人生を加速させたい。

人生に変化を求めている20代前半の社畜です。ニッチな記事を書いていければいいと思います。

【スポンサーリンク】

小説家になろう 商売・店舗経営のジャンルのオススメ作品の紹介!

今回紹介するジャンルは商売・店舗経営で、自分で生産したものを販売する作品が多いです。

作品によって扱う商品が異なるので興味のある作品を探してみてください。

 

 

食料生成スキルを手に入れたので、異世界で商会を立ち上げようと思います

作者:slkn

あらすじ:

ごく普通のサラリーマン、リュウは仕事帰りに夕飯を食べようと店を探して歩いていた。
そして偶然見つけた中華そばの屋台で食べることを決め、暖簾をくぐる。
しかし、そこには食べ物はおろか人すらいない。仕方なく別の店へ行こうと外へ出ると……目の前には鬱蒼とした森が広がっていた!
異世界へと飛ばされたことを知ったリュウはスキル「屋台」という謎のスキルを手に入れる。無双するような戦闘系スキルではないことにがっかりしたリュウだったが、実は「食べ物」を生み出すとんでもないチートスキルだった!!
リュウは商人になる道を選び、様々な人と触れ合い、仲間と共に商会を経営しながら異世界をのんびり生きていく。そんなほのぼの系商人ハイファンタジーです!

食料生成スキルを手に入れたので、異世界で商会を立ち上げようと思います

私なりの小説紹介:

主人公は仕事帰りに中華そばやの暖簾をくぐると突然、異世界の森の中に転移していました。

主人公は異世界の法則を無視した「屋台」というスキルを用いて、商会を立ち上げ、現代の知識を用いた新しい料理を販売していきます。

スキルで食料を出す事ができるので、仕入れの必要がなく、利益率は高く、とんとん拍子で商会の規模は大きくなっていきます。

ほのぼのとした商会の日常を描いた作品で、非常に読みやすい作品となっています。

商会を経営していきますが、細かいお金の計算はあまり出てきません。(人を雇ったり新しい店舗の展開の描写はあります。)

 

ご都合主義で生きてます。-商売の力で世界を変える。カスタマイズ可能なストレージで世の中を変えていく-

作者:Germi

あらすじ:

58歳でこの世を去った佐藤は、異世界の女神により転移を誘われる。
その条件として女神に『面白楽しく生活でき、苦労をせずお金を稼いで生きていくスキルがほしい』と無理難題を言うのだった。
困った女神が授けたのは、想像した事を実現できる創生魔法だった。
この味気ない世界を、創生魔法とカスタマイズ可能なストレージを使い、美味しくなる調味料や料理を作り世界を変えて行く。

はい、ご注文は?
調味料、それとも武器ですか?
カスタマイズ可能なストレージで世の中を変えていく。

村を開拓し仲間を集め国を巻き込み産業を起こす。
いずれは世界へ通じる道を繋げるために。

ご都合主義で生きてます。-商売の力で世界を変える。カスタマイズ可能なストレージで世の中を変えていく-

私なり小説紹介:

主人公は日本で死んだ後に異世界への転移を提案され、主人公はチートなスキルを要望して異世界に転移します。

主人公のスキルは完全にチートで、創生魔法とストレージをフル活用して調味料を作成する事もできます。

最初の方は調味料を作って販売する事で金銭を得て、そこから商会としての規模を大きくしていきます。

主人公の能力がチートな事もあり、商会の細かい経営に関してはタイトル通りご都合主義です。

 

アラフォー男の異世界通販生活

作者:朝倉一二三

あらすじ:

流浪のおっさん、1クリックのネット通販でやりたい放題!

わけも分からず異世界に転移してしまったアラフォー独身男のケンイチは、転移の際に授かったネット通販能力によって魔物が蠢く危険な森の中から無事脱出する。
買い取り機能を利用して異世界の物を換金し、現代日本の商品を購入。それを市場で売り始めると、たちまち人気商品として完売してしまった。
このまま店を大きくしていくこともできたが、ケンイチの目的はあくまでもスローライフを送ること。
街外れの森の中にネット通販で買った組み立てキットの家を建てて、自給自足の通販生活が始まった。
ネット通販を使って自給自足はおかしい?
そんな細かい事は言わずに、異世界スローライフを満喫しようじゃないか。

おっさんの異世界通販生活が今はじまる!

