人生を加速させたい。

人生に変化を求めている20代前半の社畜です。ニッチな記事を書いていければいいと思います。

【スポンサーリンク】

小説家になろう 現代知識・知識チートのオススメ作品紹介!

今回紹介する作品のジャンルは「現代知識・知識チート」で、日本からの転生・転移した主人公が現代の知識を使って異世界で活躍する作品です。

内政や商売、生産などと絡む事が多く、これらのジャンルが好きな方にもオススメです。

気になった作品があった場合は是非読んでみてください。

 

 

中堅(中年)サラリーマンのまったり異世界産業革命

作者:ゼロ竹

あらすじ:

武雄(35)は気が付いたら魔法あり、魔物ありの中世的な世界に居た。
右も左もわからないまま、人と出会い、人と話し、生活を向上させていく。
ご厄介になっている先の孫娘と婚約していたり、食文化を広げたり、知り合いは大物だったり、仲間を探しに行き大物を引き当てたりしていきます。

中年男性が異世界で基本のんびりと過ごしていきます。
波乱万丈ではない、ちょっと刺激の強い日常を書いていけたらと思います。

中堅(中年)サラリーマンのまったり異世界産業革命

私なりの小説紹介:

この作品の主人公は気が付いたら異世界の森の中に転移し、目の前で倒れたおじいさん(貴族)を助けた事によって、色々ありながらも貴族のおじいさんの娘と婚約し、貴族の家で働くことなります。

主人公は地球の知識を使って領地の発達の手助けをしたり、地球の料理を再現したり、戦闘を行ったりと幅広い内容となっています。(地球の知識を使った問題解決がメインとなっています。)

内政が好きな方にはオススメで、主人公がトップではなく家臣の1人なので他の多くの作品とは違う視点で見る事ができます。

この作品は約500万文字も執筆されている長編の作品で、現在も更新されています。

話が進むと主人公の活動の幅がどんどんと広がっていきます。

 

追放王子の異世界開拓!~魔法と魔道具で、辺境領地でシコシコ内政します

作者:武蔵野純平

あらすじ:

男主人公の異世界ファンタジーです。
異世界転生した元日本人巧良輔は、西洋風のフリージア王国の第三王子アンジェロに生まれ変わった。
アンジェロは女神に気に入られ、常識外れな魔力を得る。
子供ながら魔法を自在に操り、ドラゴンを退治するなど冒険者としても実績を作った。
しかし、兄王子や宰相に邪魔者扱いされ、辺境の流刑地に体よく追い払われてしまう。
実質追放された事で、周りから人が去って行ってしまう。
しかし、「無人の流刑地でも俺の領地だ! 開拓、開発だ!」とアンジェロは思い立ち、記憶している現代知識を利用して、地球の科学技術の再現に挑む。
チート級の魔法と魔道具を使って領地開発や内政に役立つ技術開発始める。
やがてアンジェロの周りには、人族だけでなく、獣人やジト目のエルフ、酒好き鍛冶バカのドワーフなど一癖も二癖もある連中が集まってくる。
果たして、辺境の流刑地を豊かな領地に出来るのか?
現代知識の再現に、成功するのか?
目指せ! 成り上がり領主!

追放王子の異世界開拓!~魔法と魔道具で、辺境領地でシコシコ内政します

私なりの小説紹介:

異世界の王国の第3王子として転生した主人公は膨大な魔力を持っていました。 この魔力を使って幼少期から強力な魔法を使え、ドラゴンを討伐という大きな実績を上げました。

そのことを快く思わない第1王子と宰相の策略によって元流刑地である辺境の土地を押し付けられ、現地に赴くことになりました。

与えられた領地には何もない荒地で、小さな村があるのみでした。 そのような状態から人を集め、開拓する事で、王国内でも注目されるようになる領地へと作り替えていきます。

タイトルにあるように魔道具にも力を入れている作品で、魔道具の他にも酒も名産品として作っていきます。

開拓・魔道具開発・内政の割合が高いですが、戦争の描写も多くあります。(主人公や周りのキャラクターには戦闘力が高いキャラクターが多いです。)

※主人公以外にも異世界人が出てきます。

 

異世界の魔道具ライフ

作者:多趣味な平民

あらすじ:

