人生を加速させたい。

人生に変化を求めている20代前半の社畜です。ニッチな記事を書いていければいいと思います。

【スポンサーリンク】

安価な小型撮影ボックス(PULUZ)を購入したレビュー! 安価な商品でも効果あるの?

今回はAmazonでPULUZというメーカーの安価な小型撮影ボックスを購入したので、商品の紹介と安価な商品でも効果があるのか紹介していきます。

今回購入したのは以下の商品で、Amazonで2,000円以下で購入できました。(楽天だと4,000円以上の高値で販売されていました…)

実際に撮影した試してみましたが、金額の割には満足できる商品です! 実際に撮影した写真も載せているので是非ご覧ください。

 

今回購入したPULUZの小型簡易撮影ボックスについて

今回購入した商品はコチラの商品で、大きさは23cm×24cm×24cmでした。 小物を撮影するための商品で、30cmや40cmに比べるとかなり安価で購入する事が出来ました。

 

f:id:itsuwalove777:20210808155057j:plain

折りたたんで持ち運ぶ事ができるのが特徴の1つのようで、配送時もコンパクトな状態で届きました。(大き目のビジネスバッグであれば入るような大きさで届き、外装はバッグように使えるようになっています。)

 

f:id:itsuwalove777:20210808155117j:plain

中身は上の写真のように筐体と背景となる6色(青、黄、黒、白、赤、緑)の布が付属しています。

白色以外の波形が活躍するシーンは少ないかもしれませんが、様々な色の背景を入れてもらえるのは嬉しいですね!(背景の入れ替えはすぐにできます。)

 

f:id:itsuwalove777:20210808155144j:plain

付属のバッグから出すと上のように組み立て前なので、説明書(英語)を見ながら組み立てる必要があります。

説明書は英語で書いてありますが、簡単な英語で組み立て写真もあるので初めてでも5分もあれば組み立てる事ができます。

上の写真からも分かるようにペラペラとした素材で、耐久性に関してはあまり高くなさそうです。

 

f:id:itsuwalove777:20210808154358j:plain

天井部にあるLEDは上の写真のようになっています。 真ん中の穴は上から撮影するための穴です。

経費削減のためか、高出力で10分ほど点けていると熱くなるので長時間の連続使用はできなさそうです。 

 

f:id:itsuwalove777:20210808155516j:plain

LEDライトはUSBから電源供給されるようになっており、上の写真のようにLEDライトの照明の種類や明るさを調整する事ができるようになっています。

安価な商品なのであまり期待していませんでしたが、LEDライトの出力を最大にすると、かなり明るくなりました。(ライトの種類は白色光、ソフトライト、ウォームライトの3種類を切り替える事ができます。)

 

これからは実際上記の撮影ボックスを使って撮影してみます。

 安価な撮影ボックスでも効果はあるの?

2,000円以下と安価な撮影ボックスですが、実際に効果があるのか実際に写真を撮影してみます。

手元に適当な被写体がなかったので、カップラーメンを撮影対象としてみました。(撮影はCANONのEOS Kiss Mで行っています。)

 

f:id:itsuwalove777:20210809035201j:plain

これは白色光で撮影したカップラーメンです。 カップラーメンの形状上、少し陰になっているかもしれません。
1度しか撮影していないため、光量を調整すればもっと良く撮影する事ができると思います。

最も使われるタイプだと思いますが、光量をMAXにすると明るくてびっくりするくらいの光量がありました。

 

f:id:itsuwalove777:20210809035128j:plain

続いて、ソフトライトで撮影したカップラーメンです。 白色光に比べて温かみのあるライトの色です。

写真にあまり詳しくない私からすると使い道が分かりませんが、暖かい感じの写真が撮れます。

 

f:id:itsuwalove777:20210809035138j:plain

 ソフトライトよりも更にオレンジ色が強いウォームライトで撮影したのが上の写真です。 背景もかなりオレンジ色になっています。

 

f:id:itsuwalove777:20210809035150j:plain

おまけ:上の写真はLEDを付けずに撮影したものです。 部屋内の光を集約したのかLEDライトがなくても綺麗に撮影することができました。(これでも綺麗に撮影できているので、100均一で自作しても面白いと思います。)

 

今回はデジタルカメラで撮影しましたが、テストでスマホで撮影した写真も普通に撮影するよりもくっきりと撮影する事ができました。

フリマやブログ、商品紹介などで簡単に綺麗な写真を撮ってみたいけどお金をかけたくない・・・という方にはオススメな商品です。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

【スポンサーリンク】