が分かっていたりします。

 

剣士を目指して入学したのに魔法適性9999なんですけど!?

作者:年中麦茶太郎@ZZT231

あらすじ:

Aランク冒険者である父親から剣士としての英才教育を受けて育ったローラは、九歳で王都の冒険者学園へと入学する。
ローラは「剣士の友達が沢山できたらいいな」と期待で胸いっぱい。
そして入学式の日、ローラは剣の適性値107を弾き出す。
並の生徒は50~60なのでローラは間違いなく剣の天才だ。
しかし、そのあとに計った魔法の適性値はなんと9999。
ローラは何が起きたのか分からずポカンとしているうちに、魔法学科に異動させられた。
「私は戦士学科に行きたいです!」
ローラは自分の意志とは裏腹に超天才っぷりを発揮し、あっという間に教師より強くなってしまう

剣士を目指して入学したのに魔法適性9999なんですけど!?

私なりの小説紹介:

剣士になるために冒険者学園へと入学し、入学後の適正検査で剣の適正が100超えと学園創設以来最大の数値を叩き出して満足していましたが、その後の魔法の適正検査で全ての魔法属性が9999とバグのような数値が並び、強制的に魔法学科に入学させられてしまいます。(剣の才能だけでも前例がないほど高いです。)

もちろん、文字通りチートな才能を持つ主人公は魔法の能力であっという間に教師よりも強くなってしまう主人公の学園生活を描いた作品です。

完結済みの作品で文字数は約85万文字です。

 

器用貧乏、城を建てる ~開拓学園の劣等生なのに、上級職のスキルと魔法がすべて使えます~

作者:佐藤謙羊

あらすじ:

レオピン少年は、生まれつき器用であった。
彼はその器用さを活かし、幼い頃から様々なクラフトを行ない、仲間たちに貢献してきた。

レオピンは『王立開拓学園』に仲間たちとともに進学。
しかし入学式での『能力開花の儀式』において、レオピンに与えられたステータスは悲惨なものであった。

『職業は無職』
『ステータスは、器用さ以外は初期値のままで成長しない』
『スキルは器用貧乏』

器用さ以外に全く取り柄のないレオピンを、クラスメイトたちは『追放』。
レオピンは『特別養成学級』という、落ちこぼれのクラスに入れられてしまう。

ひとりぼっちになってしまったレオピン。
しかし与えられたスキル『器用貧乏』が、意外な性能を持っていることに気付く。

それは、

『器用さのステータスを、他のステータスに変換できる』
『好きな職業に転職できる』

というものであった。

レオピンはまず『木こり』に転職し、森から木材を得る。
さらに『大工』に転職し、誰よりも立派な家を建築。

『鑑定士』に転職してレアアイテムを判別し、『戦斧使い』に転職してチョッカイを掛けてきた他のクラスの生徒を撃退。
『レンジャー』に転職してダンジョンを探索、『ニンジャ』に転職して罠を楽々くぐり抜ける。

レオピンは単独(ソロ)で、なんでもこなせるだけの力を手に入れていた。
ひたすら無双しているうちに、幼なじみの聖女に慕われ、美女錬金術師から見初められ、レオピンの活躍はさらに知れ渡っていく。

一方、レオピンを追放したクラスメイトたちは、レオピンの能力を目の当たりにして追放を後悔。
家は掘っ立て小屋のままで、探索もままならず、じょじょに学園内での居場所を失っていき、破滅する。

器用貧乏、城を建てる ~開拓学園の劣等生なのに、上級職のスキルと魔法がすべて使えます~

私なりの小説紹介:

クラスごとに協力して生活するような学園で、主人公は器用さ以外は初期値から成長しない事によってクラスから追放され、一人クラスになってしまいます。

クラスから追放された主人公ですが、実はチートな能力を持っており、主人公を追放したクラスや主人公を冷遇する校長・教頭にざまぁしていく物語です。(あまりに馬鹿な校長や教頭にイライラする人はいるかも?)