剣と魔法の世界に転生したオッサン。
廃れた世界で彼は現代知識を使って魔道具を作り出し、スローライフを送ることを決意する。
これはエルフや精霊、獣人達と知り合いながら成長していく少年の物語。

異世界の魔道具ライフ

私なりの小説紹介:

この作品は異世界の子爵の家に転生した主人公が日本の知識を活かした魔道具や商品を作りながら、スローライフを目指す作品となっています。

幼少期から積極的に生活環境を改善するために動くため、幼い頃から魔道具を作り、販売するための商会まで立ち上げるようになります。

周りの人はヤンデレなエルフや自由人の精霊など癖の強い人が多く、キャラが立っているので久しぶりに読んでもすんなりと話が入ってきます。

主人公の魔道具作りの能力はチート級なので、試行錯誤するような描写はありません。

 

異世界チート知識で領地経営しましょう

作者:加藤 良介

あらすじ:

貧しい村の若き代官エリックと、異世界に飛ばされた女子大生江莉香の二人でお送りする領地経営。仲間と共に異世界の知識を使って成り上がるぜ。( ̄▽ ̄)//
なろうのテンプレに沿いつつ、それらにカウンターを当てていくスタイルです。
追放&ざまぁにうんざりされた方、必見です。一切出てきませんし、出す気もありません。
主人公エリックと主君の娘セシリアとの恋愛を中心にしながらも、割とガッツリ領地経営をします。田舎の村おこし的なストーリー展開。産業育成、販路の構築、組織編制、人材教育、身分差の恋愛、立身出世、異世界ライフ、異文化交流、策謀、外交、兵站、戦争、等々。筆者のやりたいことが全部詰め込んでいる、欲張りセットな作品です。そこいらの「なろう」とは一味違う事をお約束いたします。

異世界チート知識で領地経営しましょう

私なりの小説紹介:

この作品は異世界へと転移した女子大生を貧しい村の代官(主人公)が、言葉も通じない状態から保護し、 地球の知識を使って生活レベルを上げて領地経営を行う作品です。

主人公は貧しい村の代官で、転移した女子大生は作品のキーマンでサブの主人公のような立ち位置となっています。

作品の内容は領地の発展につながるような様々な要素があり、地球の知識を活かして成り上がっていく作品となっています。

 

異世界薬局

作者:高山 理図

あらすじ:

研究一筋だった日本の若き薬学者は、過労死をして中世ヨーロッパ風異世界に転生してしまう。
高名な宮廷薬師を父に持つ十歳の薬師見習いの少年として転生した彼は、疾患透視能力、物質創造と物質消去能力などの人外のスキルを得ていた。
そこは怪しげな医療行為が行われ、庶民には効果のある薬が手に入らない社会。
彼はときの皇帝に認められ、街の一角に薬局を開く。
世に蔓延るまやかしを払拭し、現代薬学に根差した真に効果のある薬を、庶民の手に届けるために。
これは、創薬チートの薬師の少年が前世の現代薬学知識を駆使し、異世界人を助けながら、今度は頑張りすぎず新たな人生を送る物語。

異世界薬局

私なりの小説紹介:

この作品は魔法の力で治療を行う事がメインの異世界で、主人公が現代の医療技術を使って薬による治療を広めていくような作品です。

主人公は貴族の家の次男へと生まれ変わり、膨大な魔力と物質を創造する能力を得ました。

一般市民にはブラシーボ効果程度しかないような薬しか行き渡らないような世界で、多くの人に効果的な薬が行き渡るようになるようにと薬局を運営しています。

薬局の運営よりも、異世界では治療法がないと言われているような病気の治療薬を作成・治療を行う描写の方が多くあります。(主人公は転生時に物質を創造する事ができる能力を得ているため、現代医療で使われているような物質も生成できます。)

 

植物魔法チートでのんびり領主生活始めます~前世の知識を駆使して農業したら、逆転人生始まった件~

作者:りょうと かえ

あらすじ:

貴族の少年エルトは戦闘向きでない植物魔法の才能のせいで冷遇されていた。
しかしある日、エルトは前世が日本人であったことを思い出す。
さらにこの世界が、前世で極めたゲームの世界によく似ていることにも気が付いた。

