人生を加速させたい。

人生に変化を求めている20代前半の社畜です。ニッチな記事を書いていければいいと思います。

【スポンサーリンク】

小説家になろう 『酒』が登場するオススメの作品の紹介!

今回紹介する作品は「酒」の登場シーンが多い作品で、造酒(開拓・内政)、居酒屋、料理人などを舞台としたの作品が多いです。

明るく読みやすい作品が多いので、気になった作品があれば是非読んでみてください。(酒と親和性の高い料理要素も多い作品が多いです。)

 

 

勇者と賢者の酒蔵 ~酒造りの天才が異世界で日本酒を造ってガンガン駆け上がる~

作者:年中麦茶太郎@ZZT231

あらすじ:

若くして酒造りの天才だったツカサ。
彼は幼馴染みのハルカとともに異世界に飛ばされ、それぞれ勇者と賢者の力を授かり、魔王を倒して世界を救った。
魔王を倒しても日本に帰れなかった二人は、暇なので大陸の東方から米を輸入し、酒造りを始めた。
初めて日本酒を口にした市民や冒険者は大興奮。
ついに女王陛下からも絶賛される。
女王から無制限の資金援助を得たツカサとハルカは、本格的な日本酒を造って異世界のお酒事情を変えてしまう!

勇者と賢者の酒蔵 ~酒造りの天才が異世界で日本酒を造ってガンガン駆け上がる~ 

私なりの小説紹介:

異世界に転移した勇者の主人公と賢者の幼馴染が異世界で日本酒を作る作品となっています。

女王の資金・人手のバックアップを取り付け、日本酒を作るために必要な設備や原料となる米や水を調達する所から始まります。

酒に関係する作品の中でも日本酒を作るという珍しい作品で、お酒を全面に出した作品なので日本酒が好きな方にも楽しめる作品だと思います。(他の多くの作品ではウィスキーなどを作る場合が多いです。)

作品は完結済みで文字数は約20万文字と数時間で読み切れるボリュームとなっています。

 

【ラスボスグルメ外伝】 ジン・キタヤマ一代記~異世界に和食と酒を普及させた伝説の料理人~

作者:愛山 雄町

あらすじ:

 料理人、北山仁(キタヤマジン)は突然異世界に迷い込んだ。
 迷い込んだ先はトーレス王国の王都ブルートン。
 ブルートンは“美食の都”と呼ばれていたが、ジンが作る和食に国王や宮廷料理長は驚きを隠せなかった。
 ジンはこの世界で生きていくことを決め、自分の料理をブルートンに根付かせようと奮闘する。
 和食の基本的な調味料すらない中、彼は食材探しから始めるしかなかった。

 本作は「迷宮最深部(ラスボス)から始まるグルメ探訪記」のスピンオフ作品です。
 「迷宮最深部(ラスボス)から始まるグルメ探訪記」で名料理人として登場したマシュー・ロスの師匠であり、多くの日本酒造りを指導した稀代の料理人“ジン・キタヤマ”の生涯をお楽しみください。

【ラスボスグルメ外伝】 ジン・キタヤマ一代記~異世界に和食と酒を普及させた伝説の料理人~

私なりの小説紹介:

迷宮最深部から始まるグルメ探訪記 | ファンタジー小説 | 小説投稿サイトのアルファポリス

本篇は上のリンクの作品ですが、外伝だけでも問題なく楽しむ事ができます。(アルファポリスから書籍化しているため、なろう側では上記作品が削除済です。)

美食の都と呼ばれており、料理人が重宝されている場所に転移した主人公が、異世界に現代の料理技法を持ち込み再現していく物語となっています。

主人公が足りない食材を探しに旅に出る事があり、その際にお酒も多く登場し、その後には日本酒作りにも着手していきます。(出てくるお酒のほとんどが日本酒です。)

お酒の登場シーンも多いですが、料理系の作品としても非常にオススメの作品となっています。

ドリーム・ライフ~夢の異世界生活~

作者:愛山 雄町

あらすじ:

 45歳の冴えないサラリーマンが異世界に転生?!
 趣味なし、バツイチ、恋人なしの灰色の人生を送っていた男が、辺境の騎士の家に転生し、その能力をいかんなく発揮していく。
 第二の人生で波乱万丈の“夢の異世界生活”を送ることができるのか?