※器用貧乏ですが、器用を他ステータスに振り分けることができるため、なんでも高い水準で行う事ができます。

 

たかが子爵嫡男に高貴な人たちがグイグイきて困る

作者:あぐにゅん

あらすじ:

レイは子爵家の嫡男である。

この春に王都にあるワシントス王立学院に入学する為、故郷であるクロイツェル領を離れる事になっている。領地持ちに子爵家嫡男とはいえ、その領地は王国でも辺境であり、所詮は子爵家。上級貴族やましてや王族などには縁がない家格である。領地も辺境の為、王都で権勢を誇ろう、家格を上げようなどとは全く考えていない。むしろ興味がない。自領の運営だけで十分なのだ。

なのにどうした事だろう。入学前には公爵令嬢、伯爵令嬢、入学してからは王子にまで話かけられる。おかしい、たかだか子爵嫡男である。みんな気安く話かけ過ぎではないだろうか?話かけられる身分の低い側は正直困ってしまう。それはそうだろう、だってうちは子爵家である。

だからレイは本当に思う。「勘弁して欲しい」と。

出世欲のない、ただの子爵嫡男が、気が付けば、注目される存在になり、気が付けば、英雄と呼ばれる存在にまで、本人の意図とは別にのぼり詰める話。

舞台はゲーム類似世界で異世界転生要素あり。ただし主人公は転生者ではありません。

たかが子爵嫡男に高貴な人たちがグイグイきて困る

私なりの小説紹介:

子爵家の嫡男の主人公が王立の学院に入学しますが、何故か上級貴族の令嬢や王子に声をかけられますが、主人公は成り上がりには興味がなく、自分の領地の運営で十分だというスタンスで困惑しながらも学園生活を送る物語となっています。(本人にその気はなくても成り上がり要素あり。)

男が主人公の異世界(恋愛)ジャンルの数が少ない作品で、学園での日常描写も多いです。

恋愛関係なく、ファンタジーの学園ものとしても面白い作品なので是非読んでてみてください。

 

最強教師は最低のクズ野郎~俺を教師に誘うなら、生徒は美少女限定にするけど、いいんだよな〜

作者:さく・らうめ

あらすじ:

ドラゴンですら一撃で葬る世界最強の男、スティーグ。
だがその性格は傍若無人、傲岸不遜、女にだらしがない最低のクズ野郎。
彼の力をなんとしても手に入れたい国の軍部は、今日もスティーグに面会し、軍に所属してほしいと頭を下げる。
当然、この男がそんな面倒事を承諾するはずもない。
途方に暮れる国のお偉方の一人は、彼に意外な提案をする。
それは国が運営する軍部直轄の学園の教師を務めてほしいというもの。

「スティーグの強さの秘密を探る」

それこそが軍の真の狙い。

しかし、

「教えるなら可愛い美少女の方がいいだろう?」

教師として赴任したスティーグが選別した生徒は、全員がとびっきりと美少女だった!

初めは反発していた生徒達だったが、意外と考えて動くスティーグに生徒達も惹かれていく。

しかし、彼女達は知らない。
彼の強さの秘密も、何を背負っているのかも。

実力は文句なく最強。しかし、性格は最悪。
そんな彼と彼を取り巻く女性たちの学園ファンタジー。

最強教師は最低のクズ野郎~俺を教師に誘うなら、生徒は美少女限定にするけど、いいんだよな〜

私なりの小説紹介:

タイトルから分かるように主人公は世界最強の男で、どこの勢力にも属していませんが、軍が運営する学園の教師となる事を依頼されます。

美少女限定で少人数など色々と条件を付けながらも教師となり、教え子にセクハラしならがもきちんと教え子を育て、戦闘力を著しく上昇させた事になります。(途中で少しは生徒が増えていきます。)

主人公は世界最強で、捻くれた面倒な性格をしていますが、タイトルの最低のクズ野郎というほどではありません。

ハーレム要素あり、教え子達の成長を見守るのがメインのストーリーになります。

 

先生は世界を救った英雄ですが、外道です。

作者:火澄 鷹志

あらすじ:

聖剣に選ばれし勇者や仲間たちと共に魔王の魔の手から世界を救い、世間では英雄とまで称されるようになった傭兵レクト。ところが彼には傲慢かつ傍若無人でセクハラ三昧、おまけにドSというおおよそ英雄とはかけ離れた、人として問題だらけの顔があった。

平和の訪れた世界で暇を持て余していたレクトは、国王より友人が校長を務めている学校で教師をやってくれないかと持ちかけられる。しかしいざ赴任した学校はなんと名門の女子校で…!?

かつて世界を救ったドSな英雄の、教師としての第2の人生が幕を開ける。

先生は世界を救った英雄ですが、外道です。

私なりの小説紹介:

この作品は主人公が学生ではなく、教師の作品です。 魔王を倒した英雄の一人である主人公ですが、性格には難がある事で有名でしたが、女子高の校長から1クラスの担任をするように要請され、教師として働くようになります。

主人公はセクハラもしますし、傍若無人な振る舞いもしますが、生徒達の事を考えて行動します。

※2章では教団関係の話が出てくるので苦手な方は注意してください。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

【スポンサーリンク】