貴族では認められない植物魔法の才能も領地開拓には最適だった。
無人の領地をもらったエルトは、領地を発展させていこうと決意する。
前世の知識と植物魔法を組み合わせるとどんどん領民は増えていき、エルトは大貴族へ成り上がっていくのだった。

植物魔法チートでのんびり領主生活始めます~前世の知識を駆使して農業したら、逆転人生始まった件~

私なりの小説紹介:

貴族の家に生まれた主人公は戦闘の役に立たない植物魔法の才能を持っていたことから家から追い出されるように無人の領地を与えられましたが、そのタイミングで前世の記憶を取り戻し、この世界が前世で極めていたゲームと酷似していた事に気が付きます。

無人の領地を与えられた主人公ですが、チートな植物魔法と有能な住民達と一緒に領地を開拓し、領地を発達させて成り上がっていきます。

戦闘シーンも少ないほのぼのとした作品で、読みやすいと思います。

 

異世界シルクロード(Silk Lord)

作者:秋ぎつね

あらすじ:

絹(シルク)研究会所属の村田アキラは、神隠しに遭って異世界へ転移してしまう。
その世界で彼は、研究会で培った知識を人々のために役立てようと決意。
彼の取った行動とは……?
楽しく読んで理科系・工芸系知識もいろいろ身に付くラノベを目指して。
注:昆虫苦手な人にはお勧めできません……。

異世界シルクロード(Silk Lord)

私なりの小説紹介:

この作品は大学の絹研究会に所属している主人公が、研究会の帰宅途中に蚕(かいこ)の卵や荷物を持ったまま異世界へと転移する事から物語が始まります。

タイトルの通り、蚕から絹を作るのがメインの作品ですが、シルク以外にも日本の技術を数多く再現していきます。 主人公の荷物の中には携帯電話もあり、携帯内に保存されていた情報(オフライン)を参照する事もあります。

蚕だけではなく、数多くの電化製品を再現していくので、生産や発明的なものが好きな方にもオススメの作品です。(生産は魔法と科学が混ざったような感じです。)

 

三大陸英雄記~現代知識による帝国再建記~

作者:桜木桜

あらすじ:

 日本という国で生まれ、育ち、死んだという前世を持っていた少年エルキュールが生まれたのは……衰退の一途を辿る帝国の皇室であった。
 この帝国、かつては超大国として世界に君臨していたが……今では財政が破綻し、軍事力の低下によって蛮族に領土を荒らされ、挙句毎年のように貢納金を周辺国から絞られるという、国としてはオワコン状態になっていた。

 しかもまともな後継者がエルキュール少年しかいない!

 「えー、逃げ出しちゃだめ?」
 「ダメです」

 斯くして十二歳という若さで即位したエルキュール少年。
 エルキュール少年は前世の知識を生かして、税制改革を行い、産業を興し、財政を立て直し、行政を再整備し、軍制を改革して……帝国の立て直しに奔走することになる、

 これは後にレムリア帝国中興の祖、三大陸の覇者『聖光帝』エルキュール一世として歴史に名を残す、若き皇帝の物語。
 
 というコンセプトの内政、戦記モノです。
 農業器具の開発やボーンチャイナの開発など、テンプレ的な内政も行いますが……
 どちらかというと、税制改革や軍制改革などが主になります。

 主人公はマキャヴェリズム的君主なので、少々癖がありますが、好きな人は好きになれると思います。

 ちなみに、一応モデルはビザンツ帝国です。
 ですので西欧、東欧、中東、北アフリカ(っぽいところ)辺りを主な舞台とします

三大陸英雄記~現代知識による帝国再建記~

私なりの小説紹介:

衰退している帝国の皇帝に12歳という年齢で即位した主人公は地球からの転生者で、現代の知識を使って衰退の一途を辿る帝国の立て直しを図ります。

主人公は自発的に動くことは少ないですが、自らの欲望のためには積極的に働きます。

あらすじにある「マキャヴェリズム」とは簡単に言うと「目的達成のためには手段を選ばない」という意味です。

内政・戦争がメインの作品です。(今回紹介している作品の中では最も戦記感が高いです。)

 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

【スポンサーリンク】