アラフォー男の異世界通販生活

私なりの小説紹介:

この作品の主人公は突然、異世界の森の中に転移してしまいますが、現代日本のネット通販を使う事ができる能力を持っていました。 

ネット通販で販売しているものは何でも取り寄せる事ができるため、洗濯ばさみから重機まで様々なものを購入します。

主人公は積極的には商売を行わず、人里離れた土地でネット通販を利用したスローライフをおくりますが、主人公と一緒に生活する人もいます。

事件に巻き込まれる事も多くありますが、ほのぼのとしたスローライフが基本の作品です。

 

異世界で 上前はねて 生きていく (詠み人知らず) 〜再生魔法使いのゆるふわ人材派遣生活〜

作者:岸若まみず

あらすじ:

社畜として過労死して異世界転生した男が、働きたくないから奴隷を買って働かせる話です。

チートな再生魔法で安い女奴隷たちを治して、冒険者や日雇い労働をやらせます。

夢は稼いで建てた自分の劇場で、1日中舞台を見て怠惰に過ごすこと。

ハーレ ムありません。

異世界で 上前はねて 生きていく (詠み人知らず) 〜再生魔法使いのゆるふわ人材派遣生活〜

私なりの小説紹介:

異世界に転生した主人公は優れた再生魔法の使い手で、欠損も再生できるほどでした。

欠損のある奴隷を安くで購入し、再生魔法で治療し、治療した奴隷を派遣する事を行う商会を経営するようになります。(主人公は再生魔法の他にも研究でも多くの成果を挙げ、国家プロジェクトにも参加するようになります。)

異世界で派遣という珍しい作品で、働いている奴隷達サイドの話も面白いです。

タイトルからはあくどい感じもしますが、従業員(奴隷)を気遣ったり勤続年数で奴隷から解放したりと労働環境は良いです。

(途中から奥さんができるのでハーレム等ではありません。)

 

魔石屋アレキサンドライトへようこそ ~規格外の特級宝石師とモフモフ宝石獣の異世界繁盛記~

作者:虎戸リア

あらすじ:

特級宝石師の少年アレクは、相棒であるモフモフ宝石獣<カーバンクル>のサンドラと共に加工魔石<マテリア>の生成とそれのメンテナンスによって勇者パーティに貢献していた。

しかしメンテナンスを軽視する勇者によって、マテリアがあればお前はいらないと言われ、追放されてしまう。

職を失ったアレクは失意のまま王都に戻ると、たまたま出会った老人から店を継がないかと誘われ、受諾。

アレクとサンドラは、マテリアの販売レンタルおよびメンテナンスの店を始める事に。

その頃、勇者パーティはマテリアをメンテナンスすらせずに雑に扱った為、マテリアが次々と壊れていき、大ピンチに。そうして本来の力を発揮できず、やがて勇者パーティは失墜する。

一方アレクは、マテリアの絶大な効果と手厚いアフターケアや誠意ある対応で騎士団やS級冒険者などの上客が増えていった。彼はサンドラと共に時に材料を取りに冒険に出掛けたり、たまたま助けたエルフの少女の里へと出張にいったりと充実した生活を送っていた。

やがて王都ではこんな噂が流れ始めた。

とんでもない力を秘めたマテリアを売ってくれる少年がいる――と

魔石屋アレキサンドライトへようこそ ~規格外の特級宝石師とモフモフ宝石獣の異世界繁盛記~

私なりの小説紹介:

主人公は宝石師として勇者のパーティーに参加していましたが、主人公のマテリアのおかげで活躍できていた勇者から追放されてしまいます。

主人公を追放した事で勇者は落ちぶれていき、勇者サイドの話も数話あります。

追放された主人公はマテリア屋というマテリアの販売やレンタル、メンテンナンスを行う店舗を始めます。

最初は効果を疑われていましたが、主人公のマテリアが絶大な効果を発揮する事を知った騎士団や高ランク冒険者たちが訪れるようになります。

 

新米錬金術師の店舗経営

作者:いつきみずほ

あらすじ:

天涯孤独な孤児にとって、ほぼ唯一とも言える成り上がりへのキャリアパス。
それは錬金術師の国家資格を得ること。

能力以外何も求められない王立錬金術師養成学校を卒業したサラサは、師匠から一軒のお店の権利をプレゼントされる。
気前の良い師匠に見送られ、錬金術師としてのちょっぴり優雅な生活を夢みて旅立ったサラサは、到着早々、想像以上の田舎っぷりに愕然とすることになる。

しかし、そんな場所でも何とかお店を経営しないと、生活は成り立たないわけで……。

新米錬金術師の店舗経営

私なりの小説紹介:

孤児だった主人公は成り上がりのほとんど唯一の方法である錬金術師の資格を得て、師匠から田舎にある店舗をプレゼントされ、店舗の経営を始めます。(主人公は無自覚ですが、チート気味です。)

主人公自体も戦闘能力が高く、自分で素材を採取する事もありますが、村にいる採集者から買い取ったり、街で購入する事も多いです。

店舗経営を行いますが、田舎にある村が外貨を得ることができる方法を考えたり、村人の暮らしが良くなるようにしたりと人の良い主人公による店舗経営の物語です。

 

薬屋経営してみたら、利益が恐ろしいことになりました ~平民だからと追放された元宮廷錬金術士の物語~

作者:まいか

あらすじ:

錬金術士であるアイラは、調合で様々な種類の薬を精製することが出来た。
彼女はその才能を国家に認められ、平民でありながら宮殿内で国家錬金術士として働くまでになった。
しかし、平民が宮殿内で要職に就いていることに、虫唾を走らせていた第二王子の手によって追放されてしまう。

「貴族錬金術士が3人も見つかった。お前などもう必要ない。宮殿から出て行け! 平民が!」

その後、アイラは街で薬屋を経営することになるが……彼女の他とは一線を画す才能により、お店は大繁盛。アイラを最初に雇った第一王子殿下のクリフトも訪れ、さらに活気あるものになっていく。

