人生を加速させたい。

人生に変化を求めている20代前半の社畜です。ニッチな記事を書いていければいいと思います。

【スポンサーリンク】

初めて配属されたプロジェクトが炎上してた話

私がシステムエンジニアになって初めて配属された案件の思い出話を書いていきたいと思います。

今思い出しても大変なプロジェクトでした…

簡単にプロジェクト説明!

参加したプロジェクトの説明を簡単にしてみます!

エンドユーザーから直の案件で、古くなった基幹システムの新規開発という案件でした。

私以外の開発メンバーは

・PM(40代)

・PL(50代)

・PG(30代)

・PG(20代中盤)

・PG(20代前半)

・PG(新入社員←私)

※ PM= プロジェクトマネージャー 

  PL = プロジェクトリーダー

  PG = プログラマー

というメンバー構成でした。

案件に対して、メンバーの人数・実力共に足りていないという地獄のような案件でした。

これで納期に間に合うと判断したのはどこの誰だ???

代償はいけると判断した上層部ではなく、プロジェクトメンバーが払うわけですが。

そんなプロジェクトに配属された新人(私)

私がプロジェクトに配属されたのは8月からでしたが、その時にはすでに燃え上がっていました。

私の会社には、新人は定時で返すという暗黙の掟があったそうですが…

何故か私だけ適用されずに配属されてすぐに残業マラソンがスタートです。

ちなみに、次の年からは新人も当たり前のように残業するようになったので、救いようのない会社です…

おっ?いけるじゃん!っていうのが上の判断でしょうか。

残業マラソンスタート!

配属されてすぐ、残業マラソンが始まりました!

1ヶ月ごとに歴史を振り返っていきます!

正直、容量が良い方?だったので、仕事の内容的には困ったこととがほとんどありませんでした。

そのせいか、酷使されることが多かったですが… 

8月!配属されたよ!

8月は30時間程度の残業時間で、休日出勤もありませんでした!

ここらへんの時期は必死だったので、ほとんど覚えていません!

昼休みも夕方の休みも中間休憩もご飯以外は基本的にコーディングしていました。

無賃金労働バンザーイです。

他の新人がOJTで指導してもらったり勉強している中、私だけガリガリ開発していました…

9月!慣れてきた!?

ここらへんになると、開発作業や毎日のルーチン的なものには慣れてきました。

ここで、地獄の一言が…

土曜日出れる??

8月の段階で他のメンバーは出ていたので、拒否することはできず 月月火水木金がデフォルトとなりました。

さようなら、私の土曜日。

この頃には、月残業70時間くらいにはなってました。

休憩と言う名の時間外労働も含めると100時間は超えてましたが、不思議と辛くなかったです。

残業が続くと、ハイテンションになっているのか長時間労働も辛く無くなります。

休んだ時に反動がきますが…

10月! 走り続けろ!

この時期くらいから周りを見る余裕も出てきました。

プロジェクトメンバーを休ませたいPMと走らせ続けたい取締役との喧嘩?とか…

終わりが見えなさすぎて、暗闇の中を走らされている気分でした。

帰る時間は21時半くらいから着地地点を探し始めるので、22時以降がほとんどでした。

まだまだ入ったばかりで常時全力投球でした。

今思うと恐ろしい集中力でした。

ですが、精神やった理由はこれだろうと思います。

11月! 何曜日だっけ??

この時期には22時より早く帰ったのは月に2〜3日になっていました。

感覚が麻痺するので正直辛くないんですよね…

ただ、休日は睡眠と家事だけで終わってました。

そして、休みが2週間に1度の時もあり曜日感覚がおかしくなっていました。

今日は電車に人が少ないなー?←土曜日

みたいな感覚です。

定時が22時で、週6or週7勤務の会社なんだと自己暗示をかけてました。

さっさと辞めろって話ですけどね。

12月!メリークリスマス!

 メリークリスマス!!!

を会社で行いました。

上司がケーキとピザとお寿司を奢ってくれました。

仕事をしながら食べました。

とても美味しかったです。

という感じで、仕事以外の記憶がないです!

1月!天の恵み、正月休み!

正月に4日も!休みがもらえたので、これって先月1ヶ月分の休みやん!って喜んでました。

そして、正月休み後に体調を壊して数日間休みました。(振替休暇)

そして、ここらへんから体調の悪さと戦う日々が始まりました…

ここで初めて、精神と肉体がリンクしていることに気が付かされました。

そして、2ヵ月後くらいに、配属プロジェクト変更!

しかし、そこも燃えていて…という感じで今まで過ごしていました。

その後

そのプロジェクトから離れて、私が新しく配属されたプロジェクトとも炎ていました!

というか、社内で走っているプロジェクトの多くが常時炎上しています。

その後のプロジェクトで覚えていることは、誕生日の日に帰宅したのが23時50分だったことだけです。

2年後の今思うこと

最初の案件で一緒に仕事をした、20代の先輩方3人はもう退職しています。

案件中に退職した方が2人で、4年目になってすぐやめた方が1人です。

私よりも何時が上の先輩方の在籍率を見てみると…

1年上 1/4

2年上 1/4

3年上 4/9

となっています。

2/3くらいは辞めています…

www.rotation-life.com

大事なのはストレスや不満を溜め込まないことです!

上司に相談することも大事ですよ!

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

【スポンサーリンク】