ドリーム・ライフ~夢の異世界生活~

私なりの小説紹介:

異世界の騎士の家に転生した主人公(45歳)は領地を良くするために様々な改革を行い、その中に特産とするために蒸留酒を作るというものがあります。

物語の序盤に蒸留酒作りが始まりますが、成功して終わりというわけではなく、作中に定期的に酒をメインにしたストーリーが入っており、酒に力をいれたファンタジーな作品です。

今回紹介している他の作品と比べてシリアス感が強いため、シリアスな作品が苦手な方には合わないと思われます。

 

食の革命児

作者: 亜掛千夜

あらすじ:

とあるところに、突然異世界に落ちてしまった恋人同士の二人がいた。
二人はその異世界を手に手を取って突き進み、遂に帰還を果たすことに成功した──。
そして、この物語はその後のお話。

帰還を果たすまでの過程で、自由に異世界と地球を行き来できるようになっていた。
そして二人は知ってしまった。その異世界の魔物の美味しさを。
そして二人は手に入れてしまった。美味しい魔物を手に入れる力を。

ならば悩む必要なんてない! 美味しい魔物を求めていざゆかん!
数が少ないなら増やして食おう! 絶滅しているのなら甦らせよう!
沢山あるなら商人に売ってもらおう! 美味しいもので異世界を満たす!

そんなことをやっている内に、いつの間にかそれを取り仕切っていた少年は、その世界においてこう呼ばれるようになる。
──食の革命児、と。

食の革命児

私なりの小説紹介:

この作品は他の作品とは大きく異なり、地球と異世界を行き来できる主人公達が異世界に美味しいものを食べるために訪れる物語です。

レベルイーター

上記の作品の後の話となっていますが、今回の作品だけでも楽しめるような作りになっています。

美味しい食事がメインの作品ですが、お酒を造ったりもします。

地球に帰った主人公が両親を連れて異世界ツアーを行うなど他の作品とは大きく異なる部分もあり面白い作品です。

 

異世界転移バーテンダーの『カクテルポーション』

作者:score

あらすじ:

 俺の名前は、夕霧総。年齢は二十三。
 職業は、バーテンダーだ。
 たとえここが剣と魔法、魔物と亜人種、科学と神秘が混在する異世界だとしても。
 たとえ『ポーション』を混ぜ合わせて作る『カクテル』が、『ポーション』として馬鹿みたいな効果を発揮してしまうとしても。
 たとえ『カクテル』を弾丸にしてぶっ放すことで、なぜか強力な『魔法』が使えてしまうとしても。
 俺の職業は、あくまで『バーテンダー』なのである。


 なぜか異世界に転移してしまったバーテンダーが、持っていた『カクテル作成技術』だけで、なんとなく世界に馴染んでしまうというお話。
 主人公は『バー』を経営するために奮闘しつつ、『カクテル』の力で問題を解決していきます。
 人情話や冒険もします。でも『カクテル』で大体なんとかしてしまいます。

異世界転移バーテンダーの『カクテルポーション』

私なりの小説紹介:

この作品はタイトルの通り、様々なカクテルが登場する作品です。

日本で事故死した瞬間に異世界に転移した主人公は、庶民用のポーション(酒)を作る少女と出会い、ポーションでカクテルを作るとポーションとして非常に高い効果を発揮する事を知ります。

その後、少女と共にポーション屋ではなく、カクテルを提供する「バー」を始める物語になります。

主人公はカクテルを使用した魔法(銃)も使う事ができます。

 

異世界のんびり農家

作者:内藤騎之介

あらすじ:

現代で十年ほど闘病した後に死んだ主人公だが、異世界で若返って蘇生。
闘病中の主人公の心の支えはアイドルが農業をするTV番組。
異世界での第二の人生、農業をやってみようと思った。

よくある異世界転移、内政物? です。
大きな山場や谷間は予定していません。
淡々と進む予定です。

異世界のんびり農家

私なりの小説紹介:

異世界に転移した主人公が死の大地と呼ばれている未開の危険地域を開拓し、その地に人や魔物が集まりいくつもの村ができるほどになります。

タイトルの通り、開拓して農業を行う事がメインの作品で、主人公が育てた作物で作った酒が村人達に大きくウケた事により、村で大量の酒を造るようになります。

この世界の酒は美味しくないため、主人公には満足のいかない酒でもこの世界の人々の評価が高いです。(物語が進むにつれて村の造酒の技術も上がっていきます。)

物語は淡々と開拓の様子が進んでいくため、非常に読みやすいオススメの作品です。

 

精霊達の楽園と理想の異世界生活

作者:たむたむ

あらすじ:

 スーパーから出るとそこは荒野だった。おそらくチートな開拓ツールと、精霊との高い親和性を武器に、開拓。冒険。理想の住居。楽しい異世界生活を目指して頑張ります。

精霊達の楽園と理想の異世界生活

私なりの小説紹介:

この作品は精霊使いの主人公が草も生えないような死んだ大地を精霊と共に開拓していく物語です。

精霊達がお酒好きで、人間の町からお酒を購入するだけでは物足りずに、主人公が転移時に持っていたウィスキーを目指して酒作りを行います。

開拓・料理・酒が話のメインになっており、契約した精霊達が強いので開拓に大きな問題はなく進みます。

 

とんでもスキルで異世界放浪メシ

作者:江口 連

あらすじ:

異世界召喚に巻き込まれた俺、向田剛志(むこうだ つよし)。
ステータスの鑑定で俺以外の3人の召喚者は職業欄に『異世界からやって来た勇者』となってるのに、俺だけ『巻き込まれた異世界人』となっていた。
スキルも聖剣術とか聖槍術とか聖魔法とかいろいろすごいのがそろっている。
それなのに俺のは固有スキルで『ネットスーパー』だけだった。
戦闘スキルじゃない俺はすぐさま役立たず的な扱いに。
しかも、召喚した国の王様の言い分がいかにも胡散臭い。
ネット小説を読むのを趣味にしていた俺は、諸々を総合した結果『ダメだ。これはあかんタイプの異世界召喚だ。』という結論に至った。
そして俺は召喚されたその日のうちに何やかや言いくるめて城から逃げ出したのだった。

とんでもスキルで異世界放浪メシ

私なりの小説紹介:

異世界に召喚されたものの役立たずと判断された主人公が城から逃げ出し、日本の通販っぽいものから商品を取り寄せる「ネットスーパー」を使い、好き勝手に生きる物語です。

主人公がお酒を飲むシーンはあまりありませんが、冒険者やドワーフに酒を振る舞ったり、酒好きな神に酒を供えるように脅迫されたりと酒が出てくるシーンも多いです。

他の作品が異世界でお酒を造ったり、異世界のお酒を出しているのに対し、本作品では日本から取り寄せたお酒が登場します。

荒れくれ者の冒険者や酒好きなドワーフ、酒飲みな神様に出すこともあり、アルコール度数の高い酒の登場シーンが多い作品です。

 

野生のJK柏野由紀子は、異世界で酒場を開く

作者:Y.A

あらすじ:

とある地方の住む柏野由紀子は、友人たちから『野生のJK』というあだ名で呼ばれる少女であった。
今は亡き猟師であった祖父から様々な手ほどきを受け、毎日のように山に出入りして、罠猟、釣り、採集などを行い、動物の解体もお手の物だったからだ。
そんな彼女がふとしたことで異世界の森に迷い込んでしまうが、持ち前のタフさと、獲得した不思議な能力を用いて王都サンペルクまでたどり着き、そこで知り合った故郷を魔猿により滅ぼされた少女ララと共に大衆酒場『ニホン』を営むことに。
常連客には国一番の大商家のご隠居やら、酒場周辺を取り仕切る若い親分さん(カッコイイ)など。
個性的な人たちが次々と増えていって。
これは、異世界に迷い込んでも逞しく生きる少女の物語である。

野生のJK柏野由紀子は、異世界で酒場を開く

私なりの小説紹介:

この作品は異世界に迷い込んだ少女が異世界で庶民向けの酒場を開くという物語です。

居酒屋ですが、酒に関しての詳しい描写は多くなく、料理や酒場を訪れる客との絡みや事件が主な内容になっています。

居酒屋の料理と客との関係を楽しむことができる作品となっています。

 

異世界居酒屋「のぶ」

作者:蝉川夏哉/逢坂十七年蝉

あらすじ:

古都の路地裏に一風変わった店がある。
居酒屋「のぶ」
これは、一軒の居酒屋を巡る、小さな物語である。

異世界居酒屋「のぶ」

私なりの小説紹介:

題名に居酒屋とあるように居酒屋に訪れる客を描いた作品で、異世界の街中に日本の居酒屋が転移した物語です。(裏口は日本に繋がっているので、仕入れ等は日本で行っています。)

今回紹介する作品の中では唯一のローファンタジーの作品となっていますが、実際に居酒屋に訪れる客は異世界の住民です。

居酒屋ですが、基本的にはビールのみで、異世界の住民にビールとおつまみを提供している様子を描写している物語となっています。

物語に起伏はあまり無く、いつでも読みやすい作品となっています。

 

 

料理系の作品のオススメの紹介しているので、良かったコチラもどうぞ! 

www.rotation-life.com

 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

【スポンサーリンク】