一方で、貴族の中で錬金術士を見つけたとして、アイラを追放した第二王子は……。

薬屋経営してみたら、利益が恐ろしいことになりました ~平民だからと追放された元宮廷錬金術士の物語~

私なりの小説紹介:

平民だからという理由で第2王子の手によって宮廷錬金術師の座を追われた主人公が街で薬屋を経営していると、第1王子が店舗に訪れ…

第1王子の協力によって材料の融通をしてもらえるようになってからは扱える薬の種類も増えて更に店の売り上げは上がります…

その裏で、言いがかりのような理由で優秀な錬金術師である主人公を追放した第2王子は各方向から責められる事になり…

 

世界最高のパティシエ〜罪深き男の奮闘物語〜

作者:茄子の皮

あらすじ:

両親が亡くなり、村から旅立つ12歳の少年キャンディ。ユニークスキル【パティシエ】を活かし街で活躍する。冒険者だった父の憧れもあり、冒険者ギルドへ登録し、依頼をこなすがキャンディが作るジャムなどのスイーツが評判となり商人となる。スイーツの女神から世界中へキャンディのスイーツを広げなさいと使命を受け世界を旅をする。田舎少年の店が貴族の御用達店舗となり、権力と獣人の王族を仲間に引き入れ人間界だけでなく、亜人界、魔界、精霊界の問題を解決しながら旅をする物語です。
現在-村→トルマ街で店舗経営→ダンジョンマスター仲間になる→

世界最高のパティシエ〜罪深き男の奮闘物語〜

私なりの小説紹介:

村に住んでいた主人公は12歳になった際に街に移動して、冒険者と商人として登録します。

ほとんどの人間が持たないユニークスキルを持っており、主人公のスキルは「パティシエ」というスイーツ作りに補正がかかるものでした。

主人公はスイーツを販売する商会を立ちあげ、商会を大きくしていきます。

 

ウィッチ・ハンド・クラフト ~追放された王女ですが雑貨屋さん始めました~

作者:富士伸太

あらすじ:

ダイラン魔導王国の第一王女ジルは、王妃にして最強の魔女バザルデの
娘に生まれ、後を継ぐことを期待されていた。

だがジルに才能はなく【水生成】【乾燥】など弱い魔法が使える程度。
コントロールは得意だが威力は子供にも劣り、他に特技と言えば裁縫と料理。
ついには王からも見放されて城から追放されてしまう。
婚約も破談となり身分も失い、絶望したジルはお情けで与えられた屋敷で
身投げしようとした。

だがジルは屋敷の中で、不思議な異国の書物を発見する。
それは
『自分の服は自分で作る ワンピースからドレスまで』、
『家庭でできる染め物』
『やさしいレザークラフト』
『ハンドメイド作家になろう!』
などの趣味系雑誌だった。

ジルは本を読み進める内に、
『誰のためでもなく、自分らしい服を着て自分らしく生きよう』
というキャッチコピーに衝撃を受ける。
「私の魔法を応用すれば、この本に書かれている素敵な服を作れる
……ていうか、作りたい! 今更死ぬなんてバカバカしい!」
ジルは絶望など忘れて本の知識、魔法、そしてどんな植物でも実る魔法の庭の
草花を活用して服や小物を作り始めた。
するとジルに注目した商人や、ジルの志に共感した職人、
婚約破棄したはずの王子など、妙な人間たちがやってきて……?

その一方、ジルを追い出した王国には反乱の兆候が見え始めていた。

ウィッチ・ハンド・クラフト ~追放された王女ですが雑貨屋さん始めました~

私なりの小説紹介:

第一王女であり、最強の魔女の娘でもある主人公は将来を有望視されていましたが、主人公に魔法の才能はなく、父親に見捨てられて城から追放されてしまいます。

一時は死ぬことも考えましたが、屋敷で見つけた異国の手芸関係の本を読んでからは自分の作りたいもの作る!と手芸を始めるようになります。

数話で一段落する感じのスタイルで、読みやすい作品となっています。

最初は1人で手芸を始めますが、話が進むにつれて主人公を応援する人や協力する人が次々と集まってきます。

 

気がつけば異世界 〜異世界商会〜

作者:おか

あらすじ:

仕事終わりのサラリーマンがスーパーで買い物を終え家路の途中不思議な光に遭遇。気がつくと異世界の神々達が目の前に現れ転移し戻れなくなったことを聞かされる
その後神の提案で異世界で奮闘しながら生活していくお話です。

気がつけば異世界 〜異世界商会〜

私なりの小説紹介:

仕事終わりに異世界転移に巻き込まれる主人公がチートなスキルを貰って異世界で商会を立ち上げる作品ですが、商会を立ちあげるまでは結構時間がかかります。

主人公はチートな能力を持っており、簡単に物作りを行う事ができます。(基本的にご都合主義で進みます。)

1話あたりの文字数が少ないので、サクサクと物語が進みます。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

【スポンサーリンク】